2013年(平成25年)宅建の「過去問」‐第32問(宅建業法)

⼟⽇祝もOK!受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883 (受付時間 11:00〜19:00)
平成25年度 問題一覧へ
平成25年

宅建業法 > 業務に対する規制 > 契約の成立 > 契約締結時期の制限

難易度
解答時間
1.5
Q32

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものの組合せとして、正しいものはどれか。なお、この問において「建築確認」とは、建築基準法第6条第1項の確認をいうものとする。

宅地建物取引業者A社は、建築確認の済んでいない建築工事完了前の賃貸住宅の貸主Bから当該住宅の貸借の媒介を依頼され、取引態様を媒介と明示して募集広告を行った。
宅地建物取引業者C社は、建築確認の済んでいない建築工事完了前の賃貸住宅の貸主Dから当該住宅の貸借の代理を依頼され、代理人として借主Eとの間で当該住宅の賃貸借契約を締結した。
宅地建物取引業者F社は、建築確認の済んだ建築工事完了前の建売住宅の売主G社(宅地建物取引業者)との間で当該住宅の売却の専任媒介契約を締結し、媒介業務を行った。
宅地建物取引業者H社は、建築確認の済んでいない建築工事完了前の建売住宅の売主I社(宅地建物取引業者)から当該住宅の売却の媒介を依頼され、取引態様を媒介と明示して当該住宅の販売広告を行った。
ア、イ
イ、ウ
ウ、エ
イ、ウ、エ
選択肢 誤り
解説
宅建業者は、建築確認の済んでいない建築工事完了前の賃貸住宅の貸借の媒介を依頼され、取引態様を媒介と明示して募集広告を行った場合、広告開始時期の制限に違反します(宅建業法第33条)。
選択肢 正しい
解説
貸借の代理・媒介は、契約締結時期の制限の対象ではありませんので、代理人として借主との間で賃貸借契約を締結しても、宅建業法に違反しません(同法第36条)。
選択肢 正しい
解説
宅建業者は、建築確認が済めば、建築工事完了前でも、住宅の売却の専任媒介契約を締結し、媒介業務を行うことができます(同法第36条)。
選択肢 誤り
解説
宅建業者は、建築確認の済んでいない建築工事完了前の建売住宅の売却の媒介を依頼され、取引態様を媒介と明示して販売広告を行った場合、広告開始時期の制限に違反します(同法第33条)。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る