ITパスポート試験合格に向けて必要な勉強時間は?詳しくご紹介

ITパスポートがほしくても、必要な勉強時間がわからず悩んでいませんか。この資格試験の合格には約100~180時間の勉強が必要とされます。しかし1日2時間かければ、3ヵ月で充分な準備を整えられるでしょう。

今回はITパスポートの資格を取りたい方のために、勉強時間の詳細をまとめました。効率的に学習を進めるポイントも挙げるので、ぜひ確かめてください。これを読めばITパスポート試験の準備につながるヒントを学べます。

目次

ITパスポート試験の勉強時間は?

ITパスポートの試験に合格するには、一般的に約100~180時間は必要とされます。しかし初学者だと最大約200時間かかるケースもあるでしょう。事前の予備知識次第で、勉強時間も左右される印象です。学習にかかる時間の相場について解説します。

一般的な勉強時間の相場は約100~180時間

ITパスポート合格に必要な勉強時間は、約100~180時間とされます。IT系資格としては入門レベルなので、これでもまだ短い方です。基本情報技術者試験なら初学者の場合約200時間、応用情報技術者試験なら約500時間の勉強が必要になります。

ITパスポートの場合、ITの基礎知識があれば、100時間前後でマスターできるでしょう。初学者でも約180時間で大部分を覚えられるとされます。こちらを前提に、勉強計画を組むとよいでしょう。

ただしここでの約100~180時間という数字は、あくまでも目安です。予備知識や学習効率によって、合格までの勉強時間は前後します。ITの知識に自信がなければ、少し余裕を見て200時間分の計画を組んだ方が得策です。

いずれにしても合格に向けては、勉強時間相場に合わせた学習計画を組みましょう。

理解度によって学習時間は変わる

学習開始前におけるITへの理解度が、最終的な勉強時間を左右します。予備知識があれば、ITパスポート試験のテキストに知っているものがあるでしょう。このように初めて覚えるものが少なければ、勉強時間が短くて済みます。

ITの基礎知識があれば約50時間で合格できる可能性もあるでしょう。IT関連の職場でアルバイトをしたり、正社員になったことがあるなら有利です。ITパスポートの試験内容に、過去の知識で対処できるものが見つかるかもしれません。

一方で初学者だと、最大で約200時間かかるケースもあります。趣味やサービスを受ける目的でしか、パソコンやスマートフォンに触れたことがない方もいるでしょう。その場合はたくさんの専門的知識を覚えなければならず、苦戦も予想されます。このように予備知識は、学習の進捗に影響することに気をつけてください。

ITパスポートの最短勉強時間について

ITパスポート試験の最短合格を目指すなら、学習時間の短縮を狙ってもよいでしょう。しかしそれには予備知識が重要です。ただしそれがなくても通信講座の選び方によって、効率的に学習できる可能性もあります。最短合格を目指すためのポイントをまとめました。

予備知識がないと学習時間の短縮は難しい

ITパスポートの予備知識がないと、どうしても学習に時間がかかるでしょう。資格試験合格には、正しい知識の理解が必要だからです。

それまでITの専門的知識がない場合、覚えなければいけないことが多いといえます。専門用語や見たことのない知識が多い場合、初学者は苦戦するでしょう。

重要情報の正しい認識も大切です。要点について間違って覚えていると、試験本番で損をします。ITパスポートの問題には、複数の知識を応用しながら答えるものもあるのです。間違った認識が、幅広い分野に悪影響を与えるでしょう。以上から効率的な学習には、正しい予備知識が関係します。

ITの予備知識があれば学習時間の短縮が可能

予備知識があれば、比較的短い勉強時間でITパスポートに合格できます。あらかじめ知っていることのおかげで、専門的な用語や知識に対処できるためです。これによって効率的な勉強ができるでしょう。

たとえば経営やシステム戦略に携わったことがある方は、ストラテジ系の予備知識があります。その分野について、簡単に対処できる問題が多いでしょう。このように得意分野があると、集中して点数を稼げます。

