時間を作れず、隙間の時間に宅建の問題を解くのが精一杯だった

性別男性
年代40代
試験年度2017年(29年度)
エリア愛知県
勉強時間700時間
勉強期間6ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
不動産の管理の仕事にかかわるようになったため、、仕事に役立ちそうだという軽い気持ちで宅建を受けてみようと思ったのがきっかけです。

しかし、宅建の試験について調べてみると、実はけっこう合格率が低く、簡単に合格するものではないことがわかりました。

もともと自分で計画を立ててコツコツと勉強することが苦手なので、通学して勉強することも考えましたが、そもそも通学する時間も取れないことから、アプリを使って隙間時間に勉強ができるフォーサイトにお世話になることを決めました。

通信教育は自己管理が重要ですが、最初はなかなかとっつきにくく、まずは徒歩での通勤時間中に講義を聴くことから始めました。毎日10分ほどの短い時間だったためなかなか進まず、すべての教科の講義を一通り聞き終わるまで5か月ほどかかりました。

とっつきにくい法律用語に四苦八苦し、難しいかも・・・とあせりましたが、過去問を解きはじめたころからだんだんと理解できはじめました。

しかし、仕事と家事の両立のなかでは時間作ることがを難しく、なんとか隙間の時間に道場破りで問題を解くことが精一杯でした。

試験直前1か月前にはできていないことがいっぱいあることはわかっていましたが、残された時間を活用するため、択一問題にしぼり、繰り返し解くことにかけました。

いろいろなものに手を出さず、択一問題を繰り返し解き、間違えた部分を覚えなおすことを繰り返したことで、知識を定着することができたと思います。フォーサイトに決めた理由の一つである道場破りも、便利に勉強することができました。

重たいテキストや問題集を持ち歩かなくても、ちょっとした時間に1問解いてみたり、暗記をしたりすることができました。

フォーサイトの教材は内容がまとまっているため、これだけやれば大丈夫だと思います。あれもこれも、とやる必要がなかったことがよかったです。

今後の仕事に活用することができます。ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る