子育て以外の時間はすべて勉強!1,000時間超えの挑戦で見事一発合格

貿易関係の仕事をされていた三上さん。貿易実務検定に合格されており、更に難易度の高い通関士の資格を目指したいと思い、受験を決めました。
子育てと仕事を両立しながらの勉強で、時間を確保するのに苦労したそうですが、仕事を退職後、最後の追い込みで1日12時間勉強したそうです。
挫折を経験しながらも、見事一発合格を果たした三上さんの必勝法についてお伺いしたいと思います。

人物
受講講座
2020年度試験対策
プロフィール
40代 パート

資格を取ろうとしたきっかけは何ですか?

人生最後の試験勉強に挑戦したかったからです。

自分の人生を考えたときに、このままずっと貿易関係の仕事をするのは間違いないと思いました。人生の中で資格受験は最後になるかもしれないので、貿易実務検定よりも難しい通関士に挑戦しようと思いました。
また、コロナの影響でどこにも行けない時期だからこそ、おうち時間を利用して、自分の財産になるものを取得するには良い時期だと思いました。

通信講座を選んだ理由は何ですか?

一発で合格したかったからです。

最初は独学も考えていて、本屋さんで参考書を探したりしました。ですが、内容がまとまっていない物もあり、どこがポイントか分からなくて大変でした。
この勉強量を全部独学で勉強するのは難しいと思ったので、通信講座で一発で合格したいと思い、選びました。

一発で合格したかったからです。

フォーサイトを選んだ理由は何ですか?

合格率が良かったのと、費用が安かったからです。

ネットで検索してみたら、他社さんより合格率が高いのと、費用が安かったのが決め手でした。
また、教材の内容がものすごく綺麗にまとまっていて見やすかったです。最初は量が少ないのでは、と不安があったのですが、ポイントが簡潔に書いてあるので、無駄なく安心して勉強できました。

合格率が良かったのと、費用が安かったからです。

どのように勉強時間を確保されていましたか?

子育ての合間と、退職後は朝から夜まで集中的に時間を取りました。

コロナの影響で在宅勤務が多かったので、仕事が終わり、子育てが落ち着いた後に毎日1~2時間勉強するようにしていました。
7月に仕事を退職したので、その後は集中して勉強するようになりました。食事の間も講義動画を見ていたので、朝9時~夜9時まで勉強する日もありました。

eラーニングについての感想を教えてください。

知識を深めるための、とても素晴らしいツールだと思います。

まずテキストの問題集で練習して、その後eラーニングで確認テストを行なう、という使い方をしました。
私は紙で覚えるよりも、ネットやクイズ形式で覚える方が印象に残りました。
eラーニングで問題を間違えたときに、どうして間違えたのかを深く知ることができるので、さらに頭に残りました。

知識を深めるための、とても素晴らしいツールだと思います。

スケジュールはどのように組みましたか?

自分に合った回数をこなすように組みました。

問題集にタイムを書く欄が5か所あったので、少なくとも5回は解くのかなと思いました。
以前フォーサイトさんの合格者の声の記事を見たときに、合格者の方は問題集を6回解いたそうなのですが、私はそれを超える回数で7回解こうと決めました。
7回問題集を解くにはどの期間にどれくらい終わらせたらいいのか、逆算してスケジュールを立てました。

自分に合った回数をこなすように組みました。

勉強する上で苦労した点はありますか?

模擬試験の結果が良くなかったときは気が滅入りました。

フォーサイトさんのも含め、模擬試験をいくつか受けたのですが、全て合格ラインに届きませんでした。
その時はかなり落ち込んだのですが、自分の弱点を知ることができたので、対策を立て直しました。
自分の弱点を見つけ、その分野をもう一度解き直したり、徹底的に理解するようにして、乗り越えました。

実際に合格してみて人生が変わりましたか?

こんなに必死に頑張った時期があるんだなと、自信が持てるようになりました。

自分の人生の中で、こんなに必死に頑張った時期があるんだと思うと、生活のモチベーションが上がるようになりました。
通関士の仕事をするわけではなくても、これからの仕事をする上でのプラスになっている気がします。

これから合格を目指す方へメッセージをお願いします。

自分の弱点を見つけて対策を取ると良いと思います。

他の人は何回問題集をやったから自分も同じ回数をやるのではなく、自分に合った回数、やり方、スケジュールをきちんと把握することが良いと思います。
早めに自分の弱点を見つけて、対策を取ることも大事です。
とにかく自分のベストを尽くすこと、全力で取り組むことで合格に至ると思います。

※フォーサイトでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策を行ったうえで撮影を行っています。

自分の弱点を見つけて対策を取ると良いと思います。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!