予備知識があるほど、新しく覚えるべきものが少ないのがポイントです。事前に知っていることがあれば、結果的に勉強時間が短くなるからです。予備知識によって学習量が少なければ、簡単に合格できる可能性もあります。

通信講座で効率的な学習の可能性

良質な通信講座によって、勉強時間を短縮できるでしょう。便利なコンテンツのおかげで、効率的に学習を進められるからです。もし勉強の進め方がわからないときは、通信講座に頼ってみませんか。

たとえば通信講座にもテキストがあります。フルカラーや図解入りなら、重要なポイントを理解しやすいといえます。活字以外の情報は、知識の補強に役立つからです。

授業動画にも注目してください。実績のある講師によるわかりやすい授業なら、難しいポイントも覚えやすいからです。わからないポイントも2~3度見返すことで、納得できるでしょう。このように通信講座は、初学者による効率的な学習に効果的です。

ITパスポートの勉強時間をほかの資格と比較

ITパスポートの難易度を知るには、ほかの資格試験との比較が重要です。ほかの資格よりどれだけ勉強時間が短いか、または長いかによって、試験の難しさを想定できます。ここではほかのIT系資格と勉強時間を比べてみました。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、プロのエンジニアになるための登竜門といわれています。IT関連の基本的知識や技能を証明するための資格だからです。情報処理技術者試験の区分において、ITパスポートの一段上にあたります。

基本情報技術者試験の勉強時間は、約200時間とされます。ITパスポートは約100~180時間で一発合格の可能性があるため、こちらの方が簡単でしょう。基本情報技術者試験はランクが一段高いぶん、準備期間もやや長くなる印象です。

IT初心者によっては、いきなり基本情報技術者試験から挑むこともあります。IT系資格としてはやや難しいでしょう。知識に自信がなければITパスポートから始めた方がよさそうです。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、IT系資格としても上位に入ります。情報技術戦略において、重要な役割を果たすスキルを証明する資格だからです。一方で取得すれば、社会的ステータスにもつながり、就職や転職、実務などで役に立つでしょう。

初学者の場合、約500時間の学習が必要です。IT系の予備知識がないと、かなり苦戦するでしょう。必然的に準備期間も長くなり、モチベーションの維持も課題です。

しかし基本情報技術者試験の合格者なら、約200時間で合格できる可能性があります。資格取得によって、基礎知識ができあがっているからです。基礎知識のおかげで、応用問題にも冷静に対処できるでしょう。

いずれにしても応用情報技術者試験は、IT系資格としてもランクが高いため、ITパスポートよりかなり難しい印象です。

ITパスポートの学習計画の立て方

ITパスポートに限らず、資格試験合格には学習計画が重要です。大まかな計画を立ててから、1日単位でどうするかを考えましょう。計画は決まった範囲に予定を詰め込みすぎず、ある程度のゆとりをもたせてください。学習計画の立て方について、以下で解説します。

大まかな学習スケジュールを立てよう

ITパスポートの学習を始める前に、大まかな計画を立ててください。スケジュールに応じて、特定分野にどれだけの期間をかければよいかを意識するためです。試験科目の学習タイミングの可視化により、そのときやるべきことがわかります。

試験本番からの逆算により、学習期間を設けてください。そこからどの時期に何を勉強するかを決めるのです。

具体的にはテキストや過去問だけでなく、模試を受ける時間を設けてください。さらに模試の結果において苦手な分野がわかるため、それを改善するための時間も作る必要があります。

このように学習時間でやることは、新しいものを覚えるだけではありません。一度勉強したことの復習や模試、試験情報の把握なども考えます。以上も含めて、いつ何をやるかを計画していきましょう。

計画は1日単位が望ましい

試験計画は、1日単位まで決めるのが望ましいといえます。大まかなスケジュールを決めたら、1日単位で何をやっていくかを定めてください。ここまで決めれば、日によってやるべきことがわかりやすくなります。

細かい計画により、勉強しなければというプレッシャーを感じられます。ほどよいプレッシャーが、学習へのモチベーションをかき立てるのです。毎日何となく勉強するだけでは、学習の充実度を実感できず、挫折につながるかもしれません。想定より習熟度が低いとわかったときの軌道修正も大変です。

