2014年(平成26年)宅建の「過去問」‐第10問(権利関係)

受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883
受付時間 11:00〜19:00(日曜・祝日・年末年始を除く)
平成26年度 問題一覧へ
平成26年

権利関係 > 売買契約 > 契約の終了段階での学習事項 > 相続

難易度
解答時間
2
Q10

Aには、父のみを同じくする兄Bと、両親を同じくする弟C及び弟Dがいたが、C及びDは、Aより先に死亡した。Aの両親は既に死亡しており、Aには内縁の妻Eがいるが、子はいない。Cには子F及び子Gが、Dには子Hがいる。Aが、平成26年8月1日に遺言を残さずに死亡した場合の相続財産の法定相続分として、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

Eが2分の1、Bが6分の1、Fが9分の1、Gが9分の1、Hが9分の1である。
Bが3分の1、Fが9分の2、Gが9分の2、Hが9分の2である。
Bが5分の1、Fが5分の1、Gが5分の1、Hが5分の2である。
Bが5分の1、Fが15分の4、Gが15分の4、Hが15分の4である。

ヒント

このような問題の場合には、必ず家系図を書いてください。Aが死亡した場合の第1順位の相続人は、子および配偶者です(民法第887条、第890条)。しかし、Aには子がなく、配偶者(Eは内縁の妻であって配偶者ではありません)もいません。
また、第2順位の直系尊属および配偶者もいません(同法第889条)。よって、第3順位の兄弟姉妹が相続人になり、B、C、Dが相続人となります。但し、C、DはAよりも先に死亡していますので、C、Dの相続分は、Cの子F、GとDの子Hが代襲相続します。よって、相続人は、B、F、G、Hとなります。
次に、CとDはAと父母の両方が同じで、Bは父が同じですが、母が異なります。この場合、Bの相続分はC、Dの2分の1となります(同法第900条第4号)。
比で表すと、B:C:D=1:2:2となります。そして、Cの相続分をFとGが等しく分けて、Dの相続分はそのままHが代襲します。以上から、Bの相続分は5分の1、Cの相続分の5分の2をFとGが等しく分けて、Fは5分の1、Gも5分の1、最後にHはDの相続分5分の2をそのまま相続します。
相続における相関図
解説
このような問題の場合には、必ず家系図を書いてください。
Aが死亡した場合の第1順位の相続人は、子および配偶者です(民法第887条、第890条)。しかし、Aには子がなく、配偶者(Eは内縁の妻であって配偶者ではありません)もいません。
また、第2順位の直系尊属および配偶者もいません(同法第889条)。
よって、第3順位の兄弟姉妹が相続人になり、B、C、Dが相続人となります。
但し、C、DはAよりも先に死亡していますので、C、Dの相続分は、Cの子F、GとDの子Hが代襲相続します。よって、相続人は、B、F、G、Hとなります。
次に、CとDはAと父母の両方が同じで、Bは父が同じですが、母が異なります。この場合、Bの相続分はC、Dの2 分の1 となります(同法第900条第4号)。
比で表すと、B:C:D= 1:2:2 となります。
そして、Cの相続分をFとGが等しく分けて、Dの相続分はそのままHが代襲します。
以上から、Bの相続分は5分の1、Cの相続分の5分の2をFとGが等しく分けて、Fは5分の1、Gも5分の1、最後にHはDの相続分5分の2をそのまま相続します。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る