2017年(平成29年)宅建の「過去問」‐第9問(権利関係)

⼟⽇祝もOK!受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883 (受付時間 11:00〜19:00)
平成29年

権利関係 > 売買契約 > 契約の終了段階での学習事項 > 相続

難易度
解答時間
3
Q9

1億2,000万円の財産を有するAが死亡した。Aには、配偶者はなく、子B、C、Dがおり、Bには子Eが、Cには子Fがいる。Bは相続を放棄した。また、Cは生前のAを強迫して遺言作成を妨害したため、相続人となることができない。この場合における法定相続分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

Dが4,000万円、Eが4,000万円、Fが4,000万円となる。
Dが1億2,000万円となる。
Dが6,000万円、Fが6,000万円となる。
Dが6,000万円、Eが6,000万円となる。

過去問TOPへ戻る