また計画を順調に消化していくには、勉強する時間帯の固定も重要です。そのときに必ず勉強すると決めれば、予定が崩れるリスクを最小限に抑えられます。たとえば起床後の1時間と寝る前の1時間、昼休みの1時間と決めれば、勉強のために3時間を確保可能です。

このように大まかな計画だけでなく、1日単位で何をすべきかを決めておくと、毎日すぐに勉強へ取りかかれます。

計画にゆとりを設ける

勉強計画にはゆとりも大切です。限られた時間に予定を詰め込みすぎると、計画どおりに行かなかったときが大変になります。計画の修正に時間を取られたり、本番まで勉強が間に合わなかったりするからです。

たとえば1週間に1日のように、休みや補習の時間を設けましょう。息抜きの時間を作れば、気分をリフレッシュさせられます。補習時間は計画どおりに勉強できなかったときの予備にもなるのです。このように計画どおりにいかないケースを想定してください。

最初から勉強期間が短すぎると、予定を詰め込むことになります。仕事や体調不良などで、計画変更を迫られる可能性もあるでしょう。そのときに備えて、勉強計画には休みや予備の時間も設けてください。

ITパスポートの科目別学習ポイント

ITパスポートには以下の3つの分野があります。

  • ストラテジー
  • マネジメント
  • テクノロジ

以上の3分野において、それぞれ勉強で注意すべきポイントがあるのです。効率的な学習のために、それぞれ気をつけるべき点をまとめました。

ストラテジ系

ストラテジ系は、ITを使った経営手法に関する分野です。過去問から要点をつかむことに専念してください。何度も解くことで、経営戦略における重要点がわかるからです。

ストラテジ系でとくに気をつけるべき点は計算問題です。計算に試験時間を取られるリスクもあるうえ、当日計算機は使えません。試験勉強の段階で計算の練習を重ねておきましょう。

とくに損益分岐点売上高は重要です。ビジネス業界ではBEP(Break Even Point)と呼ばれます。BEPは経営のためにかけた出費と、収益が等しい状態を指します。出費分を利益で補うためのノルマと考えてください。

ほかにもCSR(Corporate Social Responsibility)のように、アルファベットの略語も覚えておきましょう。企業活動ではアルファベットなどによる略語が見られるためです。勉強だけでなく実務にも対応できるように、ストラテジ系の学習はじっくりと進めましょう。

マネジメント系

マネジメント系は、システム開発技術や監査、プロジェクト成功に向けた必要作業などを問います。攻略には過去問が重要です。ただ使うだけでなく、出題手法やプロセスの流れを確かめながら解いたり、解説を見たりしましょう。

とくにプロジェクトの流れをひととおり覚えることが大切です。これはグループ業務おける基礎的な部分になります。実務との関係性を意識すると、わかりやすいでしょう。

またスキマ時間に頻出用語を見る習慣をつけてください。マネジメント系の専門用語は、IT業務の効率化やサービス向上にも役立ちます。マネジメント系の問題全般に対応できるように、業務プロセスや専門用語の学習はとくに大切です。

テクノロジ系

テクノロジ系はITにおける基礎理論に加え、コンピューターシステムや技術要素を問います。3科目のなかで問題数が多く、要点理解にも時間がかかるでしょう。そのため学習計画では、テクノロジ系にかける時間を比較的多めにしてください。

テクノロジ系の特徴は、用語問題の割合が大きいことです。単語ごとにひとつひとつを理解していきましょう。たとえば通勤時間や寝る前のちょっとした時間に、単語を覚える習慣をつければ、効率的に用語を理解できます。

出題範囲の広さから、本番での時間配分にも注意です。1問あたりの回答時間をなるべく縮められるよう、過去問を通して練習してください。このようにテクノロジ系では、過去問を通した要点理解と、スピーディな回答の練習に力を入れましょう。

短時間で効率的に勉強する方法

ITパスポート試験合格に向けて、短時間で効率的に学習を進める方法を紹介します。これを覚えれば、限られた時間でも学習量を高められ、充実した日々を過ごせるでしょう。テキストの辞書としての活用や、短時間勉強のルーティン化などが重要です。

