2013年(平成25年)宅建の「過去問」‐第17問(法令上の制限)

⼟⽇祝もOK!受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883 (受付時間 11:00〜19:00)
平成25年度 問題一覧へ
平成25年

法令上の制限 > 建築基準法 > 単体規定

難易度
解答時間
1.5
Q17

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

一室の居室で天井の高さが異なる部分がある場合、室の床面から天井の一番低い部分までの高さが2.1m以上でなければならない。
3階建ての共同住宅の各階のバルコニーには、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。
石綿以外の物質で居室内において衛生上の支障を生ずるおそれがあるものとして政令で定める物質は、ホルムアルデヒドのみである。
高さが20mを超える建築物には原則として非常用の昇降機を設けなければならない。
一つ
二つ
三つ
四つ
選択肢 誤り
解説
居室の天井の高さは、2.1m以上でなければなりません(建築基準法施行令第21条第1項)。一室で天井の高さが異なる部分がある場合には、平均の高さによります(同第2項)ので、誤りです。
選択肢 誤り
解説
屋上広場または2階以上の階にあるバルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、さくまたは金網を設けなければなりません(同法施行令第126条第1項)。しかし、「各階のバルコニー」に設置する必要はありませんので、誤りです。
選択肢 誤り
解説
石綿等以外の物質でその居室内において衛生上の支障を生ずるおそれがあるものとして政令で定める物質は、ホルムアルデヒドとクロルピリホスの2つですので、誤りです(同法第28条の2第3号、同法施行令第20条の5)。
選択肢 誤り
解説
高さ31 mを超える建築物には、原則として非常用の昇降機を設けなければなりませんので、誤りです(同法第34条第2項)。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る