FP技能士試験には受験資格がある!?それぞれの受験資格と取得しやすい方法を解説

FP技能士試験には受験資格がある!?それぞれの受験資格と取得しやすい方法を解説

「FP」はファイナンシャルプランナーの略であり、FP業務に従事する方は基本的に全員「FP」です。

「FP」に関する資格は複数ありますが、名称独占資格かつ国家資格となるのは「ファイナンシャル・プランニング技能士」のみです。

ファイナンシャル・プランニング技能士(以下・FP技能士)試験には1~3級があり、それぞれ受験資格が存在します。

この記事では1~3級の受験資格に関して解説。同時にもっとも取得しやすい受験資格に関して説明していきたいと思います。

目次

受験資格が発生するのは2級から

ファイナンシャルプランナーに関する資格には国家資格であるFP技能士資格の他にも民間資格がいろいろとあります。

この記事で紹介するのは国家資格であるFP技能士資格の受験資格に関して。ただし、この受験資格の解説においても、ほかの民間資格の名称も出てくるので、少々複雑になりますのでご注意ください。

国家資格であるFP技能士資格は1~3級の3段階となっています。

実技内容 試験実施団体
1級 資産設計提案業務 日本FP協会
資産相談業務 金融財政事情研究会
2級 資産設計提案業務 日本FP協会
個人資産相談業務 金融財政事情研究会
中小事業主資産相談業務
生保顧客資産相談業務
損保顧客資産相談業務
3級 資産設計提案業務 日本FP協会
個人資産相談業務 金融財政事情研究会
保険顧客資産相談業務

FP技能士の資格は上記の通り。級ごとに実技内容によって複数の種類があり、全部で10種類の資格があります。FP技能士試験は学科試験と実技試験に分かれますが、資格の種類により実技試験の内容が変わります。

また、試験実施団体を見ていただくと分かる通り、試験実施団体が2つあるのも特徴。このあたりもFP技能士資格の仕組みが複雑に感じられる原因かもしれません。

FP技能士資格を目指す方は、自身が受験できる級の中から、自身の業務に合った実技内容の資格を受験することになります。

例えば2級資格を目指す場合でも、生命保険会社で働く方は「生保顧客資産相談業務」を取得すべきですし、損害保険の業務に当たっている方は「損保顧客資産相談業務」が必要になります。

企業のコンサルティングを行うコンサルティング業務に従事している方は「中小事業主資産相談業務」が必要など、自身に合わせた実技内容を選びます。

肝心の受験資格に関してですが、受験資格が発生するのは2級以上の試験。3級試験は受験資格がなく、誰でも受験可能な資格となっています。

では、ここからは2級試験と1級試験の受験資格に関して詳しく解説していきたいと思います。

FP技能士2級の受験資格

まずはFP技能士2級試験の受験資格は以下の3つとなります。

・FP技能士3級の資格取得 ・2年以上のFP業務実務経験 ・AFP認定研修修了

現状この3つが受験資格の中心となります。詳細に書けばもうひとつ「金融渉外技能審査3級取得」という条件があります。

金融渉外技能審査とは、FP技能士試験が始まる前に存在した公的資格。しかしその資格試験は2001年を最後に廃止されており、現在有資格者は少ないかと思いますので割愛させていただきます。

FP技能士3級の取得

FP技能士2級の資格を目指す方の中で、現状FP関連の業務に従事していない方にとってはもっとも分かりやすい受験資格の満たし方がこのFP技能士3級の資格取得です。

上記の通りFP技能士3級の資格試験は、受験資格なしで挑戦できますので、多くの方がこのステップを踏んでFP技能士2級試験を目指しています。

FP3級試験概要
学科試験日程 例年5月・9月・1月(年3回)
学科試験時間 120分
実技試験時間 60分
学科試験出題方式・出題数 マークシート方式・60問
実技試験出題方式・出題数 マークシート方式・20問
学科試験合格ライン 60%以上
実技試験合格ライン 60%以上