効率的な学習のポイントを、以下に4つ紹介します。

テキストや過去問解説を辞書として使う

テキストや過去問解説を辞書として使ってみると、効率的に学習を進められるでしょう。問題の正解や誤答に対する解説を、辞書でいう言葉の定義に見立てるのです。このスタンスで要点をひとつずつ覚えていけば、IT知識が定着します。

四肢択一の問題に対する解説の読み込みは、とくに重要です。選択肢のある問題は、正誤を素早く見分けるように練習してください。以上の積み重ねによって、数秒で正解を見分けるテクニックを得られます。

テキストを辞書のように使うのは、正解や不正解の理由を通した要点学習が目的です。正誤判別の練習を毎日繰り返しましょう。

単語理解の時間を設ける

ITパスポートの効率的な学習には、単語理解が重要です。単語学習の時間をある程度設けましょう。わからない単語が多いと、問題の大部分をうまく解けないおそれがあります。

英検やTOEICにおける英単語のように、ITパスポートでも専門用語の理解が大切です。定義だけでなく、どのような場面で使われたり、重要になったりするかをチェックしてください。ITパスポート試験でもこの積み重ねによって、あらゆる問題を理解できるようになります。

専門用語の理解は、資格試験における基礎です。ITパスポート試験に対応できるように、毎日10~30分程度でも単語理解の時間を設けましょう。毎日の繰り返しによって、ITの基礎知識をマスターしていけます。

短時間勉強をルーティン化する

短時間勉強のルーティン化が、効率的な学習に役立ちます。短い勉強をいくつも積み重ねることで、モチベーションを保ちやすいからです。

たとえば夜にまとめて3時間やるよりも、朝、昼、夜に1時間ずつ進める方が効率的といえます。起床後の1時間、昼休みや通勤時間で合計1時間分、寝る前に1時間勉強すれば、3時間できるのです。とくに寝る前の学習は、記憶定着につながりやすいといえます。

また通信講座を受けていれば、電車に乗っている間の学習アプリ活用がおすすめです。講座によっては、ひとつ10分から15分程度しかない動画があります。少ししか空き時間がなくても、ムダなく活用できるでしょう。このように小刻みな勉強のルーティン化が、学習生活を充実させます。

ポモドーロテクニックを使う

ポモドーロテクニックのおかげで、資格試験の勉強時間を有意義に過ごせるでしょう。これは25分作業と5分休憩の組み合わせを4回繰り返すというルールです。4回こなしたら30分間の休憩をし、また1回目の25分作業から始めます。時間が許す限り続けてみましょう。

ポモドーロテクニックは、1回あたりの勉強時間が30分に満たないことがポイントです。少しずつの積み重ねを意識すれば、モチベーションを保ちやすいといえます。一方で25分しかないので、ひとつでも多くこなそうというプレッシャーも感じられるでしょう。

ポモドーロテクニックは勉強だけでなく仕事にも生かせられます。今後のキャリアメイクのためにも、ぜひ体になじませておきましょう。

ITパスポート学習のための効率的なテキストの使い方

ITパスポート試験に合格するには、テキストの使い方も大切です。たとえば過去問からの正解パターンの確認をしておきましょう。ほかにも重要箇所や苦手部分の重点的な学習が見逃せません。テキストの活用法について、以下に詳細を解説します。

過去問から正解パターンをチェック

ほかの資格試験と同じく、ITパスポートでも過去問の活用が重要です。資格試験では毎回頻繁に使われる題材があります。ITパスポートでも過去問から正しい解き方を学ぶことで、得点力を上げられるでしょう。

