合格体験記 「堅苦しくない講義をありがとうございました」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

堅苦しくない講義をありがとうございました

( 男性 /  30代  / 会社員 )

 仕事の関係上「宅建主任者」は、必要不可欠なものだから、取ろうと思っていました……。初めは、宅建ぐらい簡単に取れるものだと思っていましたが、それがなかなか合格できませんでした。今思えば、勉強時間の使い方と合格するための精神面が全然できていなかったからだと思います。

 ともかく今年は何が何でも合格しようと真剣に取り組みました。


 フォーサイトの講座を受講し、「負けてたまるか宅建合格」のポスターを、いつも見えるところに貼っていました。


 会社から夜9時半くらいに帰宅して、1日平均3時間は勉強していました。仕事が忙しく遅く帰宅しても、寝る前に1時間くらいは参考書やテキストなどを読んでいました。休日はどこにも遊びに行かず7時間は勉強していました。


 どうしても、今年合格したいという強い意志と集中力で頑張りました。


 自分が合格できると自己暗示をかけ、それが今年の結果として現れました。


■9月以降の勉強のやり方は──

 仕事中の合間をみて図書館へ行って1時間勉強していました。図書館だと集中して勉強が出来ますのでおすすめします。

 10月に入っての試験の1週間前ぐらいになると気が落ち着かなくなりましたが、これだけ勉強してきたのだから、やるだけやってみようと思いました。

 宅建本試験が終わって、その日に、答え合わせのときは、ドキドキしました。

 結果は、あまり良くなかったので、また今年もだめかなと思っていましたが……。

 ところが平均点が思ったより低かったので、なんとかスレスレで合格しました。ほんとうにその時は、嬉しく思いました。

 一度は、あきらめて来年もまた勉強を頑張ろうと考えていたのです。

 先生の講義は、分かりやすく教え方が堅苦しくないので楽しく学べました。


■合格のポイントは

 1.『過去問』を3回ぐらい繰り返しする。
 2.模擬試験を最低4回行う。
 3.苦手分野を講義テープなどで何度も繰り返し聴く。
 4.法令上の制限はトイレや部屋など目に付きやすいところに貼って覚える習慣をつける。
 5.数字の暗記ものは、カードを作り、いつも携帯し、昼食時や時間のあいている限り読む。


 ともかく受かってほっとしています。
 ほんとにお世話になり有難うございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら