2017年(平成29年)宅建の「過去問」‐第14問(権利関係)

⼟⽇祝もOK!受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883 (受付時間 11:00〜19:00)
平成29年

権利関係 > 売買契約 > 債務の履行段階での学習事項 > 不動産登記法

難易度
解答時間
2
Q14

不動産の登記に関する次の記述のうち、不動産登記法の規定によれば、誤っているものはどれか。

建物の名称があるときは、その名称も当該建物の表示に関する登記の登記事項となる。
地上権の設定の登記をする場合において、地上権の存続期間の定めがあるときは、その定めも登記事項となる。
賃借権の設定の登記をする場合において、敷金があるときであっても、その旨は登記事項とならない。
事業用定期借地権として借地借家法第23条第1項の定めのある賃借権の設定の登記をする場合、その定めも登記事項となる。

過去問TOPへ戻る