合格体験記 「法律知識を必要とする部署に異動したのを機会に」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

法律知識を必要とする部署に異動したのを機会に

( 男性 /  50代  / 会社員 )

8年前に、1度 独学で受験したのですが、不合格。 

転勤で、法律知識を必要とする部署に異動したのを機会に、
法律知識の入門資格との位置づけで、受験を決意しました。

学習をすすめる内に、「折角だから合格したい」という気持ちが強くなり、
当初の受験動機から離れて、得点重視の学習をすすめることになってしまった点は、
少々反省している次第です。

会社勤務しながらの学習なので、
学習内容を思い切って絞り込んでいただいてあり、
しかも、低廉な価格に引かれ、フォーサイトの講座の受講を決めました。

55歳のサラリーマンにとって、
細かな点を理解、暗記するのは、とても大変で、
絞りに絞ったフォーサイトの教材をこなすだけで精一杯でした。

主な勉強の場所は、通勤時間(片道90分)と土日。

多くの時間を割いたとは、言えない状況で、
直前のフォーサイト模試も、50%しか得点できず、

「こりゃ、今回もだめかな」と思っていましたが、
最後まで諦めずに、問題集を中心に取組を継続しました。


[具体的な学習方法]
テキスト:
(1回目)4冊のテキストとDVDを流し読み、
(2回目)理解を中心にDVDを見ながらテキストを再読、
(3回目以降)問題集で不正解やあやふやな問題を解く都度、
     テキストに何度も戻って再読しました。
     試験直前になっても、自分の誤解を発見したり、ハラハラの状態でした。

問題集:
難易度Dの問題は、全て捨てて、他の問題に集中してとりくみました。
不正解の問題は、5回転以上は、解き続けました。


実際の試験での獲得点数は、34点と合格点(33点)ギリギリでしたが、
お陰さまで何とか合格できました。

また、直前の統計データに関する補講も受講させていただき、
試験では、当該部分は、満点をとれたことも、
合格の要因であったと思います。

フォーサイトの教材は、
これだけの内容をこれだけの低価格で提供いただいており、
本当に感謝、感謝です。

簡単な体験記ではありますが、合格の報告とお礼を申しあげます。

.

よく見られている合格体験記はこちら