2017年(平成29年)宅建の「過去問」‐第14問(権利関係)

⼟⽇祝もOK!受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883 (受付時間 11:00〜19:00)
平成29年度 問題一覧へ
平成29年

権利関係 > 売買契約 > 債務の履行段階での学習事項 > 不動産登記法

難易度
解答時間
2
Q14

不動産の登記に関する次の記述のうち、不動産登記法の規定によれば、誤っているものはどれか。

建物の名称があるときは、その名称も当該建物の表示に関する登記の登記事項となる。
地上権の設定の登記をする場合において、地上権の存続期間の定めがあるときは、その定めも登記事項となる。
賃借権の設定の登記をする場合において、敷金があるときであっても、その旨は登記事項とならない。
事業用定期借地権として借地借家法第23条第1項の定めのある賃借権の設定の登記をする場合、その定めも登記事項となる。

ヒント

不動産登記とは面積などの物理的状況、誰が所有しているのかなどの権利関係を第三者にも明確にわかるようにしたものです。
かなり難易度の高い選択肢も入っていますが、物件を借りるときに出てくるアパートの名称や敷金など身近なところから登記に必要な事項を押さえていけば、選択肢を絞りやすくなります。
選択肢 1 × 正しい
解説
建物の表示に関する登記の登記事項として、「建物の名称があるときは、その名称」があります(不動産登記法第44条第1項第4号)。
建物の表示に関する登記の登記事項(不動産登記法第44条)

ワンポイントアドバイス

登記に必要なのは何か、という問題です。
登記事項はたくさんありますが、きちんと覚えれば解くことができます。
関連する条文
(不動産登記法第44条)
第四十四条
1 建物の表示に関する登記の登記事項は、第二十七条各号に掲げるもののほか、次のとおりとする。
 四 建物の名称があるときは、その名称
選択肢 2 × 正しい
解説
地上権の登記の登記事項として、「存続期間の定めがあるときは、その定め」があります(同法第78条第3号)。
地上権の登記の登記事項(不動産登記法第78条)

ワンポイントアドバイス

存続期間の定めがある地上権の設定を登記する場合、その定めについても登記します。
関連する条文
(不動産登記法第78条)
第七十八条
地上権の登記の登記事項は、第五十九条各号に掲げるもののほか、次のとおりとする。
 三 存続期間又は借地借家法(平成三年法律第九十号)第二十二条前段若しくは第二十三条第一項若しくは大規模な災害の被災地における借地借家に関する特別措置法(平成二十五年法律第六十一号)第七条第一項の定めがあるときは、その定め
選択肢 3 ○ 誤り
解説
賃借権設定の登記をする際の登記事項として、「敷金があるときは、その旨」があります(同法第81条第4号)。
賃借権の登記等の登記事項(不動産登記法第81条)

ワンポイントアドバイス

敷金は、賃借権の登記に必要な事項です。
関連する条文
(不動産登記法第81条)
第八十一条
賃借権の登記又は賃借物の転貸の登記の登記事項は、第五十九条各号に掲げるもののほか、次のとおりとする。
 四 敷金があるときは、その旨
選択肢 4 × 正しい
解説
賃借権設定の登記をする際の登記事項として、「事業用定期借地権として借地借家法第23条第1項の定めのある賃借権の設定の登記をする場合、その定め」があります(同法第81条第8号)。

ワンポイントアドバイス

そのまま不動産登記法第81条に書かれています。
関連する条文
(不動産登記法第81条)
第八十一条
賃借権の登記又は賃借物の転貸の登記の登記事項は、第五十九条各号に掲げるもののほか、次のとおりとする。
 八 借地借家法第二十二条前段、第二十三条第一項、第三十八条第一項前段若しくは第三十九条第一項、高齢者の居住の安定確保に関する法律(平成十三年法律第二十六号)第五十二条又は大規模な災害の被災地における借地借家に関する特別措置法第七条第一項の定めがあるときは、その定め
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る