合格体験記 「出る可能性の高いところを反復して覚える」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

出る可能性の高いところを反復して覚える

( 男性 /  40代  / 無職 )

今年の7月に失業したのをきっかけに、
一念発起して資格取得を目指しました。

まず独学・通学・通信教育どれにするか、勉強方法を検討しました。
時間はたっぷりなので通学も検討してみたのですが、
最終的にフォーサイトの通信教育に決めました。
理由はテキストが大量でなくカラーで読みやすそうなこと、
【出る可能性の高いところを反復して覚える】というコンセプトが
良さそうだと思ったからです。

悠長に選んでいるうちにあっという間に時間が過ぎ、
宅建試験・フォーサイトへの申し込みも7月の末ぎりぎりになってしまいました。

届いた教材を見ての感想『これだけ…』、と結構びっくりしました。
同時に『これなら何とか出来そう…』と少し安心しました。

まず教材にしたがってスケジュールを作成、
これで1日の勉強時間や時間配分・教材の進め具合を
自動的に割り振ってくれます。

私の場合は1日8時間程度の勉強時間でした。
正直『8時間も!!!』思いましたが、
トップ15%に入らないと受からない試験、
これで当たり前と納得し、早速開始することに。

手始めにDVDをさらっと聴きました。が、ほとんど頭に残りません。
練習問題に手をつけてみるも×ばっかりでえらくめげました
(当初は2択問題で半分くらいしか正解できませんでした)。

最初の2~3週間は遅々として進まず、
精神的にもかなりきつかったですね。
そんな時励みになったのが、
テキストにある先生のコメント。
そのなかでも『量はやがて質に変わる』の一文に共鳴し、
折れそうになりながらも頑張りました。

9月20日の模試で【36点】。
微妙な点数でしたが、このころには内容も理解が進み、
自分のペースで1日8時間を無理なくこなせるようになっていました。
午前中は自宅、午後からは図書館と場所を変え、
マンネリにならない作戦でやっていました。

最後の10日間は『1日12時間勉強!!』を目標に頑張ったのですが、
残念ながら私に12時間は無理でした。
まったく頭が回転しなくなってしまい非効率なので、8時間に戻しました。

模試後はひたすら過去問、過去の本試験、
それと最後に配布された○×式の問題集をこなす毎日でした。
○×式は私にはとても良いトレーニングで、
繰り返し出来るように家内が答案シートと答え合わせシートを作ってくれ、
何十回やったか覚えてないほどです。
それとどこかに行くときも携帯プレーヤーに入れた講義を聴き、
待ち時間は単語カードを眺めていました。

試験当日、いつもどおり問50からスタート、
残り20分を残してマークミスチェックまで終わりました。

計算問題と数字のミスだけを見直して、あとは終了を待ちました。
正直、私のレベルでは難しくて見直しようがなかったです。

自己採点34で胃の痛い1ヵ月半でしたが、
努力が報われ合格することが出来ました。

先生もおっしゃってましたが、
自己を律する訓練も併せて出来たようで、
本当にためになりました。

また応援してくれた家族には感謝の言葉もありません。

最後になりますが、
DVD中で楽しい講義と繰り返しの応援を下さった先生・
フォーサイトのスタッフの皆様方に御礼を申し上げ筆を置きたいと思います。

本当にありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら