宅建で40点以上取るための問題演習と勉強法

宅建で40点以上取るための問題演習と勉強法

性別女性
年代40代
試験年度2016年(28年度)
エリア京都府
勉強時間1000時間
勉強期間11ヶ月間
職業その他職業
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。

私が本格的に勉強が開始できたのは、8月下旬でした。仕事が忙しく、全然勉強する時間が取れませんでしたが、合格することができました。一般的に300時間の勉強が必要とのことですが、私の場合は150時間程度だと思います。私のやってきた試験対策ですが、まずはDVD
の視聴でした。基本的なことはこれだけで大丈夫です。ちなみに、この時は殆どテキストは開かず、窪田先生が目を通しておいて下さいと言った部分はテキストを開いて勉強した程度です。これを3度程繰り返しました。その際は理解学習が必要な部分と暗記が必要な部分を分けて学習するようにしました。およそ2、3週間かけました。次に過去問です。私は他にもいくつか国家資格をもっており、過去問の重要性を認識しておりましたので、過去問でできなかった部分はテキストで再復習するという形でアウトプットを固めていきました。ここでの注意点は、問題の各選択肢を一問一答のつもりで解くことを心掛けることです。これを実践することで、曖昧な知識を確実な知識へと定着できます。この方法で丁寧に2度程繰り返しました。これだけでよく問われる論点は勉強できます。10月に入り、直前期になって、フォーサイトの模擬試験と市販の模擬試験を購入して本番のつもりで演習しました。平均的に42、3点は取れていましたが、間違えた問題はもちろん復習し、過去問も同様にできなかった部分は再復習しておりました。どのような問題も、先に述べたように、一問一答のつもりで、理由付けをして解くことで、個数問題にも充分対応できる実力が付くはずです。民法は、理解中心に学習しました。また、私の場合は、DVD
で扱わなかった分野も過去問の論点を分析して、必要最小限は学習しました。不動産登記法等の問題もこれで正解できました。もちろん、余裕があればでいいと思います。このような流れで勉強をし、本番では時間に余裕を持って問題に取り組むことができ、試験終了前に合格を確信しました。自己採点の結果も40点を超え、合格することができました。宅建は、勉強方法が正しければ、誰でも合格できると思います。そのためにはフォーサイトの教材は最短合格の道標ではないでしょうか。敵を知り、正しい方法で努力すれば、必ず報われます。頑張って下さい!最後に、フォーサイトの教材はもちろん、講師の窪田先生、くぼたっけんも神ってます!!私も今後別の資格取得の際にはフォーサイトを利用したいと思います。その時はよろしくお願いします!
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る