2014年(平成26年)宅建の「過去問」‐第50問(その他の法令)

⼟⽇祝もOK!受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883 (受付時間 11:00〜19:00)
平成26年度 問題一覧へ
平成26年

その他の法令 > 土地及び建物 > 建物

難易度
解答時間
1.5
Q50

建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、鉄筋の腐食に関係する。
モルタルは、一般に水、セメント及び砂利を練り混ぜたものである。
骨材とは、砂と砂利をいい、砂を細骨材、砂利を粗骨材と呼んでいる。
コンクリートは、水、セメント、砂及び砂利を混練したものである。

ヒント

建築材料の知識
選択肢 1 × 適当
解説
コンクリートにひび割れがあると、そこから雨水が浸透し鉄筋を腐食させる原因になります。
選択肢 2 ○ 不適当
解説
モルタルは、一般に水、セメントおよび砂を練り混ぜたものです。砂利は混ぜません。
選択肢 3 × 適当
解説
骨材とは、砂と砂利をいい、砂を細骨材、砂利を粗骨材と呼んでいます。
選択肢 4 × 適当
解説
コンクリートは、水、セメント、砂および砂利を混練したものです。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る