貿易の資格である通関士とは?取得の方法をレクチャー!

貿易の資格である通関士とは?取得の方法をレクチャー!

「通関士」とはどのような資格なのでしょうか?

この記事では、「通関士とはどんな資格か」「通関士資格を活かせる仕事」「通関士の年収」「通関士試験の詳細情報」「通関士試験の合格率と難易度、その勉強法」などについてご紹介します。

目次

そもそも通関士とはどんな資格?

通関士とは、貿易関連で唯一の国家資格です。

貿易によって日本と外国との間で品物のやりとりをするとき、必ず税関で通関手続きをしなければなりません。日本と外国との間では自動車や鉄鋼、石油、衣類、食料などさまざまな品物が行き交っています。貿易で扱われる品物が国境を越えるとき、輸出入に問題がない品物か、関税等がかかるかなど、多くの項目にわたる厳しいチェックが必要になります。

このチェックを管轄しているのが税関で、税関に代わって輸出入の手続きを行うのが通関士です。

通関士資格を取得するためには、通関業法・関税法・通関実務などに関わる通関士試験に合格しなければなりません。

試験を通して通関手続き業務の幅広い知識を得られ、安全で正しい貿易活動に貢献できる資格です。

通関士の資格を活かせる仕事

通関士の国家資格は、同じく通関士の仕事に活かすことができます。

一般的に通関士は通関業者に所属して業務に携わります。通関業のみを専門に行う業者もありますが、貿易会社や流通業、メーカーなどが自社内に通関部署を設置していることもあるため、就職先は多様です。通関業者は税関に委託され、通関業務を実施します。そこで実際の業務を担うのが通関士です。

通関士の主な仕事としては、まず通関書類の審査や審査後の記名・捺印があります。

通関書類には仕入れ書、包装明細書、船積依頼書などがあり、法令や規制に対して問題がないか、税額がどのくらいになるかなど多様な項目をチェックします。

また、税関に対しての申告の説明や、税関検査の立ち会いも通関士の業務です。必要に応じて税関に対し商品説明や該非を行ったり、主張や異議申し立てをしたりします。

このような業務を通して、品物を安全に、素早く輸出入する手助けをするのです。

通関士は一般的な平均年収よりも高め

通関士全体での平均年収は539万円です。

通関士と一般で比較して、平均年収を年代別でも見てみましょう。

年代 通関士の平均年収 一般的な平均年収(※)
20~24歳 307万円 258万円
25~29歳 383万円 351万円
30~34歳 420万円 403万円
35~39歳 480万円 433万円

※国税庁による民間給与実態統計調査(平成28年度)より

表からも分かるとおり、通関士は、一般的な平均年収よりも高めの収入を得られる仕事といえます。年齢を追うごとに順調な昇給が見込める点も魅力のひとつです。

安定した収入を得たいなら、通関士資格の取得を視野に入れてみることがおすすめです。

通関士の資格って必要?