ただしFP技能士3級という資格は、FP業務における基礎中の基礎。資格を取得することで、待遇が良くなったり、収入が上がるほどの資格ではありません。もちろんFP技能士2級の取得を目指す勉強を進める中で、FP技能士3級を取得するのであれば問題ありませんが、仕事に活かすつもりでのFP技能士3級取得は推奨できません。

2年以上の実務経験

すでに現状FP業務に従事しており、自身のステップアップのためや、収入アップ、待遇アップを目指してFP技能士2級の資格取得を目指す方は、その実務経験が受験資格を満たす可能性があります。FP業務に就いて2年以上の実務経験があれば、その時点で受験資格を満たします。

FP業務に従事しているものの実務経験は2年に満たない方で、2年の実務経験を積む前にFP技能士2級を取得したいという場合は、上記のFP技能士3級を取得する方法があります。

また、現在FPに関連する仕事をしていない方はこの実務経験での受験資格クリアはできないということになります。

この場合に選択できる受験資格の満たし方は2つ。ひとつはFP関連業務に従事できる仕事に転職し、2年間実務経験を積んでから受験するという方法。もうひとつは次の項で開設する方法です。

実務経験がなくても受験資格を得ることは可能です。FP関連の仕事に転職する際、FP技能士2級の資格を持っているのと持っていないのでは、求人の数も違いますし、待遇にも違いが出てきます。

よほど急ぎで転職をしたいということがなければ、次の項で説明する形で受験資格を満たし、FP技能士2級の資格を持ったうえで転職活動をすることをおすすめします。

AFP認定研修を修了

現状FP業務に従事していない方におすすめとなる受験資格の取得方法が、このAFP認定研修の修了です。AFP認定研修に関しては後に詳しく解説しますが、今の仕事を続けながらでも修了可能な研修ですので、FP技能士2級を目指す勉強をしつつ、AFP認定研修を修了するのがおすすめです。

また、すでにFP関連業務に従事している方で、実務経験2年を待たずにFP技能士2級の資格が欲しいという方も、このAFP認定研修を修了する方法で受験資格を満たすことができます。

上述の通りFP技能士3級の資格は、FP業務に従事している方にとってはさほど重要な資格ではありません。重要度の低い資格を取るよりも、さらに上を目指したいという方はAFP認定研修を修了しましょう。

AFP認定研修とは?

ここでAFP認定研修に関して簡単に解説しておきましょう。名前を見るとかなりお堅い研修のように聞こえますが、比較的受講しやすい研修になります。ただし修了は一定の知識の取得が必要となりますので、受講しやすいものの、簡単に修了できる研修ではありません。

日本FP協会が認定する研修

AFP認定研修とは、日本ファイナンシャル・プランナー協会(日本FP協会)が認定する研修で、この研修を受講し、修了することでFP技能士2級試験の受験資格を満たすことになります。

FP技能士2級の受験資格を満たすということは、この研修を受講し修了することで、FP技能士3級を取得するのと同程度の知識が身につくということ(※FP技能士3級資格が得られるわけではありません)。それだけ有意義な研修ということができます。

資格学校などで研修を受講

AFP認定研修を受講できる場所は数多く、特に資格学校や資格取得講座を開設している通信講座などで受講できます。中には「AFP認定研修兼FP2級対策講座」を提供している講座もあり、実務経験2年以上を満たすのが難しいという方は、こういった講座を活用するのも一つの方法です。

ちなみにAFP認定研修を修了するには、定期的に「提案書」を提出し、それぞれ基準点をクリアする必要があります。

提案書作成分勉強時間は延びますが、認定研修を修了していれば、後にAFP認定者としても登録が可能です。

AFPについて

「AFP」とは「アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー」の略であり、日本FP協会が認定する民間資格です。

AFPの有資格者として登録される条件は2つ。1つは「AFP認定研修の修了」、もうひとつは「FP技能士2級の取得」です。

ちょっとややこしくなりますが、仮にFP技能士2級試験受験のために、AFP認定研修を修了したという方は、FP技能士2級試験に合格した時点で登録要件を満たすことになります。日本FP協会への登録が完了すれば、FP技能士2級とAFP認定者という2つの資格を取得できるということになります。

AFP認定者になるメリットはいくつかあります。まずは日本FP協会から定期的に会報が送られてくるため、税制の変更や法改正など、仕事上メリットの大きい変化をすぐに知ることができます。

また、2年おきに研修を受け資格を更新していくことになります。一度取得すれば更新などは必要ないFP技能士資格よりもより信頼度の高い資格といえるかもしれません。

こうした内容は、金融機関や保険会社など、FPが多く従事する業界では有名であり、単にFP技能士2級のみを取得している方よりも、FP技能士2級とAFP認定の両方を持っている方の方が優遇される傾向にあります。

基本的にはAFP認定研修を修了しFP技能士2級に合格する方が中心ですが、別の受験資格を満たした方(FP技能士3級取得もしくは実務経験2年以上)は、FP技能士2級の試験に合格後、AFP研修を修了する必要があります。

FP技能士1級の受験資格【学科試験】

ここまではFP技能士2級試験の受験資格に関して解説してきました。ここからはFP技能士1級試験の受験資格に関して解説していきます。

FP技能士1級の試験は学科試験と実技試験で行われます。FP技能士2級試験も同じですが、FP技能士1級試験は、それぞれで少々受験資格に違いがありますので、学科試験と実技試験それぞれの受験資格を紹介します。

学科試験と実技試験で受験資格に違いがあるのは、試験を主催する団体が2つあり、1つの団体では学科試験と実技試験を、もうひとつの団体では実技試験のみを行っているからです。

FP技能士1級の試験を主催しているのは「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」の2団体。金融財政事情研究会では学科試験と実技試験を実施、日本FP協会では実技試験のみを実施しています。

FP技能士1級試験には2つの種類があり、「資産設計提案業務」の資格は日本FP協会の試験を、「資産相談業務」は金融財政事情研究会の試験を受験する必要があります。

それぞれの受験資格を確認していきましょう。

FP技能士2級取得+1年以上の実務経験

FP技能士試験の学科試験を受験するということは、金融財政事情研究会主催の試験で「資産相談業務」の資格取得を目指すということ。その学科試験で求められる受験資格の1つ目は、FP技能士2級の資格を取得し、さらにFP業務に1年以上従事する必要があります。

ここで勘違いしやすいポイントが、「1年以上の実務経験」という部分。FP技能士1級の受験資格と考えると、「FP技能士2級の資格を取得して以降1年間の実務経験」と考えがちですが、この実務経験のタイミングは、FP技能士2級の資格を取る前でもOK。

つまりFP業務に1年以上従事している方は、FP技能士2級の資格試験に合格した時点でFP技能士1級試験の受験資格を得ることになります。

5年以上の実務経験

実務経験という点では、FP技能士の資格を持っていない方でも、5年以上FP業務に従事している実務経験があれば、いきなりFP技能士1級の試験を受験できます。

ちなみに「実務経験」に関しては、1級2級問わずにすべて「自己申告制」です。勤務先など第三者による証明書の類は必要なく、自ら申告して受験することになります。

ちなみに実務経験とは資産の設計・運用・管理または相談業務やコンサルティング業務など。これらの業務を仕事として行った経験を実務経験としています。個人的な取り組みというのは実務に含まれませんが、個人事業主として上記のような業務を行い、対価を得ていれば実務経験となります。

あくまでも自己申告制ではありますが、後に虚偽の申告があった場合は、試験の中止や資格の取り消しとなりますので、正直な申告を行いましょう。

一般的には証券会社やクレジットカード会社、保険会社、銀行などに勤務している方、不動産会社や建設会社で土地建物取引などの相談業務を行っている方が中心となります。

ほかには税理士や弁護士などの士業で、資産運用の相談業務などを行っている方も実務経験者となります。

FP技能士1級の受験資格【実技試験】

続いて実技試験の受験資格に関して解説していきます。FP技能士1級試験の実技試験は、日本FP協会で「資産設計提案業務」を、金融財政事情研究会で「資産相談業務」の試験を行います。

