2016年(平成28年)宅建の「過去問」‐第10問(権利関係)

受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883
受付時間 11:00〜19:00(日曜・祝日・年末年始を除く)
平成28年度 問題一覧へ
平成28年

権利関係 > 売買契約 > 契約の終了段階での学習事項 > 相続

難易度
解答時間
2
Q10

甲建物を所有するAが死亡し、相続人がそれぞれAの子であるB及びCの2名である場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

Bが甲建物を不法占拠するDに対し明渡しを求めたとしても、Bは単純承認をしたものとはみなされない。
Cが甲建物の賃借人Eに対し相続財産である未払賃料の支払いを求め、これを収受領得したときは、Cは単純承認をしたものとみなされる。
Cが単純承認をしたときは、Bは限定承認をすることができない。
Bが自己のために相続の開始があったことを知らない場合であっても、相続の開始から3か月が経過したときは、Bは単純承認をしたものとみなされる。

ヒント

相続には単純承認と限定承認があります。単純承認と限定承認には承認方法が異なるため、違いを覚える必要があります。また相続は資産および負債を承継することとなっているため、遺産分割などで考えられる資産のみの相続を考えてはいけません。
相続の単純承認と限定承認
選択肢 1 × 正しい
解説
相続人が相続財産の全部または一部を処分したとき(保存行為を除く)には、単純承認したものとみなされます(民法第921条第1号)。そして、Bが甲建物を不法占拠するDに対し明渡しを求める行為は、保存行為に該当します。つまり、保存行為の場合には、単純承認したものとはみなされません。
保存行為、管理行為、処分行為について

ワンポイントアドバイス

保存行為とは、その財産の現状を維持するために行う行為になります。またこの保存行為の他に、短期の賃貸借を行うことも単純承認の条件とはなりません。
関連する条文
(民法第921条)
次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。
一 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第六百二条に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。
二 相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。
三 相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。
選択肢 2 × 正しい
解説
未払賃料の支払を求め、収受領得することは、「相続財産の全部または一部の処分」に該当しますので、Cは単純承認したものとみなされます(同法第921条第1号)。
未払賃料の支払を求め、収受領得した場合は単純承認となる

ワンポイントアドバイス

単純承認とは、被相続人のすべての財産(資産および負債)を承継することです。未払賃料を収受領得することで財産から得られる利益を享受したことになるため、単純承認が成立したものとみなされます。
関連する条文
(民法第921条)
次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。
一 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第六百二条に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。
二 相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。
三 相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。
選択肢 3 × 正しい
解説
限定承認は、相続人全員が共同して行わなければなりませんので、Cが単純承認をしたときは、Bは限定承認をすることができません(同法第923条)。
限定承認成立の条件

ワンポイントアドバイス

限定承認とは相続によって取得した被相続人の資産で、負債を返済することです。限定承認は単純承認とは異なり、相続人の全員の申し出が必要となるため、相続人が複数にいる場合には注意が必要です。
関連する条文
(民法第923条)
相続人が数人あるときは、限定承認は、共同相続人の全員が共同してのみこれをすることができる。
選択肢 4 ○ 誤り
解説
相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に限定承認または相続放棄をしなかったときは、単純承認したものとみなされます(同法第921条第2号、第915条第1項)。相続の開始を知らなかった場合は、相続の開始から3カ月を経過しても単純承認したものとはみなされません。
相続の開始を知っていた場合と知らなかった場合

ワンポイントアドバイス

限定承認及び相続の放棄は自己のために相続の開始があったことを知ってから3か月以内にしなくてはなりません。しかし自己の知らないところで昨年に相続人が多額の借金を負ってなくなっていた場合に単純承認されてしまっては困るため、相続の開始を知らなかった場合には単純承認したものとみなされません。
関連する条文
(民法第921条)
次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。
一 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第六百二条に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。
二 相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。
三 相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。

(民法第915条)
相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
2 相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る