先生の助言通りに宅建の問題をあきらめずに解きました

先生の助言通りに宅建の問題をあきらめずに解きました

性別女性
年代40代
試験年度2017年(29年度)
エリア広島県
勉強時間1000時間
勉強期間9ヶ月間
職業パート・アルバイト
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
基礎コースと過去問コースを受講しました。

フォーサイトではFP資格を勉強して取得した経験があったので、テキストの使いやすさや内容が充実していることはわかっていました。

とは言っても届いたテキストや問題集を見たときは、「やはり宅建はけっこう大変だ。えらいことになったかも」と思ってしまいました。

最初の3か月ぐらいは内容がまったく頭に入らず挫折しそうでした。どうしてもテキストを開く気になれない日が続いた時期もありました。

でも講師の先生のメッセージやメールマガジンがまるで痒い所に手が届くように懇切丁寧で、とにかく最後までがんばってみようと思うようになりました。

テキストの内容や問題がしっくり頭に定着するようになったのは8月も末になってからなので、理解のスピードはかなり遅かったと思います。必要な事項を暗記し始めたのもその頃でした。

最初は何もわからないままDVDの講義を聴きましたが、2回目、3回目と進むにつれて理解が深まりました。何度も視聴できるのがDVDのいいところですね。模擬試験は29点しかとれずショックでしたが、かえってそれで勉強に身が入りました。

統計は1か月ほど前に必要な情報をコンパクトにまとめて送ってもらえたので、直前に頭に入れました。試験当日、問題はやはり難しかったです。2時間、頭フル回転でした。問題は先生のアドバイスどおり50問目から解きました。

マークシートを塗り間違えないよう注意しながら。また、メールマガジンにあったように、統計の問題である48問目も、暗記した統計を忘れないうちに解けたので、わりと落ち着いて取り掛かることができて結果よかったと思います。

なかには全くわからない問題もあり、時間もなかったけど、とにかく最後まであきらめずに取り組んだので、最後の1点をもぎ取れたのかもしれません。

勉強しただけでは対応できない問題もあるのが宅建だというのが実感ですが、そのほかの確実に得点するべき問題をちゃんと得点できるよう基礎力をしっかりつけることが必要なのだと思いました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る