それぞれの受験資格を紹介していきましょう。

1級学科試験合格者

まずは金融財政事情研究会で実施されるFP技能士1級試験の学科試験の合格者には、実技試験の受験資格があります。

これは金融財政事情研究会の実技試験だけではなく、日本FP協会の実技試験を受験する際でも受験資格を満たすことになります。

つまりFP技能士1級の試験において、金融財政事情研究会で学科試験を受けて合格し、日本FP協会の実技試験を受けるということも可能ということになります。

1級学科試験合格の有効期限は、合格した年を含めて3年間。一度学科試験に合格すれば、少なくともその後2年間は学科試験を受験することなく、実技試験のみで受験ができるということになります。

CFP認定者

CFP認定者とは、日本FP協会が認定する民間資格の認定者。イメージで言えば上で紹介したAFP認定者の上位資格となります。

AFPとの違いは、国際的に認められるという点。CFPはアジア、北米、ヨーロッパなど世界25の国や地域が導入しているライセンスであり、日本国内だけではなく世界でも活躍できる資格となります。

CFP認定者となるためにはAFP認定を受けた上で「CFP資格審査試験」に合格し、さらに日本FP協会が開催するエントリー研修を修了し、通算で3年以上の実務経験があれば認定者となることができます。

CFP資格審査試験合格者

FP技能士1級試験の実技試験の受験資格は、CFP認定者だけではなく、CFP資格審査試験に合格していれば受験資格を満たすことになります。

CFP資格審査試験は6科目。このすべての科目に合格する必要があります。

CFP資格審査試験科目
金融資産運用設計 不動産運用設計 ライフプランニング・
リタイアメントプランニング
リスクと保険 タックスプランニング 相続・事業承継設計

試験は毎年6月と11月の2度実施されます。試験への合格は6科目まとめて合格はもちろん、1科目ずつでも合格することが可能。早く取得したい方は集中して一気に取得、急いでいない、確実に合格に近づきたい方は1科目ずつなど、自分でプランを考えて受験することができます。

上記の通り日本FP協会ではFP技能士1級試験の学科試験を実施していません。考え方によってはこのCFP資格審査試験が、FP技能士1級試験の学科試験を代用しているとも言えます。

このCFP資格審査試験の合格、及びCFP認定者というのは、金融財政事情研究会の実技試験においても有効な受験資格となりますので、FP技能士1級資格と同時にCFP認定者になることも考えている方は、この受験資格を取得してFP技能士1級試験に挑戦するのがおすすめです。

金融財政事情研究会の「FP養成コース」を修了+1年以上の実務経験

最後に金融財政事情研究会が開催する「FP養成コース」を受講し修了し、時期を問わず1年以上の実務経験があるという方にもFP技能士1級試験の実技試験の受験資格が与えられます。

FP養成コースとは、正式名称を「普通職業訓練短期課程金融実務科FP養成コース」といい、金融財政事情研究会が開催している研修コース。

ただしこの受験資格は、サラリーマンの方など一般の方では満たすのが難しい条件となります。

まず受講できるのは銀行や証券会社など一部金融機関に務めている方に限られます。

さらにFP養成コースの研修実施期間は1ヶ月半。原則平日毎日9:00~17:00と丸一日講義が行われますので、まずサラリーマンの方は参加が難しいでしょう。

もうひとつの問題点は金銭面。このFP養成コース、受講料はおよそ100万円。この金額も一般人が資格取得のために捻出できる金額を超えているでしょう。

FP養成コースを修了し、FP技能士1級の学科試験を免除されて実技試験に挑むことができるのは、今勤めている企業から取得を命じられ、受講料を会社が支払ってくれる方、同時に研修期間の休業が認められる方のみでしょう。

おすすめの受験資格取得方法

ここまでFP技能士1級・2級試験の受験資格に関していろいろと解説してきました。それぞれいろいろな受験資格がありますが、実際にFP技能士試験を受験する場合、どの受験資格を目指すのがいいのかを考えてみましょう。

