宅建の試験で最後まで合格点を出せる自信がなかったのに!

性別女性
年代30代
試験年度2015年(27年度)
エリア埼玉県
勉強時間700時間
勉強期間6ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
受験しようと思ったきっかけは、現在会計事務をしていて顧問先に不動産会社が多くその業界に興味を持ったのと、何と言っても国家資格であり誰もが知っているであろう人気のある資格だったからです。

まだ試験まで日数的に余裕があったときは知らないことの発見が多く興味を持って楽しんで勉強できました。建築現場の標識を立ち止まって見てしまうこともしばしばありました。

しかしさすがに9月になったあたりからその余裕は消えましたが。。

権利関係は本当に過去問を解いても解いても理解しきれず大変苦しみましたが網羅できることはあり得ないし万が一全て誤りだったとしても他のもので充分合格点がかせげるということも言われてたので、業法や法令上の制限に重点をおき勉強していました。

こちらはやればやるほど点に繋がることがわかったので過去問を繰り返し勉強しました。意外に活用できたのが確認テストでした。単語帳と違い時間制限があるので進まなくてはいけないというのはとても良かったです。

模擬や前年の問題は、自分の実力を知るために本番の試験同様にやってみたりしましたが、点数はなかなか合格にはほど遠いものでした。

本番も決して自信を持って臨めたわけではありませんでしたが、今の自分のベストな状態で試験を迎えることはできました。試験が終わった後も自信はありませんでしたが、できなかったことを悲観することもありませんでした。

そのように思えたのはフォーサイトで勉強してきたからだと思いました。

試験直後の自己採点ではとても合格できるとは思えませんでしたが、試験の総評をネットで見たりして今回の試験がとても難しかったということで少し希望が持てました。

しかし取引士元年ということで合格発表まで全くわからず、自己採点がボーダーラインだったのでずっとドキドキしっぱなしでした。結果合格できて本当に、良かったです。

フォーサイトさんにはお世話になりました。本当にありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る