合格体験記

合格体験記

簿記3級でDVDを先に見終えてからテキストを開いた私

簿記3級でDVDを先に見終えてからテキストを開いた私
試験の種類 日商簿記3級
性別 男性
年代 30代
職業 正社員(サラリーマン)
商品 DVD,テキスト,問題集
■3級
合格
-------------

フォーサイトに申し込んでから試験までは半年の期間がありました。しかし、ちょうどそのころ仕事が忙しかったこともあり、教材に手を付けたのは試験まですでに2ヶ月を切った頃でした。

まったく簿記の知識がない状態からのスタートでしたので、テキストだけを読んでも意味が分かりませんでした。そこで、まずは講義DVDを一気に見るということから始めました。

テキストの問題を解きながら、1項目ずつ進めていくのが本来は効果的なのだろうと思いますが、テレビとDVD機が家に1台しかないことと、PCでの再生は避けたかったので、DVDだけ先に数日かけて見終えるようにしました。これは、先に全体を把握することができたので悪くなかったです。

次に、内容の復習をするために確認テストを全て一気に解きました。テキストを見ずに解いた方がよい、とのことでしたが、この段階ではテキストを見ないとまったく解けませんでした。それでもかなり間違えました……。でも、これで少し内容を理解できたと思っています。

その後、合格問題集を前から順に解いていくことにしました。嫌になるほどいつも間違いばかりでした。「解説を読み、分からないときはテキストに戻り確認する」という作業を繰り返し、それでも分からないときは、最後の頼みとしてフォーサイトへ質問しました。質問には毎回とても詳しい解説をいただいたので、助かりました。また心強かったです。

平日は帰宅時間が遅く、夕食も含め就寝までに2時間ほどしかないことも多かったので、毎日こつこつと勉強するというのは無理でした。そこで土日には6時間~10時間くらいずつ集中してやりました。

試験1週間前には無理をしすぎて、肩凝りから頭痛がおこり、勉強できなくなるハプニングもありました。無理は禁物です。

簿記に挑戦するにあたり、すでに3級を学生時代に手にしていた友人には「簿記3級なんてパズルみたいなものだから簡単だよ」と言われ、「簿記をとったからって意味ない」と言う人もいました。始めのステップで、すでに苦しんでいた私は「自分にはむいてないのかも」と思うこともありました。しかし、それを気に病んでも仕方ありません。何かに役に立たなくたって、何もやらないよりはいいはずです。1問解けば、解く前の私より成長した自分がいるはずです。とにかく前進あるのみです。

■勉強におけるポイントは──
1.少しの時間に、1問だけでもいいので解く努力をすること。
2.テキストでの解説だけでなく、問題としてはどう出されるか、どのような出し方があるかを知っておくこと。
3.苦手な問題を書き出し、ふり返りやすくすること。
4.解答用紙のコピーをつくり、何度も挑戦できるようにすること。
5.あまり無理しすぎて体を壊さないこと。
6.絶対受かりたいという理由を持つこと。(受講料がもったいないとか、見栄を張りたいとか)
7.試験当日、残り時間がわずかでも見直しをすること。

試験当日は、試験という雰囲気に非常に緊張し、始めの点稼ぎの問題をかなり落としました。やり切ったという自信を持って試験に臨めていれば、もう少し冷静に解いていけたのではないかと思っています。

始めた時期が遅すぎて、解いていない問題が沢山ありましたが、試験ではたまたま練習した問題が出たという幸運にも恵まれたと思います。

これから挑戦しようと思っている方、頑張ってください。「合格」の文字はやはり嬉しいです。また、数学は苦手という方でも、簿記の数字マジックはとても面白いと思います。
おめでとう0

まずは実際の無料テキストを体験してください!