受験資格を考える際、大きなポイントとなるのが実務経験。そこで、現状FP業務に従事している方と、そうではない方に分けて、FP技能士2級、FP技能士1級の試験を目指すルートを考えていきます。

FP業務に従事している方

まずはすでにFP業務に従事している方。銀行や証券会社、保険会社といった金融機関や不動産会社などで、資産運用などのコンサルティング業務など、FP技能士試験における「実務」に該当するお仕事をされている方のケースを考えてみます。

実務をすでに行っている方は、その実務経験が受験資格となりますので、受験資格に関してはそこまで意識することはないでしょう。また、FP技能士3級の資格は、上でも触れたとおりそこまで業務に影響のある資格ではありません。基本的には取得せず、まずはFP技能士2級の資格取得に向けて準備しましょう。

ただし、実務経験2年以内にFP技能士2級に合格する自信があるという方、またはできるだけ早くFP技能士2級以上の資格を取得したいという方は、2年間の実務経験は考えず、2年以内にFP技能士3級に合格し、FP2級の受験資格を満たす方法もあります。

この場合FP技能士3級資格ではなく、AFP認定研修を修了させてもOK。AFP、CFPという資格にも興味があるという方は、FP技能士3級試験ではなく、AFP認定研修を修了させてしまうのがおすすめです。

FP技能士1級試験の学科試験の受験資格は「FP技能士2級資格取得+実務経験1年以上」ですので、FP技能士2級資格を取得した時点で実務経験が1年以上あれば、すぐにでも1級学科試験に挑戦可能です。

FP技能士1級試験に関しては、試験の難易度がかなり高くなります。FP技能士2級資格でも業務上は十分かと思いますので、FP技能士2級の資格を持ちながら働き、しっかりと1級の学科試験対策の勉強を続けましょう。

FP業務に従事していない方

現状FP業務に就いていない方、FP技能士の資格を取得し、FP関連業務を行う仕事への転職を考えている方などは、「実務経験」を受験資格にできません。

FP技能士2級試験に受験するためには、FP技能士3級の資格を取得するか、AFP認定研修を修了するしかありません。

FP技能士2級試験の前に、まずは3級を取得したいという方は3級資格取得を目指しましょう。3級取得のための勉強は2級試験にも大いに役立ちますので、まったく無駄な作業ではありません。

FP技能士3級を取得する手間を省きたいという方は、AFP認定研修を受講し修了するのがおすすめ。ほかの仕事をしながらでも十分修了できる研修ですし、通信講座の認定研修を受講すればどこかの学校などに通う必要もありません。

FP技能士2級の資格があればFP業務でも大いに役立ちますし、転職でも十分に役立つ資格となります。2級合格後はFPの実務を行いながら1級を目指すという方は、上記の通りの手順で目指すといいでしょう。

FP関連業務に就かずに一気にFP技能士1級を目指したいという方は、受験資格を得なければいけません。実務経験を受験資格にできませんので、CFP関連の受験資格を目指すことになります。

まずは日本FP協会でAFP認定者としての登録を済ませ、後はCFP資格審査試験6科目の全科目合格を目指しましょう。全科目合格が叶えば、日本FP協会はもちろん、金融財政事情研究会でもFP技能士1級の実技試験が受験可能となります。

AFP認定研修+2級試験対策講座がおすすめ

FP技能士の資格は2級以上であれば仕事の現場でも即戦力として認められる資格です。ただし3級でも実務上大きなプラスがあるとは言い難く、取得するかどうかは個人の自由というレベル。取得を推奨することはありませんが、取得したいという方を止めることもない。そんな資格となります。

