マンション管理士・管理業務主任者講座の講師ブログ

マンション管理士試験まであと5日
管理業務主任者試験まであと12日となりました。

先週1週間は自分が納得できる勉強ができましたでしょうか?

今回は会計と建物・設備についてアドバイスしたいと思います。
マンション管理士試験では、およそ会計から2問、建物・設備から13問の出題があります。
管理業務主任者試験では、およそ会計から3問、建物・設備から7問の出題があります。

マンション管理士試験の会計は、仕訳問題が中心。
計算に時間がかかることがありますが正解はできます。
住民税、消費税等の税法は難問。

設備・構造は、
マンションの構造・設備等の法令の知識以外に、
設備や調査・診断等の実務的な知識が出題され、
範囲が広く専門的な知識が求められます。

管理業務主任者試験の会計は、
仕訳問題が2問で発生主義がわかれば難しくありません。
税法も年によるが過去問題をやっていれば易しいといえます。

設備・構造は、
雑学のような分野からの出題があり対策が難しい。
過去問題から傾向を押さえることが大切です。

両試験で、会計の分野を苦手とする受験生が多いですが
この分野は、いまからの時期でも得点源とすることができますので、
過去問を5~7年程度に絞って、しっかり解き方をマスターしてください。

マンション管理士試験まであと5日
管理業務主任者試験まであと12日
がんばりましょう!

フォーサイト専任講師 窪田義幸

マンション管理士試験まであと10日
管理業務主任者試験まであと17日となりました。

先週1週間は自分が納得できる勉強ができましたでしょうか?

今回は都市計画法と建築基準法についてアドバイスしたいと思います。
マンション管理士試験では、都市計画法から1問、建築基準法から2問の出題があります。
管理業務主任者試験では、都市計画法からの出題はなく、建築基準法から2~4問の出題があります。

マンション管理士試験の都市計画法の問題は、都市計画の内容に関する問題がほとんどです。
建築基準法は、過去に何度も繰り返し出題されている論点はしっかり理解してください。

管理業務主任者試験の建築基準法は、用語の定義が出題された場合には確実に1点とれるようにしておきましょう。
建築基準法施行令からの出題もあり、どこまで学習すべきか悩んでしまいますが、あくまでも過去問の
範囲と割り切りましょう。

いずれも、問題レベルは基本的なものから、難解なものまでさまざまです。
また、範囲が広く、数字の暗記も多いため、深入りは禁物です。
本試験での解答時間をかけすぎないことが得策です。

マンション管理士試験まであと10日
管理業務主任者試験まであと17日
がんばりましょう!

フォーサイト専任講師 窪田義幸

マンション管理士試験まであと16日
管理業務主任者試験まであと23日となりました。

先週1週間は自分が納得できる勉強ができましたでしょうか?

今回はマンション標準管理規約とマンション標準管理委託契約書についてアドバイスしたいと思います。
この分野から両試験において、毎年変動がありますが、10問程度出題されます。
できれば、9割以上は得点してください。
(マンション管理士試験では、マンション標準管理委託契約書からの出題数が少ない傾向があります)

標準管理規約は、基本的に条文やコメントの規定内容を理解できて、
区分所有法との違いを意識できれば得点できる分野。
標準管理委託契約書は、条文やコメントの規定内容を理解できていれば得点できる分野。
ということができます。

いずれの分野も内容的に難しくはありませんので、本試験前日までに
全条文とコメントの精読を一巡することを目標の1つとしてください。

マンション管理士試験まであと16日
管理業務主任者試験まであと23日
がんばりましょう!

フォーサイト専任講師 窪田義幸

マンション管理士試験まであと23日
管理業務主任者試験まであと30日となりました。

先週1週間は自分が納得できる勉強ができましたでしょうか?

今回は民法と区分所有法についてアドバイスしたいと思います。
この分野から両試験において20問程度出題されます。
できれば、8割以上は得点してください。

区分所有法と民法、さらに標準管理規約との比較から
中心に出題されます。条文をベースにした知識問題と
事例問題から構成されます。ただ、判例を題材としたり、
建替え円滑化法、被災区分所有法からの出題があった場合、
正解率は低下します。
とはいっても、ここで高得点を目指すのが合格の王道といえます。

やさしい問題や標準的な問題をしっかり得点するために
問題集の難易度A・Bの問題の正解率を上げることを目標にしてください。

また、合格カードを使って暗記も行ってください。
例えば、夜寝る前の15分間を暗記タイムとして設けて
1日あたり5~10枚をノルマにしましょう。

マンション管理士試験まであと23日
管理業務主任者試験まであと30日
がんばりましょう!

フォーサイト専任講師 窪田義幸

マンション管理士試験まであと30日
管理業務主任者試験まであと37日となりました。

先週1週間は自分が納得できる勉強ができましたでしょうか?

今回はマンション管理適正化法とマンション管理適正化指針についてアドバイスしたいと思います。
この分野から5問出題されます。
できれば、満点の5点、最低でも4点は得点してください。

マンション管理適正化法では、言葉の定義、マンション管理士制度、管理業務主任者制度、
マンション管理業務の規制が出題ポイントです。

難問が出題される可能性は低く、過去問の焼き直しがほとんどです。
ただし、ヒッカケ問題に引っかかってしまうことがありますので、
主語、述語、起算日、条件等の部分に線を引くなどして注意深く問題を読むことを
忘れないでください。

そして、マンション管理適正化指針も過去問をすべてつぶしてください。
出題されたときには必ず得点できるようにしてください。

ここで満点がとれれば合格はぐっと近づきます。
満点を取る気概をもって勉強しましょう。

ただ、テキストを読むだけはなかなか得点は伸びません。
問題をやり、該当する範囲についてテキストに戻る
という地道な作業を丹念に繰り返してください。

マンション管理士試験まであと30日
管理業務主任者試験まであと37日
がんばりましょう!

フォーサイト専任講師 窪田義幸

受講生のみなさま

マンション管理士試験まであと38日
管理業務主任者試験まであと45日となりました。

先週1週間は自分が納得できる勉強ができましたでしょうか?

10月中に、必ず模擬試験をやってください。
本試験と同じ2時間で、計ってやってください。
その場合、問50→問49→問48というように、後ろから
または、標準管理規約や標準管理委託契約書から解いてください。

問1からは区分所有法や民法からの出題のため、はじめの方に難問が続きます。
なので、問1から順に解くと、解けないためにパニックになり、確実に不合格となります。
だから、後ろから解きましょう!

ほとんどの方が合格推定点とはほど遠いと思います。
でも、それが現時点での実力なのです。

ただ、本試験までまだ時間はあります。
ここから急激に得点があがりますので、絶対にあきらめないでください。

再現問題(昨年の問題)も模擬試験の形式でやってみましょう。

特に、範囲が指定されている科目別の問題はよく解けるのに、
模擬試験の形式になると、全く解けなくなるという方がいらっしゃいます。

それは、頭の中のインデックスがうまくできていないため、
必要な知識を引っ張り出せないことが原因です。

対策としては、模擬試験形式の問題を時間を計ってやることに尽きます。

まだ、勉強がひととおり終わっていない方も、
10月中に必ず、模擬試験はやってください。
やれば、今後の勉強の指針が得られます。

結果は必ずついてきます! がんはりましょう!

フォーサイト専任講師 窪田義幸