2014年(平成26年)宅建の「過去問」‐第15問(法令上の制限)

⼟⽇祝もOK!受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883 (受付時間 11:00〜19:00)
平成26年度 問題一覧へ
平成26年

法令上の制限 > 都市計画法 > 都市計画の内容

難易度
解答時間
1.5
Q15

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

都市計画区域については、用途地域が定められていない土地の区域であっても、一定の場合には、都市計画に、地区計画を定めることができる。
高度利用地区は、市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図るため定められる地区であり、用途地域内において定めることができる。
準都市計画区域においても、用途地域が定められている土地の区域については、市街地開発事業を定めることができる。
高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途とを適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するために定められる地区であり、近隣商業地域及び準工業地域においても定めることができる。

ヒント

都市計画法の勉強では、「区域区分」、「地域地区」のアウトラインを把握すると理解がしやすいです。都市計画区域は、「市街化区域」と「市街化調整区域」に分けられます。この区分が「区域区分」で、いわゆる「線引き」と言われるものです。市街化区域は、さらに「地域地区」に細分化されますが、これが「用途地域」となります。用途地域は、住居系・商業系・工業系でさらに分類され、全部で13種類となります。まずは全体像を掴んでください。
選択肢 1 × 正しい
解説
地区計画は、用途地域が定められている区域および用途地域が定められていない区域のうち一定の要件に該当する区域について定めることができます(都市計画法第12条の5第1項)。

ワンポイントアドバイス

条文どおり。ここでは、用途地域が定められていない区域であっても、法律の要件に合致すれば定めることができるということを理解しておくこと。
関連する条文
都市計画法第12条の5(地区計画)
第1項 地区計画は建築物の建築形態、公共施設その他の施設の配置から見て、一体としてそれぞれの区域の特性にふさわしい態様を備えた良好な環境の各街区を整備し、開発し、および保全するための計画とし、次の各号のいずれかに該当する土地の区域について定めるものとする。
一号 用途地域が定められている区域
二号 用途区域が定められていない土地の区域のうち次のいずれかに該当するもの
  イ.ロ.ハと3点掲げてあるが略・・・覚える必要はない。
選択肢 2 × 正しい
解説
高度利用地区は、用途地域内の市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図るため定められる地区です(同法第9条第18項)。
高度地区と高度利用地区

ワンポイントアドバイス

高度地区と高度利用地区の混合問題です。しっかりと区別するようにしてください。
関連する条文
都市計画法第9条第19項
高度利用地区は、用途地域内の市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図るため、建築物の容積率の最高限度および最低限度、建築物の建蔽率の最高限度、建築物の建築面積の最低限度並びに壁面の位置の制限を定める地区とする。
選択肢 3 ○ 誤り
解説
市街地開発事業は、市街化区域または区域区分が定められていない都市計画区域内において、定めることができます(同法第13条第1項第12号)。準都市計画区域では定めることができません。

ワンポイントアドバイス

準都市計画区域は、都市計画区域外の区域において、市街化が進行すると見込まれる場合に、土地利用を規制するために設けられる区域で、都道府県が指定するものです。選択肢の市街地開発事業は、いわゆる非線引き区域においてのみ定めることができます。
関連する条文
都市計画法第13条(都市計画基準)
第1項第12号 市街地開発事業は、市街化区域又は区域区分が定められていない都市計画区域内において、一体的に開発し、又は整備する必要がある土地に区域において定めること。
選択肢 4 × 正しい
解説
高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途とを適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するため、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域または準工業地域で都市計画において建築物の容積率が10分の40または10分の50と定められたものの内において定めます。
関連する条文
都市計画法第9条第17項
 高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途とを適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するため、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域又は準工業地域でこれらの地域に関する都市計画において建築基準法第52条第1項第2号に規定する建築物の容積率が十分の四十又は十分の五十と定められたものの内において、建築物の容積率の最高限度、建築物の建蔽率の最高限度及び建築物の敷地面積の最低限度を定める地区とする。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る