2014年(平成26年)宅建の「過去問」‐第26問(宅建業法)

受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883
受付時間 11:00〜19:00(日曜・祝日・年末年始を除く)
平成26年度 問題一覧へ
平成26年

宅建業法 > 宅建業法入門 > 用語の定義

難易度
解答時間
1.5
Q26

宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

Aの所有する商業ビルを賃借しているBが、フロアごとに不特定多数の者に反復継続して転貸する場合、AとBは免許を受ける必要はない。
宅地建物取引業者Cが、Dを代理して、Dの所有するマンション(30戸)を不特定多数の者に反復継続して分譲する場合、Dは免許を受ける必要はない。
Eが転売目的で反復継続して宅地を購入する場合でも、売主が国その他宅地建物取引業法の適用がない者に限られているときは、Eは免許を受ける必要はない。
Fが借金の返済に充てるため、自己所有の宅地を10区画に区画割りして、不特定多数の者に反復継続して売却する場合、Fは免許を受ける必要はない。
一つ
二つ
三つ
なし

ヒント

宅建業者となる要件を押さえることが重要です。どのような取引を、どのような状態で行うと免許が必要となるのかを、必ず条文で確認してください。
選択肢 正しい
解説
Aが行う商業ビルの賃借は自ら行う貸借となり、宅建業に該当しません。また、Bが行う転貸も自ら行う貸借ですので、AとBは免許を受ける必要はありません(宅建業法第2条第2号)。
自己所有ビルの賃貸とA所有ビルの転貸

ワンポイントアドバイス

 宅地建物取引業者とは、①「宅地・建物の売買若しくは交換」、②「宅地・建物の売買・交換・貸借」の「代理」若しくは「媒介」を業として行うものをいいます。①の要件には「賃貸借」が含まれていません。本肢では、A・Bともに自らが賃貸借・転貸借の取引を行っており、①の要件でみると、宅建業者とはなりません。②の要件でみると、A・Bともに貸借の「代理」、「媒介」を行っているわけでもないため、宅建業者にはあたりません。
 ちなみに、「反復継続して」というフレーズだけに引っ掛かって、「業者」だと早とちりしないよう気を付けてください。
関連する条文
宅地建物取引業法第2条(用語の定義)
第1項 宅地  -略-
第2項 宅地建物取引業
    宅地若しくは建物(建物の一部を含む。以下同じ。)の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の代理若しくは媒介をする行為で業として行うものをいう。
選択肢 誤り
解説
宅建業者Cに建物の分譲の代理を頼んでも、Dが所有するマンションを不特定多数の者に反復継続して分譲する行為は宅建業に該当しますので、Dは免許を受ける必要があります(同法第2条第2号)。
自己所有の建物を販売代理してもらう場合

ワンポイントアドバイス

Dは自らが建物を売買するので、宅建業法第2条第2項により宅建業者となり、免許が必要となります。
関連する条文
宅地建物取引業法第2条(用語の定義)
第1項 宅地  -略-
第2項 宅地建物取引業
    宅地若しくは建物(建物の一部を含む。以下同じ。)の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の代理若しくは媒介をする行為で業として行うものをいう。

宅地建物取引業法第3条(免許)
 宅地建物取引業を営もうとする者は、二以上の都道府県の区域内に事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあっては国土交通大臣の、一の都道府県の区域内にのみ事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあっては当該事務所の所在地を管轄する都道府県知事の免許を受けなければならない。
選択肢 誤り
解説
Eが転売目的で反復継続して宅地を購入する行為は、自ら売買することですので、宅建業に該当します。この場合、売主が国その他宅建業法の適用があるかどうかは関係ありません。よって、Eは免許を受ける必要があります(同法第2条第2号)。
宅地を自ら売買する場合

ワンポイントアドバイス

売主が「国」、「宅建業法の適用がない者」という部分に引っ掛からないように注意です。売主が同業者でないというだけのことです。
選択肢 誤り
解説
Fが、自己所有の宅地を不特定多数の者に反復継続して売却する行為は、宅建業に該当しますので、Fは免許を受ける必要があります(同法第2条第2号)。
自己所有の宅地を不特定多数の者に反復継続して売却する場合

ワンポイントアドバイス

自らの宅地を10区画に区画割りして、不特定多数の者に反復継続して売却する行為は、まさに「業」として行うことです。
関連する条文
宅地建物取引業法第2条(用語の定義)
第1項 宅地  -略-
第2項 宅地建物取引業
    宅地若しくは建物(建物の一部を含む。以下同じ。)の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の代理若しくは媒介をする行為で業として行うものをいう。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る