合格体験記 「口コミでも評判が良く価格もリーズナブル」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

口コミでも評判が良く価格もリーズナブル

( 女性 /  30代  / 主婦 )

実は今回の宅建受験は2回目でした。

1年目はとりあえず独学でと思って勉強したのですがやはりモチベーションを持ち続けることが難しく、受験の申し込みはしたものの受けるのをやめようかと思うほどの仕上がりにしかできず、案の定合格点には程遠い点数で落ちてしまいました。

そこで落ちたとわかった去年の受験日の次の日に、以前からネットの口コミでも評判が良く価格もリーズナブルなので気になっていたフォーサイトさんの講座に意を決して申込みました。

届いてみると、項目ごとに別れてはいてもテキストが全て薄かったので、忙しくて時間が取れない時でもこの単元まで今日はやろうという目標を持ちやすく結果的に何度も見直すことが出来たのだと思います。

バリュー講座に申し込んだので、数ヶ月ごとにテキストが届くのも、次のが来るまでにちゃんと終わらせておかなくてはと自分を追い込めたので良かったと思います。

何より私に合っていたのは道場破りで、わざわざDVDをつけなくてもパソコンで講義を聴くことができるので朝から家事をする間もずっとつけっぱなしでBGMのように聞いていました。

それと道場破りでの勉強時間によって段位が変わるというシステムも負けず嫌い魂に火がつき、ある時1番上の10段になってからは段位を落としては悔しいと思うようになり、少しでも時間があったら確認テストをするようにしていたので、いつの間にか暗記するほど頭にしっかり叩き込まれたのも勝因の1つだと思います。

9月に入ってからの直前期はフォーサイトさんのテキストの過去問はもちろんですが、市販の過去問10年分と先生が勧められていたので市販の直前予想問題集も数冊用意し、少なくとも毎日過去問1年分と直前問題集1年分を時間を計りながら解くことをノルマとし、少しでも空いた時間にはテキストで知識の確認をするようにしました。

そうすることにより、最初は30点前後しか取れなかった問題も最後にはどれも40点以上取れるようになり、引っかかりやすい点等もすぐに思い浮かぶのでより正確な知識を身につけることが出来たと思います。

ただ、実際に試験を受けてみるとやはり難しく、自己採点の結果「34点」で大手予備校の出す合格予想ライン上にあったので合格発表の日までドキドキする日々が続いてしまいました。

でも、先生が後ろの統計から解くようにとアドバイスして下さっていたので、去年は1問目から解き時間が足りなくなってしまいましたが、今年は最後の問から徐々に遡る形で解いていったので比較的最後まで落ち着いて問題に取り組め、終了30分前には終わったので見直しをする時間も取れました。
(ただ、その見直しで1問正解だったものを不正解な解答に変えてしまっていたのでマークミス以外の見直しはやめた方が良いかもと思いました)

子供が大きくなるまでと、いつの間にか専業主婦歴が長くなってしまいましたが、今後簿記2級にもチャレンジして(3級は既に持っているので)宅建と簿記2級とで雇って頂けるところを探し社会に出るということを目標に頑張っていこうと思っています。

将来的には、結婚前にチャレンジして落ちてから諦めてしまっていた社労士の資格も取りたいと思っているので、その節はまたフォーサイトさんにお世話になりたいと思っています。

最後に、フォーサイトさんと先生に向け、「この度は本当にお世話になりありがとうございました」と心から感謝の言葉をお伝えしたいと思います。

.

よく見られている合格体験記はこちら