マンション管理士の資格は、就職・転職に有利!?

マンション管理士の資格は、就職・転職に有利!?

就職・転職に有利!?マンション管理士の資格を取ろう

マンション管理士の資格を持っていれば、不動産業界へ就職や転職する際に有利だといわれています。また、資格取得を推奨している会社や、昇進や昇給の条件としている会社もあります。

中には、試験内容に共通する部分が多く難易度もやさしい「管理業務主任者」の資格を先に取得してからマンション管理士を受験する人も少なくありません。資格を取得することで、どんな現場でそのスキルを活かせるのか探ってみましょう。

目次

不動産関連業界には必須!就職に有利なマンション管理士

マンション管理士の勤務先で最も多いのが、マンション管理を専門に行っている事業者「マンション管理会社」です。マンション管理士は、同じ系統の資格である「宅地建物取引士」や「管理業務主任者」のように、「業務独占資格(※)」ではありません。

しかし、マンション管理士は、宅地建物取引士や管理業務主任者よりも難易度が高いため、取得していると高い評価を受けることもあります。そのため、マンション管理会社への就職や転職を考えているのであれば、取得しておくと有利になる資格と言えるでしょう。

※業務独占資格:資格を所有している人しかできない業務(弁護士・医師・薬剤師ほか)

マンション管理士の需要は?求人を募集している会社・職場とは

マンション管理士の資格保有者に対して需要があるのは、以下のような会社や職場です。

マンション管理会社

マンション管理会社は、分譲マンションの購入者(区分所有者)全員で構成する「マンション管理組合」より委託された管理業務を行う会社です。日本では、国内の90%のマンション管理組合が、管理会社に業務を委託しているといわれています。

マンション管理士は、総会などの運営・管理規約の見直しや改正・修繕工事に関する諸手続き・住民トラブルの解決や、居住空間を快適に保つと共にマンションの価値が下がることを防ぐのも仕事です。

不動産会社やデベロッパー

最近、街の不動産会社などによるマンション管理業への参入が始まっています。もともと、賃貸物件の管理は不動産会社でも行っていたものの、分譲マンション管理にも範囲を広げています。

新築の分譲マンションの場合、デベロッパー指定の大手マンション管理会社が管理を行いますが、年月の経過と共にマンション管理組合が管理会社を変更するケースも増えています。大手の管理会社よりも、親切丁寧な「街の不動産屋さん」のスタッフのほうが何かと頼みやすく親しみやすいという理由もあるようです。

未経験・60歳以上でも大丈夫?マンション管理士

マンション管理士の資格を取得しても、未経験者や60歳以上の人でも仕事はできるのでしょうか。マンション管理士は、前項でも取り上げたようにマンション管理会社や不動産会社などの社員や契約社員として働くケースと、独立開業するケースがあります。

マンション管理士の未経験者の求人はある?

マンション管理士は2001年に始まったまだ歴史の浅い資格なので、会社内マンション管理士の場合、40代〜50代がといった年代の方々が占めています。また、20代〜30代のマンション管理士は全体数が少なく、就職希望者の大部分が未経験者になります。

最近、マンション管理会社や不動産会社では「未経験者可」の求人を行っているところも多く、キャリアを積んだ世代の人による若手の育成も積極的に行われています。なお、入社してから資格を取得することもできるものの、事前にマンション管理士の資格を取得しておけば、自信を持って自分のスキルをアピールすることができます。

60歳以上の人でもマンション管理士になれる?

マンション管理士は、国家資格の中でも受験者・合格者ともに40歳以上が多いのが特徴です。そして、シニア世代の定年後の資格として人気があります。実際にマンション管理士として働いている方の中には、60代〜70代で働いている人もいます。

マンション管理士は、マンションの管理・維持に携わるため、仕事内容は実に多岐に渡ります。その中でも、「住民同士のトラブル解消」は難易度が高い業務となります。そのため、社会人として多くの人生経験を積み、他人とのコミュニケーションの取り方にも慣れている中高年は歓迎される傾向にあります。

マンション管理士と併せて持つとより有利になる資格とは

就職・転職をする際に、マンション管理士以外にも取得しておいた方が良い資格には、どのようなものがあるのでしょうか。

会社内マンション管理士の場合

マンション管理会社や不動産会社などに就職・転職する場合は、宅地建物取引士や管理業務主任者の資格も持っていると、さらに有利になるでしょう。マンション管理士の試験は管理業務主任者の試験と共通する部分もあり、最初からダブルライセンスを狙って受験をする人もいます。

また、比較的難易度の低い管理業務主任者の資格を先に取り、民法や不動産関連の知識を積んでからマンション管理士の資格に挑戦する人も多いようです。さらに、これから本格的な高齢化社会を迎えるにあたり、福祉住環境コーディネーターなどの資格も役立つでしょう。

マンション管理士として独立する場合

マンション管理士の資格だけで、独立を開業して稼ぐのは難しいでしょう。実際に活躍して安定した収入を上げている人は、マンション管理士の仕事だけではなく、関連資格も取得して仕事の幅を広げているケースが多くみられます。

なお、前述した宅地建物取引士や管理業務主任者の資格以外にも、以下の資格は独立開業時の強い味方になるでしょう。

  • 行政書士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 司法書士
  • 建築士

これらの資格や経験を併せ持っていると、より顧客にアピールすることができます。

マンション管理士と管理業務主任者は両方取得したほうが得!?

マンション管理組合のコンサルタントとしてサポートするマンション管理士と、マンション管理会社の社員としてマンションの管理業務を行う管理業務主任者は、マンションの保全や修繕に関わる仕事ですが立ち位置は異なります。

しかしながら、管理業務主任者は「管理会社に設置することが義務付けられている」ので、資格保持者へのニーズは安定しています。また、両方の資格を取得すると、管理組合サイドと管理会社サイドの両面から業務を考えることができるでしょう。

さらに、試験範囲も共通する部分があるため、ダブルライセンスに挑戦する人も少なくありません。

マンション管理士資格を就職や転職に活かそう!

マンション管理士の資格を取得しても、果たして就職や転職に役立つのだろうかと、心配する方もいるでしょう。しかし、これからのマンション事情を考えると、マンションの維持・修繕・運営のプロであるマンション管理士のニーズの増加は必須とも言われています。

また、中高年層の求人も多く、知識だけではなく経験や実績が必要な仕事なので長く続けられるのも魅力です。さらに、他の資格も併せて取得すれば、独立開業のための力強い武器になるでしょう。