通関業者に就職すれば、無資格でも通関業務に携われます。

ただし、通関士の資格を持っていると多くのメリットが見込めます。

たとえば通関業務の中には、通関士にしか行えない業務があります。

輸出入の申告に必要な書類の最終チェックと記名・捺印、税関への不服申立てや主張、陳述などです。

このような、通関業務の中でもとくに責任のある業務は通関士資格の保有者に一任されているのです。

また、通関業法では通関業務を行う営業所ごとに通関士資格保有者の設置が義務付けられています。

したがって、通関士資格を持っていると就活時に有利になる、キャリアアップに貢献するなどのメリットがあるといえるでしょう。

通関士の資格を取得するための詳細情報

受験資格

通関士の試験は、税関を管轄している財務省が主催しています。

試験の詳細については財務省から案内が出されるため、必要に応じてチェックしましょう。

通関士試験では受験資格の制限が一切無く、学歴や年齢、経歴、国籍にかかわらず誰でも受験可能です。

受験日

通関士試験は基本的に、年に1度実施されています。

試験日時は財務省からの受験案内でチェックできます。

平成29年度(第51回)通関士試験は10月1日開催で、午前・午後にわたり実施されました。

参考までに平成29年度のスケジュールを紹介すると、試験の受付期間が同年7月24日から同年8月7日まで、結果発表は同年11月24日でした。

実際のスケジュールは毎年財務省からの案内を確認する必要がありますが、概ねこのようなスケジュールで進みます。

申し込み方法

申し込み方法には2種類あります。

  • 受験願書を請求して書面で提出
  • NACCSを使用して提出

受験願書を請求して書面で提出

収入印紙や顔写真などを用意し、試験実施地ごとに指定された送り先へ郵送します。

NACCSを使用して提出

NACCSは通関業務のオンライン処理システムとして使われていますが、システムを通した試験申し込みも可能です。

NACCSを使用する場合、あらかじめNACCSセンターにNACCSの利用申し込み手続きをしておきます。

NACCS経由での受験願書提出後、受付期間内に受験手数料を電子納付すれば受験票が交付されます。

通関士の資格をとるのは難しいのか

試験合格率

これまでの傾向では、合格率は10%前後です。推移を見ると、年によっていくらかばらつきはあるものの、難関といって差し支えない合格率です。

通関士試験の合格率の推移
試験年度 合格率
2013年 11.7%
2014年 13.2%
2015年 10.1%
2016年 9.8%
2017年 21.3%

受験者数は2013年の8,734名から2017年の6,535名へと、毎年微減傾向ですが、データをみる限り、受験者数は合格率にさほど影響していません。

難易度

試験内容は徐々に難しくなってきているといわれています。

背景としては、貿易実務の重要性が増していることから、通関士の仕事の質がより強く求められるようになった可能性があります。

通関士の判断ひとつで税率が変わることがあるなど、通関業務は企業の損益に影響する重要な仕事です。

正しい専門知識をもち業務を迅速に遂行できるスキルがますます求められているといえるでしょう。

また、試験の合格基準は3科目それぞれ60%以上の得点を獲得することです。

そのため、通関業法・関税法等・通関実務のすべてについて偏りなく知識を蓄えることが重要となります。

苦手な科目があると合格基準に満たない可能性がある点も、難易度の高さにつながっているといえます。

通関士の資格試験に備えた勉強方法

必要な勉強時間

目安は350〜400時間程度だといわれています。

内訳としては基礎知識の勉強に200時間程度、実際に問題を解く練習などに150時間程度です。

たとえば1日2〜3時間の学習をする場合、約6カ月必要になります。

通関士試験は基本的に10月に実施されるため、遅くとも4〜5月頃から勉強準備を始めるのがおすすめです。

ただし、既に受験経験がある、通関業務に携わっているなどで前提知識を持っている場合は200時間程度の勉強で合格できる可能性があるといわれています。

取り組み方

通関業法・関税法等・通関実務の3科目すべてで60%以上の点を獲得しなければならないため、科目を絞って勉強するのはあまり適切ではありません。まんべんなく学習することをおすすめします。

また、とくに難所といわれているのが通関実務です。

通関実務では、輸出申告書と輸入申告書を作成する問題が各1問、関税額等や課税価格の計算問題が5問と、実務に直結するような出題があります。

これらの問題をクリアし確実に点を取るためには、実務に関わる専門知識を重点的に学習することがポイントです。

その他の問題は、正誤を選択したり適切な語句を選んだりする問題が中心となります。

配点は通関業法45点(20問)、関税法等60点(30問)、通関実務40点(17問)です。

問題数や配点を意識して、得意科目と苦手科目の勉強時間のバランスをとりましょう。

また、マークシート式試験のため、知識の習得だけでなくマークシートの記入に慣れる練習もしておくと安心です。

通関士は独学でも資格がとれる?

通関士資格は独学でも取得できます。

ただし、合格率からも分かるように、簡単ではありません。

通関士試験では、3科目すべての知識を学習するのはもちろんのこと、出題傾向の分析や、実務のための勉強も必要になります。

独学で臨む場合、自身でしっかり学習のプランニングをする必要があります。

独学に自信がない方は、通学講座、通信講座での学習を検討してみるとよいでしょう。

まとめ

通関士は、通関業務の営業所ごとに設置を欠かせない資格であり、持っていると就職にも有利です。しかしながら、通関士の資格取得は難関で、多くの勉強時間を必要とします。

独学でも取得は可能ですが、しっかりとした試験対策のプランニングが必要です。独学以外にも、通学講座や通信講座があるので、自分に合った学習スタイルを選択して合格を目指しましょう。