2級以上を受験する場合は、受験資格をしっかりと満たし、さらに十分な対策をする必要があります。

そこでおすすめしたいのが「AFP認定研修」でありかつ「FP技能士2級試験対策講座」でもある講座の受講です。

FP技能士2級の受験資格も取得可能

AFP認定研修は、日本FP協会が認定している学校、資格学校、通信講座などで受講ができる研修です。日本FP協会が認定している主な資格学校や通信講座は以下の通り。

日本FP協会認定の主な資格学校&通信講座
ユーキャン
(通信)
フォーサイト
(通信)
資格の大原
(通信・通学)
ヒューマンアカデミー
(通信・通学)
資格の学校TAC
(通信・通学)
資格スクール大栄
(通信・通学)
日建学院
(通信・通学)
LEC東京リーガルマインド
(通信・通学)

こういった資格学校や通信講座の中には、「AFP認定研修」と「FP技能士2級試験対策講座」が一緒になっている講座があります。

つまりそういった講座を選べば受験資格を満たしていない方でも、受験資格を満たしつつさらに2級試験の対策ができるということになります。

すべての資格学校や通信講座でAFP認定研修兼FP技能士2級対策講座を開講しているわけではないので注意。中にはFP技能士2級試験合格者を対象に、AFP認定研修のみを開講している学校もあります。

FP関連の業務に就いた経験がなく、FP技能士2級資格を目指したいという方は、AFP認定研修兼FP技能士2級対策講座を探して受講するのがもっとも時間を掛けずに目指せる方法といえるでしょう。

2級を取得して実務経験を積むのが1級への近道

FP技能士資格は2級で十分実用的な資格です。2級を取得していれば、職場での待遇アップ、収入アップを目指しますし、これからFP関連の業界への転職を目指す方も転職活動で有利になるでしょう。

FP技能士1級の資格はもちろん持っていればより心強い資格ですが、そこまで目指すかどうかは自由。2級までと決めてあとは仕事に集中するのもいいですし、更なるステップアップで1級を目指すのもいいでしょう。

上でも少し触れましたが、FP技能士1級の受験資格は実務経験なしでも取得可能です。しかし、せっかく2級の資格を取得したのであれば、FP関連の仕事に就きながら、1級を目指すのがおすすめ。2級の資格を十分に生かすのがいいでしょう。

FP技能士1級の資格試験はかなり難関試験となります。受験資格は実務経験5年以上ですので、FP2級の資格を活用しながらじっくり実務経験を積み、実務経験で受験資格を満たしてから挑戦するのがおすすめです。

まとめ

FP技能士1級・2級試験には受験資格があり、3級試験には受験資格はありません。

受験資格は学歴とは無関係ですので、社会人の方でも十分に取得可能です。

★FP技能士2級試験の受験資格

  • FP技能士3級取得
  • 実務経験2年以上
  • AFP認定研修修了

FP関連の業務に従事している方は実務経験でクリアできるケースもありますが、そうではない方、もしくは2年以内に取得したいという方は、3級を取得するかAFP認定研修を修了させる必要があります。

おすすめは通信講座などで「AFP認定研修兼FP技能士2級試験対策講座」を受講すること。こういった講座を受講すれば、FP技能士2級試験の受験資格を満たしつつ、効率よく2級試験対策の勉強をすることができます。

★FP技能士1級【学科】試験の受験資格

  • FP技能士2級取得+実務経験1年以上
  • 実務経験5年以上
  • AFP認定研修修了

★FP技能士1級【実技】試験の受験資格

  • FP技能士1級学科試験合格
  • CFP認定者
  • CFP資格審査試験合格

FP技能士1級試験の受験資格は、学科試験と実技試験でそれぞれ設定されています。学科試験を受験するにはいずれにせよ実務経験が必要ということになります。

ただし、実技試験の受験資格である「CFP認定者」、「CFP資格審査試験合格」のいずれかを満たせば、学科試験は免除され実技試験を受験することができます。実務経験がない方はこの方法を選びましょう。

FP技能士試験は、実施団体が2つ(日本FP協会・金融財政事情研究会)存在し、またFP技能士資格と非常に繋がりが強い民間資格(AFP・CFP)が存在するため、なかなか複雑になっています。

自分の状況にあった道筋で上位の資格を目指せるよう、受験資格をしっかりと把握して準備しましょう。