2013年(平成25年)宅建の「過去問」‐第49問(その他の法令)

受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883
受付時間 11:00〜19:00(日曜・祝日・年末年始を除く)
平成25年度 問題一覧へ
平成25年

その他の法令 > 土地及び建物 > 土地

難易度
解答時間
1
Q49

日本の土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

国土を山地と平地に大別すると、山地の占める比率は、国土面積の約75%である。
火山地は、国土面積の約7%を占め、山林や原野のままの所も多く、水利に乏しい。
台地・段丘は、国土面積の約12%で、地盤も安定し、土地利用に適した土地である。
低地は、国土面積の約25%であり、洪水や地震による液状化などの災害危険度は低い。
選択肢 1 × 適当
解説
国土を山地と平地に大別すると、山地の占める比率は、国土面積の約75%です。
選択肢 2 × 適当
解説
火山地は、国土面積の約7%を占め、山林や原野のままの所も多く、水利に乏しいといえます。
選択肢 3 × 適当
解説
台地・段丘は、国土面積の約12%で、地盤も安定し、土地利用に適した土地です。
選択肢 4 ○ 不適当
解説
低地は、国土面積の約13%を占め、洪水や地震による液状化などの災害危険度は高いといえます
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る