過去問を何回分も解いていくと、よく問われる題材がわかります。何度も見たことがある題材は、自然と理解力が高まっていくのです。

初めて過去問を解くときは何もわからないことがあるでしょう。しかし過去問を解いていき、そのたびに正解や解説を確認することで、知識を育てられます。

正解か不正解で一喜一憂しないことが大切です。解説からなぜ正しいか、または間違いなのかを見ていき、知識定着に専念してください。

重要箇所に注目

ITパスポートでは、重要箇所に注目してください。過去問によく出るポイントは、本番でも問われる可能性があるからです。

過去問やテキストでは、重要箇所を強調するケースがあります。そのため漠然と読み進めるよりも、要点への強い意識が大切です。

とくに大切だと思ったポイントは、一度読み返してください。重要箇所を使った問題を想像すると、知識にしやすいといえます。このように重要箇所に注目するクセが、要点理解につながるのです。

苦手な箇所は何度も読み返す

試験勉強では苦手箇所の克服が重要です。不得意な部分でも何度も読み返せば、要点が記憶に定着しやすくなります。苦手部分は学習中の覚えづらさでわかるでしょう。模試や過去問で不正解が多かった部分も、大きな課題になります。

不得意な部分については、最初に間違えた問題の解説をノートにまとめてください。学習過程で確認を繰り返せば、少しずつ克服していけます。ほかにも間違えた問題をマークし、解きなおすやり方も有用です。このように苦手な箇所は根気よく見直すことで、乗り越えられるでしょう。

ITパスポート学習のための効率的な通信講座の使い方

ITパスポートに合格するなら、通信講座を使ってみませんか。効率的な活用により、合格へ近づけるからです。たとえばイラストや図表のあるテキストを読んだり、わからない部分を動画で何度もチェックすることで、知識を得られます。効率的な通信講座の使い方について、以下にまとめました。

テキストのイラストや図表に注目

通信講座にもテキストがあります。こちらにイラストや図表がふんだんに盛り込まれていれば、資格試験の内容を理解しやすいでしょう。テキストが便利なほど、勉強に前向きな気持ちになれます。

図表やイラストは、重要箇所の強調が主な目的です。活字以外の情報を確かめることで、ITパスポートの知識も正しく覚えられます。

以上から絵や図、画像などの情報と合わせて、要点を覚えることが大切です。わかりづらい部分は、画像や図を重点的に確かめましょう。

わからない部分は動画で何度も見返す

資格試験における苦手分野は、動画の活用で克服可能です。何度も動画を見返すことで、知識を覚えやすいといえます。

通信講座の動画解説は、何度も視聴可能です。通学講座による授業では、大切な話をうっかり聞き逃すかもしれません。しかし動画では再生をやり直すことで、要点を何度もチェックできます。

通信講座では講師との直接的なコミュニケーションも可能です。わからない部分を質問し、答えをもらうことで納得できるでしょう。このように通信講座は、わからない部分を繰り返しチェックできるのがメリットです。

スキマ時間を積極的に使う

通信講座ではスキマ時間の活用が重要です。それに対応できるように、少しの時間でも勉強できるコンテンツが揃っています。

たとえば授業動画は、一単元あたりの再生時間が短いのが特徴です。10分から15分が相場といえます。このような動画を使えば、昼休みの少しだけ空いている時間でも最後まで見られるでしょう。

ほかにはゲーム感覚で臨めるテストにも注目してください。スマートフォンアプリならではの楽しい仕掛けで、勉強がはかどるでしょう。このようにスキマ時間はネットやアプリによる学習で充実させてください。

まとめ

ITパスポートの勉強時間は約100~180時間が相場です。初学者は勉強時間が長くかかるかもしれません。それでも1日2時間勉強を続ければ、3カ月で充分な準備ができます。一方でITの実務歴や、以前の学習経験があったりすれば、100時間より短い勉強でも合格できるかもしれません。

効率的に勉強を進めるには、テキストや通信講座の使い方が重要です。テキストだけでなく過去問を何度も解いたり、苦手部分を扱った授業動画を何度も見返したりしましょう。

ほかにも学習前はスケジュール構成が重要になります。勉強時間の確保だけでなく、どの時期に何をやるかまで決めれば、スムーズに学習へ取りかかれます。このように勉強しやすい環境づくりも、ITパスポート試験合格に大切です。スケジュールをもとにした効率的な学習で、ITの基礎知識をマスターしましょう。