合格体験記 「宅建ド素人ですが、一度で受かりました」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

宅建ド素人ですが、一度で受かりました

( 男性 /  30代  / 会社員 )

 僕は宅建ド素人です。

 会社の経理に12年間いて、高卒で法律や不動産関係の仕事経験もありません。

 それは大きなハンデだと思ったので、学習を始めたのは3月からでした。

 CDコースを受講し、毎日通勤時間に約1時間半聴いていました。学習で工夫していたことは、テキストに書き込むというよりは、自分のノートを作成したということです。その結果、知りたい箇所、調べたい箇所を瞬時に探し出すことができ、時間の無駄を省けました。

 朝、家を出るまでの30分、昼休みの40分も毎日勉強に充てました。内容は100%『過去問』の復習です。予習等は不要だと思います。「民法」は不安が残ったので、市販のものを購入し補いました。後は、フォーサイトの教材で十分網羅されています。

 早期から始めたため、モチベーションの維持には一番苦労しました。幸い同じ会社で受験者が数人いたので、勉強の進み具合などの意見交換をしたりして、気を紛らわせられました。

 直前には、会社の帰り道の図書館に立ち寄り、3時間勉強をするようにし、土日は開館から閉館まで図書館で学習しました。多い日で16時間くらい勉強しました。

 酒は好きですが当然控えました。数ヶ月飲まなくたって死にはしませんから。同様に、テレビや趣味、外出も控えました。

 合格の目安は「本試験『過去問』を100分で8~9割以上正解できる」ことです。そうすれば本試験当日も問題なく解けると思います。直前には詰めこみ過ぎず、穏やかにして脳を休めることがいいと思います。今までやってきた自分を信じましょう。どんなモノでも、手に入れる場合には、何かを犠牲にしなければなりません。

 やる気があれば、必ず宅建は受かります。絶対に受かります。そのサポートパートナーに「フォーサイト」を選んで間違いなかったと僕は思っています。決して家族や子供のせいにしないで下さい。それは単なる言い訳に過ぎません。

 合格という結果が出た時、合格の他に一回り大きな自分に出会うことができると思います。勉強を通して強い自分になれるのです。

.

よく見られている合格体験記はこちら