2016年(平成28年)宅建の「過去問」‐第49問(その他の法令)

⼟⽇祝もOK!受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883 (受付時間 11:00〜19:00)
平成28年度 問題一覧へ
平成28年

その他の法令 > 土地及び建物 > 土地

難易度
解答時間
1.5
Q49

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

豪雨による深層崩壊は、山体岩盤の深い所に亀裂が生じ、巨大な岩塊が滑落し、山間の集落などに甚大な被害を及ぼす。
こう岩が風化してできた、まさ土地帯においては、近年発生した土石流災害によりその危険性が再認識された。
山麓や火山麓の地形の中で、土石流や土砂崩壊による堆積でできた地形は危険性が低く、住宅地として好適である。
丘陵地や台地の縁辺部の崖崩れについては、山腹で傾斜角が25度を超えると急激に崩壊地が増加する。

ヒント

土地に関する選択肢では、土地の特性(どのような土地が宅地として適しているのか、適していない土地はどのように活用されるのか等)を問われます。そのため、まずはどの土地が宅地に適しているのかを暗記するのが重要となります。
宅地に適している土地、適していない土地
選択肢 1 × 正しい
解説
豪雨による深層崩壊は、山体岩盤の深い所に亀裂が生じ、巨大な岩塊が滑落し、山間の集落などに甚大な被害を及ぼすといえます。なお、深層崩壊とは、山崩れ・崖崩れなどの斜面崩壊のうち、すべり面が表層崩壊(厚さ0.5~2.0m 程度の表層土が、表層土と基盤層の境界に沿って滑落する比較的規模の小さな崩壊)よりも深部で発生し、表土層だけでなく、深層の地盤までもが崩壊土塊となる比較的規模の大きな崩壊現象をいいます。
深層崩壊

ワンポイントアドバイス

本肢のように、土地の形状以外からも出題されることが稀にあります。過去問題に出題されていない問いに関しては、深追いせずに他の選択肢を含めた消去法で解くことをお勧めします。
選択肢 2 × 正しい
解説
まさ土とは、花崗岩が風化してできた砂で、まさ土地帯で発生した土石流災害によりその危険性が再認識されました。
まさ土

ワンポイントアドバイス

まさ土は水を通しやすい性質を持っており、豪雨の際にはその表層部分が剥がれることで、土石流災害の発生を招きます。
選択肢 3 ○ 誤り
解説
山麓や火山麓の地形の中で、土石流や土砂崩壊による堆積でできた地形は危険性が高く、住宅地として好適とはいえません。
土石流と土砂崩壊

ワンポイントアドバイス

土石流や土砂崩壊で堆積してできた土地は地盤が安定していなく、地滑りや崩壊等が発生しやすいため、住宅地に適しているとは言えません。
選択肢 4 × 正しい
解説
丘陵地や台地の縁辺部の崖崩れについては、山腹で傾斜角が25度を超えると急激に崩壊地が増加します。
崩壊地の増加

ワンポイントアドバイス

丘陵地や台地の縁辺部では、斜度が25度を超えると、崩壊等の発生が増加します。崩壊と25という言葉と数字をセットにして覚えるとよいです。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る