診療報酬請求事務能力認定試験(医科)講座の講師ブログ
発生届とは

皆さん、こんにちは。

テレビなどで新型コロナウィルス感染症患者についての
発生届について話題に上っていますね。

では、この「発生届」とは何なのでしょう?

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」
(感染症法)に基づき、定められた感染症を診断した医師は、
最寄りの保健所に届け出ることになっています。

この法律の目的には「この法律は、感染症の予防及び感染症の
患者に対する医療に関し必要な措置を定めることにより、
感染症の発生を予防し、及びそのまん延の防止を図り、
もって公衆衛生の向上及び増進を図ることを目的とする。」
とあり、医師の届出義務として下記のように法律で定めて
います。

第12条 
「医師は、次に掲げる者を診断したときは、厚生労働省令で
定める場合を除き、第1号に掲げる者については直ちにその者
の氏名、年齢、性別その他厚生労働省令で定める事項を、第2号に
掲げる者については7日以内にその者の年齢、性別その他厚生労働
省令で定める事項を最寄りの保健所長を経由して都道府県知事
(保健所を設置する市又は特別区にあっては、その長。以下この
章(次項及び第3項、(中略))において同じ。)に届け出なければならない。

一 一類感染症の患者、二類感染症、三類感染症又は四類感染症の
患者又は無症状病原体保有者、厚生労働省令で定める五類感染症又は
新型インフルエンザ等感染症の患者及び新感染症にかかっていると
疑われる者

二 厚生労働省令で定める五類感染症の患者(厚生労働省令で定める
五類感染症の無症状病原体保有者を含む。)

この届出書類のことを発生届と呼んでいます。

届出は、紙に記載しFAXで送付する方法とHER-SYSというシステム
から届ける方法があります。今、この発生届の提出で医師の業務が増え
支障をきたしており問題視されています。

皆さんが医療機関に勤められる際には感染症法も関わってきますので、
頭の片隅に入れておいてください。

では、今日はここまでで。