宅建を勉強するたびに感じた、フォーサイトの教材のすごさ

宅建を勉強するたびに感じた、フォーサイトの教材のすごさ

性別女性
年代30代
試験年度2014年(26年度)
エリア東京都
勉強時間1000時間
勉強期間9ヶ月間
職業転職(求職中)
受験回数4回目
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
3回の独学受験を経て、ほとほと困り果て、自分の頭では独学合格は無理なのであろう、と通信講座を探し始めたのが年明けでした。

知名度よりも受講による理解度の高さ、合格率の高さを求め、探したところフォーサイトの教材にたどり着きました。

思いっきり仕事をしたかったこと、3回の受験で基礎的な用語への馴染みはあったので、繁忙期が終わってからの勉強にしようと決めました。

5月に退職、結婚、6月に引越し、転職、とあり、実際に本腰を入れての勉強は7月からになりました。仕事の数字も決して諦めたくなかった私は、考え抜かれた教材をフル活用しました。

家では着替え、食事をしながらDVDの基礎講座。出勤、昼食時には道場破り。お風呂に浸かって単語カードで勉強。様々な形で宅建に触れられるような工夫が本当にありがたかったです。

勉強へのモチベーションを保つ為、自分への危機感を持つ為、試験慣れすること、その時点での自分の実力を知るために月1回、大手予備校の模試を受けに行きました。

あとはひたすら教材の使い方の通り、試験という締め切りまでにどこまで、どれだけやる、というのを進めていくだけです。私は月に1回模試を受けていたので、それぞれの模試の目標点を決め、勉強を進めていきました。

暑い夏から、10月の点数を考えることは難しいかもしれませんが、1ヵ月先の目標なら、だれることなく続けられると思うのです。やればやるほど、教材の素晴らしさ、山田先生のありがたさを感じました。

山田先生のお陰で、試験月の10月は営業成績の社内トップと、宅建試験の合格、両方を実現できました。

この体験のお陰で「私なんて、どうせやってもダメなんだ」という気持ちだったのが、「私、やったらできるんだ!」と変わることができました。

ただの一つの試験ではありますが、それだけではない自己肯定を得られました。本当に、本当にありがとうございました。こちらの教材を使って、来年さらに多くの方が合格されるよう祈っております。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る