安いのにクオリティが高い宅建の通信講座の選択に大成功!

性別男性
年代30代
職業正社員(サラリーマン),転職(求職中)
■資格取得のきっかけは、転職を考慮したステップアップ

私は現在、特定労働派遣会社で、客先にて補助的な業務に従事しており、この先業務において補助ではなく、自分が先頭に立って業務を行えるような仕事に従事したいという強い気持ちがあり、

年齢が年齢ではありますが転職を考慮したステップアップのため、年齢・学歴・経験関係なく(誰にでも平等)一から学習し、ある一定のレベルの知識が得られるという理由から資格取得を決意しました。

資格取得に向けての学習は初めてであり、どんな資格があるのか書籍・インターネットで調べたところ、法律の勉強・資格取得が初めての人でもおすすめであると記載のあった宅地建物取引主任者にたどり着きました。

■通信教育で、一度落ちるリスクを避ける!

最初は独学も考えましたが、1度試験に落ちると同じことをさらに1年繰り返さなければならないリスクを考慮し、気になったことをすぐに質問し・回答が得られる通学が良いと思っていました。

しかし、私の仕事は出張が多く、長期となる場合は通学することすら危ういと感じ、インターネットで資格取得の効率的な方法について調べていた際に見つけたのがフォーサイトでした。

ホームページには合格率の高さ、通信・通学のメリット・デメリット、低価格設定ができる理由等非常に明瞭に記載されており、「通信講座の受講料=教材のクオリティー」という図式は決して成り立ちません!という言葉に感銘を受け、通信講座での受講を決めました。


【勉強方法について】──────────────────

初めて講義DVDを観て、テキストを読んだ時は、全然理解ができませんでした。

宅建は入門資格だと勝手に決め込んでいたこと、そしてそれは非常に浅はかな考えであったことを痛感しました。

同梱されていた入門講座等をもう一度観直し、決意を新たに、わからないところはメールでの質問、インターネットで調べることを徹底し、DVD学習・テキスト学習を繰り返しました。

■お風呂場でもテキストを精読!フォーサイトのテキストは水に強かった(笑)

朝早起きし、1時間半をDVD学習・問題演習にあて、入浴時のテキスト精読縲恟A寝までテキスト精読・過去問演習を模試まで繰り返しました。テキストは紙質が水に強く、ほぼ毎日にわたる風呂場での使用にも問題なく耐え切りました。

■ノートまとめは、無駄です!テキストに直接書き込む方法がおすすめ!

また、当初はマイノートとして気になった部分をノートに書き出していましたが、結局はテキスト及び過去問回答の丸写しに近くなってしまい、時間をとられ、それが学習なのか丸写しの満足なのかわからなくなってしまいました。

そして、ノートはやめ、気になったこと・過去問演習からので覚えるべきことをテキストへ直接記入する方法に変更しました。

これならテキスト精読の際ついでに自分が記入した注意ポイント等を読み返すことができ、効率的に学習できました。途中でやめたマイノートについてはもったいないので、仕事中隙間時間ができた時に読み返し、暗記等で活用しました。

仕事中に資格取得の勉強は賛否両論あると思いますが、社会人として限られた時間で学習するためにはそれくらいの執念が必要だと考え、隙間時間を極力勉強に費やすよう努力しました。

■通信講座での学習は、自己の強さが要求されます。

仕事柄出張が多く、出張の際はDVD学習ができないため、テキスト・問題集を現地に持参しそれら中心の勉強をし、帰ってからたまった分のDVDを観るというやり方となったため、道場破りの学習計画に沿って学習を進行することが難しく、遅れ気味になってしまいました。

また、極力毎日学習することを(たまに2日程何もしない日もあったが・・・)を目標にペースを崩さないよう気をつけていましたが、休日に飲みすぎてペースを乱し、平日に修正するパターンによく陥ってしまいました。

情けないことですが、修正には大変苦労し、その際には決まって自分が思っている以上に自分は弱いに人間であることを繰り返し思い知らされました。

今思い返しても、通信講座での学習は自己の強さが要求され、モチベーション維持が大切であることを感じます。そういった紆余曲折がありましたが、直前期の模試受験まではとにかく学習計画に沿ってDVD・テキスト・過去問を繰り返しました。


