AFPの資格(受験資格、難易度)を詳しく知ろう! FP2級とはどう違うの?

AFPの資格(受験資格、難易度)を詳しく知ろう! FP2級とはどう違うの?

AFPの資格(受験資格、難易度)を詳しく知ろう! FP2級とはどう違うの?
目次

AFPとは?正式名称は?FP技能士1~3級との類似性

AFP(正式名称はAffiriated Financial Planner; アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)とは、日本FP協会が運営するFP資格です。アフィリエイテッドの意味は「連携」であり、何に連携するかと言うと、もちろんCFPです。「FPとして働く、もしくはFPの知識を仕事に生かそうと思うなら、AFPはぜひ取得しておきたい資格です。

FPにはいろいろな種類があって、少し複雑なので、最初の頃は、頭が混乱してしまう方も多いです。整理しておくと、FPには「FP技能士1~3級」と「AFP・CFP」という2種類の資格があります。これらの資格のレベルはそれぞれ、ほぼ類似しています。たとえば、AFPならFP技能士2級に、CFPならFP技能士1級に類似しています。FP技能士3級はAFP・CFP組とは対応していませんが、一番難易度の低い資格と考えておきましょう。

AFPとCFPの関係性

AFPとCFPは同じカテゴリに属する資格であり、CFPはAFPの上位資格です。AFPは仕事で使うのに必須の資格であり、これから金融関係の仕事に就きたい、あるいは現在の金融関係のスキルをブラッシュアップしたいというときにぜひ取得しておきたい資格です。いずれかの金融機関に勤めている方におすすめです。

これに対して、CFPは独立開業する方におすすめの資格です。CFPは高い信頼性があるうえに国際資格であるため、海外でも通用するというところが魅力的です。ただ難易度はとても高く、AFPとして相応のスキルを積んだあとでチャレンジするのが自然な流れとなります。ちなみにCFPの正式名称は「Certified Financial Planner; サーティファイド ファイナンシャル プランナー」と言います。

AFP合格後は、CFPを受ける人が多い!

AFPを取得したら、いずれは上位資格であるCFPを取得したくなるものです。

CFPを取得するためには、いくつかの条件があります。まずAFPを持っていないといけません。さらに、通算3年間の実務経験が必要です。すぐにCFPが欲しい!と思っても、「石(AFP)の上に3年」は、待たないといけないということですね。

この条件は特に厳しいものではありません。すでにAFPを持っていて、ステップアップのためにCFPというのなら、当然AFPを持っていますし、実務経験というのは、金融機関などに勤めていれば、その勤続年数が実務経験としてカウントされますので、現在のまま3年間働き続ければ自動的に条件を満たします。

大変なのは、肝心のCFPに合格するというところで、CFPは合格率が8%程度と、FP2級の合格率が40%程度であるのに比べて格段に低いです。試験は難易度もさることながら、内容についてもかなりタフなものが用意されています。試験に備え、心身ともに鍛える必要があります。

AFPの受験資格

AFPの受験資格は、以下の2つです。

  1. AFP認定研修を受けていること
  2. FP2級を取得していること

いずれにしてもこの2つが必要なのですが、研修には二通りあります。

FPの資格を何も持っていない方は、AFP認定研修の「基本課程」を受講します。
3級を受けたのち2級を受験または実務経験を経て2級を受験し、すでにFP2級を取得している場合は、「技能士課程」という、「基本課程」よりも短い期間の研修でAFP資格を受けることができます。

「技能士課程」のほうが、期間が短いので良さそうですが、初心者の方は「基本過程」で2級受験資格をまで一気に得るほうが早くたどり着けます。

FP認定研修を経てFP2級に合格したら、手続きを行い、AFPに資格登録するという流れになります。

AFPの難易度や合格率

AFPの合格率は、学科試験と実技試験の同時受験者で見ると、以下のように毎回40%前後で推移しています。学科のみ、実技のみで見ると、これよりも少し高くなります。

受験月 合格率
2018年5月 39.55%
2018年1月 42.16%
2017年9月 44.01%
2017年5月 36.07%

(公式HP 学科試験と実技試験(資産設計提案業務)の試験結果より)

AFP(FP2級)の難易度は、その合格率が40%前後であることから考えても高くないと言えます。実技試験単体受験をした人の合格率で見ると、50%に達している回もあるため、受験者の約半数が合格していることになります。

FP2級の試験は学科試験のみ、あるいは実技試験のみで受験することができます。となると、別々に試験を受けたほうが合格しやすい印象を受け、勉強もラクになりそうに思います。しかし別々に受験するのはおすすめできません。

学科と実技を分けて受けると税制が変わって大変なことに!

