2013年(平成25年)宅建の「過去問」‐第13問(権利関係)

⼟⽇祝もOK!受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883 (受付時間 11:00〜19:00)
平成25年度 問題一覧へ
平成25年

権利関係 > 売買契約 > 契約の終了段階での学習事項 > 建物区分所有法

難易度
解答時間
1.5
Q13

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的たる事項につき利害関係を有する場合には、集会に出席して議決権を行使することができる。
区分所有者の請求によって管理者が集会を招集した際、規約に別段の定めがある場合及び別段の決議をした場合を除いて、管理者が集会の議長となる。
管理者は、集会において、毎年一回一定の時期に、その事務に関する報告をしなければならない。
一部共用部分は、区分所有者全員の共有に属するのではなく、これを共用すべき区分所有者の共有に属する。
選択肢 1 ○ 誤り
解説
区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的たる事項につき利害関係を有する場合には、集会に出席して意見を述べることはできますが、議決権を行使することはできません(区分所有法第44条第1項)。
選択肢 2 × 正しい
解説
集会においては、規約に別段の定めがある場合及び別段の決議をした場合を除いて、集会の議長には、その集会を招集したのが、管理者なら管理者、区分所有者なら区分所有者の1人が議長になります(同法第41条)。この問題では、「区分所有者の請求によって管理者が集会を招集」していますので、管理者が集会の議長になります。
選択肢 3 × 正しい
解説
管理者は、集会において、毎年1 回一定の時期に、その事務に関する報告をしなければなりません(同法第43条)。
選択肢 4 × 正しい
解説
共用部分は、区分所有者全員の共有に属します。但し、一部共用部分は、これを共用すべき区分所有者の共有に属します(同法第11条第1項)。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る