合格体験記 「勉強は繰り返し繰り返し」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

勉強は繰り返し繰り返し

( 男性 /  40代  / 会社員 )

勉強し始めたのが2013年の2月頃からでした。
市販のテキストをよさそうなものを自分なりに選び購入し
学習を始めました、

だいたい1日あたり2~3時間ほど勉強をしていました。
勉強を始めてみて自覚しましたが、いわゆる天才ではありませんので
繰り返し繰り返し勉強していかなければ身につかず、
記憶も繰り返し繰り返し勉強していかなければ身につかず、
ほんと毎日少しずつしか前に進みませんでした。

覚えては忘れの覚えては忘れの繰り返しでした、
特に私の場合法令上の制限、税その他が一番時間がかかりました。

考えるというよりいわゆる暗記といったことが多くなじみもないこともあり、
最初はテキストを読んでみても何を言っているのか
チンプンカンプンで苦労しました。

わからないなりに何度も読んでいると少しずつ理解できるように
なっていったと思います。

暗記するところはしょうがありません、
繰り返し繰り返し勉強していきました。

ひととおり勉強を終えたのは1回目の試験の1ヵ月位前で
過去問を解き始めたのはその後からで試験までには過去10年分を
1回解いた位でほとんど問題は解かずじまいで本試験にのぞみ、
本試験では緊張しすぎで試験問題を読んでもまったくといっていい位
頭に入ってきません。

見たことも聞いたことも無い問題が出たこともあり、
緊張のうえにあせりも加わりわけがわかないまま時間がすぎ
終わったと同時に不合格を確信しました、

このまま独学では情報も入ってこないこともあり
だめだと思いネットでいろいろ調べてみると
フォーサイトがよさそうだと思い受講を開始しました。

1年目の反省から問題を解く、わからないところはテキストに戻る、
問題を解くといったことに重点を置いて勉強を続けました、

独学と違い統計などの情報も入ってくるようになり、
安心感がまったく違うと思います。

DVDやCDといったメディアもありテキストだけとは違って
頭の記憶に残りやすくなったと思います、

受験に対してのノウハウやこころがまえといった精神的な部分も
大事な事だと思います、

勉強は繰り返し繰り返し、しかないと思います。

忘れては覚えての繰り返しで記憶に定着していったと思います。

時間は余裕があることにこしたことありませんので
早めに勉強を始める事が大事だと思います。

2回目の試験では一度経験していたこともあり必要以上に
緊張やあせりもなくマイペースで受験できたと思います。

結果、自己採点で39点とるこができました。
テキストを信じ、自己を信じ、毎日コツコツしかないと思います。

.

よく見られている合格体験記はこちら