【直前期縲恷詞ア当日】──────────────────

■直前期、フォーサイトからの質問の回答に、勇気づけられました!9月の終わりに試験本番の色んな環境に慣れるため、静かでもなくうるさくもない喫茶店を選んで本試験と同形式でH21過去問を実施しました。

35点獲得を目標としましたが、34点で非常に微妙な結果となりました。もう少しじっくり問題を読めば解けていた問題もありましたが、自分が考えているよりもっと細部の暗記が必要であることを感じ、

この結果を踏まえ10月の直前期に入ってからは、時間計測を実施しながらの過去問演習・暗記必須の箇所について細部まで細かく完全に暗記することを目標にして、休日には家にこもって学習を繰り返しました。

さらに現場慣れするために他社の模試を1回受験しました。その際の点数は39点で、合格圏内を獲得できました。ここで少し自信をつけ、フォーサイトの模試を自宅にて実施しましたが、結果は32点。やはりここで35点は獲得必須だと思っていた私としては、かなりガックリしてしまいました。

直前でのこの結果について不安に感じ、道場破りの質問箱で質問ついでに相談した際、

「まだまだ得点力は伸びます。がむしゃらに問題を1問でも多く解いてください。」

と励ましの言葉を頂き、直前には1週間以上の出張が入り少々困ったりもしましたが、負けてたまるかとの思いで試験3日前から会社を休み、一歩も外に出ることなく、最後の追い込みをしました。

その3日間でフォーサイトの問題を直前対策講座を含めて再演習し、暗記事項をひたすら頭に叩き込みました。そして新たにわいた疑問に関してはインターネット・質問箱を最大限に利用し、解決して理解を深めました。


■やれるだけやった!という自信がつきました

3日間、時間が足りなかったと感じる反面、自分がやれるだけのことはやったという気持ちからか、試験当日は焦る気持ちは無く、非常にリラックスして朝を迎えることができました。

DVDで学習した試験直前の体調管理を参考にし、午後からの試験であるため眠気に襲われないよう配慮して試験に臨み、試験中は難しい問題もありましたが、集中して問題を解くことができ、見事合格することができました。


【合格について】──────────────────

■フォーサイトの教材のみで十分でした!

今回の合格まで、私はフォーサイトの教材以外一切使用しておらず、この教材を基に疑問のある箇所はインターネットを利用し、自分で調べる・質問箱を最大限使用したことで他の余計なものを買う必要なく、合格できたと感じます。

■質問の対応も、迅速で丁寧!

感謝しています。私は質問が多かったため、30回まで無料の質問箱では足りそうもなかったため、1回につき複数の質問を記入しました。その度に、非常に迅速・丁寧に頂き、大変感謝しております。(フォーサイトへのお願いとしては、質問箱の無料回数をもう少し増やして欲しいです。)

また、DVDでの先生の語り口調が実に特徴的で、時に家事をしながらDVDを聴いていた私の妻が先生の真似をして笑いを誘う程、本当に良く観ました。

それら全てが相乗効果となり、今回の合格につながったと思います。フォーサイトに先生、スタッフの皆様、初学者でもわかりやすい指導・サポートをありがとうございました。

また、観たいテレビもあったと思いますが、私のDVD学習に付き合い、時には叱咤激励の言葉を投げかけてくれた妻にも大変感謝しています。


■次は、管理業務主任者・マンション管理士に挑戦します!

宅建を勉強したことで、さらに関連資格として管理業務主任者・マンション管理士があることを知りました。

今回フォーサイトでの受講で合格につながったこと、テキストの確かさ、サポートの充実を実感したため、自分の希望実現に向け幅を広げるべく次もフォーサイトでこれらの資格取得に向けて挑戦したいと思います。

これから宅地建物取引主任者試験を受けられる皆様、特に社会人の方々は仕事・学習・家庭の両立が大変ではあると思いますが、フォーサイトの教材を信じ、自分に出来る最大限の努力をし、合格を目指して欲しいと思います。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る