2014年(平成26年)宅建の「過去問」‐第49問(その他の法令)

受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883
受付時間 11:00〜19:00(日曜・祝日・年末年始を除く)
平成26年度 問題一覧へ
平成26年

その他の法令 > 土地及び建物 > 土地

難易度
解答時間
1.5
Q49

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

旧河道は、地震や洪水などによる災害を受ける危険度が高い所である。
地盤の液状化は、地盤の条件と地震の揺れ方により、発生することがある。
沿岸地域は、津波や高潮などの被害を受けやすく、宅地の標高や避難経路を把握しておくことが必要である。
台地や丘陵の縁辺部は、豪雨などによる崖崩れに対しては、安全である。

ヒント

土地に関しては、近年、地震や台風などの自然災害によって、その地域や形状等で弱い部分が知られるようになりました。土地の形状や場所に関する一般的な定義を覚えるより、自然災害等に関する報道、とりわけ新聞等の紙媒体で確認できるものに目を通したほうが、地震や液状化、沿岸部の災害といった事象について知ることができ、学習効果が高まります。
選択肢 1 × 適当
解説
旧河道は、昔は河川が流れていた土地ですから、地震や洪水などによる災害を受ける危険度が高い所です。
旧河道と堤防が接している部分

ワンポイントアドバイス

旧河道は一般的には砂の層でできている場合が多く、地震時に液状化が起こりやすいと言われています。また、堤防と接しているところなどでは、水がしみ出して堤防が切れる可能性が高くなるといわれています。
選択肢 2 × 適当
解説
地盤の液状化は、地震の振動によって地盤が液体のように軟弱な地盤になることをいいます。そして、砂地盤で起こることが多いです。よって、地盤の条件と地震の揺れ方により、発生することがあります。

ワンポイントアドバイス

隙間の多い砂地の地盤では、地下水が浅いところにあり、砂同士は互いに押し合って緩く結合していいます。地震で地下水がこの隙間に入り込み、砂が浮いた状態になって液状化が始まります。
選択肢 3 × 適当
解説
沿岸地域とは、海などに沿った陸地をいいます。よって、津波や高潮などの被害を受けやすく、宅地の標高や避難経路を把握しておくことが必要です。

ワンポイントアドバイス

津波など、沿岸部における災害を思いおこせば、そう難しい記述ではないですね。
選択肢 4 ○ 不適当
解説
台地や丘陵は一般的に地盤が安定していますが、その縁辺部は、豪雨などによる崖崩れが起こる危険があります。
台地や丘陵の辺縁部

ワンポイントアドバイス

丘陵地・台地は、一般的には水はけが良く地耐力もあって、洪水や地震に強いと言われながら、下記のように危険が指摘されているところもあります。
〇縁辺部・・・・・傾斜が急になり、豪雨等による崩壊の危険が大きい。
〇小さな谷間・・・軟弱地盤が多くみられる。
〇台地上の浅く広い谷・・・集中豪雨による水害の危険が指摘されている。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る