FP2級の試験で切り離せないのがタックスです。税制に関する問題が必ず出題されます。この税制というのは毎年改正され、毎年(毎回)の試験はその最新税制に対応した内容でつくられます。

ですから、ラクしようとして、学科試験と実技試験を別々に受けてしまうと、その間に税制が改正されてしまい、今ある知識が間違ったものになってしまうおそれがあります。学科試験を受けるときは正解だったことが、実技試験を受けるときには不正解になっている、ということもあり得ます。それを避けるためには、学科試験を受けたらいったん全部忘れ、また最新税制をチェックして、改めて覚え直さないといけません。そんなややこしいことをして、何がラクになるでしょうか。別々に受験することは控えたほうがよいでしょう。

学科試験と実技試験は、大変でも同時受験をおすすめします。

AFPとFP2級との違い

AFPとFP2級はどう違うのか?というのは、FPの資格取得を考える方の多くが疑問に思うところです。先に述べた通り、資格のレベルは同等です。

FPの資格が紛らわしいのは、一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)とNPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)という2つの指定試験機関によって運営されていることによるところも大きいでしょう。そしてCFPを除き、きんざいと日本FP協会のそれぞれが、FP技能士とAFPの2種類の資格を運営しています。ですから、どちらで受験してもAFPは取得できるわけです。このことによるメリットは、それぞれで試験内容が少し異なるのでやりやすいほうを選んで受験できること、デメリットは頭が混乱しやすいことです。

いずれにしても、AFP≒FP2級と考えて良いでしょう。ただ、若干の違いがあります。

国家資格か民間資格か

AFPとFP技能士2級の一番大きな違いは、国家資格であるかどうかという点です。FP技能士は国家資格であり、AFPは日本FP協会の運営する民間資格です。したがって、「とにかく何か資格が欲しい!」という方にとっては、FP2級のほうが魅力的に映るかもしれません。

しかし、FPの最上位資格であり、国際資格であるCFPを取得するためにはAFPを持っていないといけません。スキルアップのためにAFPを受けようか、それとも国家資格は持っておきたいからFP技能士を受けようか・・・と、多くのFP志願者が悩むところです。

しかしここも、FPならではのややこしさにより悩まされるところで、実際にはFP2級を取得すれば、AFPも取得できるシステムになっています。FPとして働くことをめざす人の多くは、FP2級とAFPを同時に取得しています。2つ同時に取得することが簡単だからです。

AFPは試験を受けなくても取得できる

AFPとFP2級の同時取得、ということはダブルライセンスです。ダブルライセンス取得というと、なんだかすごいことを成し遂げるように思えます。それなのに、なぜ簡単なのでしょうか。

それは、FP2級の試験に合格し、申請をして条件を満たせば、改めてAFPの試験を受けることなく、AFPの資格を取得できるからです。1回の受験で、2つの資格を取得できて、名刺にも2つの肩書を刷ることができます。これはうれしいですよね。

ただ、FP2級は1回合格すればずっとFP2級取得者と名乗れますが、AFPは2年ごとの更新制なので、そのまま放っておくと、資格を失ってしまうので要注意です。継続教育を受けて、知識をブラッシュアップさせ続けないといけません。

そのため、AFPは大変だな…と思われるかもしれません。しかし、FPは毎年変わる税制に対応していかなければいけない仕事ですし、FPとして働くのなら、知識のブラッシュアップは不可欠です。いずれにしても、勉強からは逃れられない仕事ですから、背中を押してくれる存在がいてラッキーだ、くらいに考えておくと良いでしょう。

AFP認定研修とは?

FPにはもう1つ制度があります。それは「AFP認定研修」です。仕組みは複雑ですが、利便性は高い制度です。通常、FP2級(AFP)を取得するためにはFP3級に合格しなければいけませんが、「AFP認定研修」を完了すれば、3級を受けずにいきなり2級を受けられるからです。

「AFP認定研修」とは、AFP受験の認定を得るためではなくて、FP2級受験の認定を得るための制度です。なぜ「FP2級スピード認定研修」ではなく「AFP認定研修」という名前になっているかと言うと、いわゆる「2級対策講座」的な内容とは違うことを勉強するからです。

「AFP認定研修」では、もちろん2級に合格できるための知識を身に付ける内容も含まれているのですが、それに加えて提案書の書き方を学ぶなど、極めて実践的な学習ができます。なぜなら、FP技能士3級、2級、1級、あるいはCFPも含めてもいいと思いますが、こうした学科試験の勉強では、知識はつけられても、実用的なスキルはつけられないからです。「AFP認定研修」なら、そこまで組み込んだ内容になっているので、FPとして仕事を始めるための準備にとても役立ちます。