2017年(平成29年)宅建の「過去問」‐第9問(権利関係)

⼟⽇祝もOK!受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883 (受付時間 11:00〜19:00)
平成29年度 問題一覧へ
平成29年

権利関係 > 売買契約 > 契約の終了段階での学習事項 > 相続

難易度
解答時間
3
Q9

1億2,000万円の財産を有するAが死亡した。Aには、配偶者はなく、子B、C、Dがおり、Bには子Eが、Cには子Fがいる。Bは相続を放棄した。また、Cは生前のAを強迫して遺言作成を妨害したため、相続人となることができない。この場合における法定相続分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

Dが4,000万円、Eが4,000万円、Fが4,000万円となる。
Dが1億2,000万円となる。
Dが6,000万円、Fが6,000万円となる。
Dが6,000万円、Eが6,000万円となる。

ヒント

相続の問題のポイントは、人間関係を正確に図解することです。
被相続人(死亡した人)からみての親子、兄弟といった血縁関係をきちんと図解すると問題が理解しやすくなります。
また同じ相続をしないでも相続放棄と相続欠格では代襲相続ができるかどうかが変わってきます。
問題文をしっかりと読んでポイントをおさえてください。
相続の人間関係
解説
はじめに、Aには配偶者がいませんので子が相続人となります(民法第887条第1項)。
よって、Dは相続人になります。
次にBは相続を放棄していますので、相続人とはなりません(同法第939条)。
そして、その子Eも代襲相続をすることができません(同法第887条第2項)。
さらにCは、強迫して遺言書の作成を妨害していますので欠格事由に該当し相続人となることができませんが、Cの子Fは代襲して相続人となることができます。
以上から、相続人はDとFになり、相続分は2分の1ずつのDが6,000万円、Fが6,000万円になります。
相続放棄と相続欠格があった場合の相続

ワンポイントアドバイス

本来なら1億2,000万円を子供3人(B、C、D)で4,000万円ずつに分けます。
しかし、Bは相続放棄、Cは相続欠格のため相続することができません。
ここで考えるのが「代襲相続」です。
代襲相続とは、相続権を失った相続人の代わりにその子が相続することです。
この代襲相続はできる場合とできない場合があります。

 代襲相続できる・・・相続人が死亡・排除・欠格したとき
 代襲相続できない・・・相続が相続放棄したとき

そのため、Cの子Fは代襲相続できますが、相続放棄したBの子Eは代襲相続できません。
よって相続できるのはD、Fの2人であり、6,000万円ずつ相続します。
よって答えは3となります。
関連する条文
(民法第887条第2項)
第八百八十七条 被相続人の子は、相続人となる。
2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
(以下、略)

(同法第939条)
第九百三十九条 相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る