インテリアコーディネーター講座の講師ブログ
自然換気と機械換気

みなさん、こんにちは。
IC講座担当講師の鈴木です。

なぜ換気が必要なのか?どのぐらい換気すればいいのか?の基本的なところは再確認できたと思います。換気の最後は、換気方法についてです。

換気方法は、①自然換気、②機械換気 の2種類です。
①自然換気には、外部風の高圧の風上から低圧の風下への流れを利用した「風力換気」と、暖かい空気は上昇・冷たい空気は下降する力を利用した「温度差換気」があります。風力換気の換気量は、開口部の開放面積・外部風速に比例します。温度差換気の換気量は、開口面積・給気口と排気口の高さの差の平方根・内外の温度差の平方根に比例します。どのような条件の時に換気量が多くなるのかというのを理解して下さい。
②機械換気には、吸気と排気用の送風機(ファン)の設置の仕方で「第1種換気設備」「第2種換気設備」「第3種換気設備」の3種類あります。第1種は給気・排気共に送風機、第2種は給気のみ送風機(排気は自然排気)、第3種は排気のみ送付機(給気は自然給気)を使う換気です。1、2、3種のそれぞれどこに送風機を使うのか間違えないようにして下さい。3種は排気が送付機で、臭いが他の室に伝わりにくいので台所やトイレの換気方法です。『3種はトイレ』と覚えておくと忘れにくいです。

ある時期から応用勉強試中心になっていると思うので、試験直前に基本を押さえ直すというのも一つの方法だと思います。

それではこのあたりで、また!

換気量と換気回数の計算

みなさん、こんにちは。
IC講座担当講師の鈴木です。

今回は、室内空気を清浄に保つために、汚染された空気を排出して清浄な空気を取り入れる換気について再確認します。

室空気の汚染濃度を許容値以下に維持するのに必要最低限の換気量を「必要換気量」と言います。必要換気量は室の用途、汚染物質の発生程度、在室者数や活動状況などにより変わります。では、『24㎥の室に、安静状態(二酸化炭素発生量0,013㎥/h)の在室者が一人、外気の二酸化炭素濃度350ppm』の時の必要換気量を計算しましょう。室内汚染の指標には二酸化炭素濃度を使うので、許容濃度は1000ppmです。
必要換気量=0,013/(1000−350)×10-6=20㎥/h
(ppmの単位は1,0×10-6に注意して下さい)
この室を二酸化炭素許容濃度1000ppmとするための必要換気量は20㎥/hとなります。
次に、この室の換気回数は、1時間あたりの換気量を室の容積で割ったものなので、
換気回数=20/24≒0.83回/h
1時間に0.83回なので、1時間に1回室の空気を入れ替えれば十分ということになります。

室容積、在室者数、在室者の状態、外気の二酸化炭素濃度は、状況で変化します。二酸化炭素許容濃度1000ppmと、公式を覚えておけば、必要換気量と換気回数を出すことができます。

それではこのあたりで、また!

室内汚染

みなさん、こんにちは。
IC講座担当講師の鈴木です。

今年度の試験日10月10日まで、あと1ヶ月になりました。
ラストスパートの時期ですが、とにかく体調を崩さないように気をつけてください。体調が悪いと気力が無くなりやる気がなくなってしまいます。それに加え今年はコロナという大きな敵がいます。くれぐれも無理しないでください。

コロナ禍ということもあり、昨年以上に「室内換気」について耳にすることが多いと思います。何のために換気しなくてはいけないのかということで、今回は室内汚染について再確認したいと思います。
まず、室内空気の汚染源は「在室者自身」です。酸素の消費と二酸化炭素の放出、生理反応による匂いや粉じんの発生などです。二酸化炭素そのものは濃度4〜5%以下であれば人体にあまり害はありませんが、呼吸から常に発生している物質なので、在室者による室内空気の汚染状態を示す指標として「二酸化炭素濃度」を使います。二酸化炭素の許容濃度は1000ppm以下=0,1%以下です。ppmと%両方の数字を覚えるようにしましょう。そして換気しないで在室者が暖房や調理のために火を使えば、ますます二酸化炭素が排出され酸素不足になり、燃焼器具が不完全燃焼となり、有害な一酸化炭素の発生につながり、一酸化炭素中毒(ガス中毒)になります。一酸化炭素の許容濃度は10ppm以下=0,001%以下です。
室内が汚染されるながれを室内空気汚染の許容濃度と一緒に覚えておいて下さい。

今年は「換気」や「室内汚染」について出題されるのではないかと思っています。
ホルムアルデヒド許容濃度;30分平均値で0,1mg/㎥以下=0,08ppm(常温)以下、浮遊粉じん許容濃度;0,15/㎥以下も覚えておいて下さい。

それではこのあたりで、また!

みなさん、こんにちは。
IC講座担当講師の鈴木です。

 今回はコーヒーブレイクで、先月行った富士山についてお話したいと思います。

 約2年前に突然「富士山に行ってみたい!」と思い、道具を揃え、情報を集め、週末は足慣らし登山と準備を進めていたところで、昨年はコロナの影響で富士山の開山は無く1年延びました。なんとか気持ちを今年に繋げ登頂できました。

左上写真;御来光

右上写真;太陽が昇ると富士山のシルエットが浮かび上がります

左下写真;富士山の影

右下写真;万年雪の残る頂上火口、正面の高いところが3776メートルの剣ヶ峰です

 見えると何となくテンションが上がる富士山はどんなところ?がスタートでした。

3000mを超える世界は、過酷で不思議で感動的な世界でした。

それではこのあたりで、また!

インテリアコーディネーターの色彩学

みなさん、こんにちは。
IC講座担当講師の鈴木です。

暑さの連続で体力的にキツイ時期ですが、皆さん体調はいかがですか?私自身もこの時期は、少し無理すると、倍返しのようにその後の効率が落ちてしまいます。この時期は仕方ないですから焦って無理しないで、たまには少しペースを落としてみましょう。ただ何もしない日だけは無いようにしてください。
今回はインテリコーディネータ(IC)にとっての「色彩学」についてお話ししたいと思います。

色彩検定などの資格を持つカラーコーディネーターという色についてのプロがいます。では、インテリアのカラーコーディネートはカラーコーディネーターに任せるのかというと、そのようなことはまずありません。私たちICがカラーコーディネートします。でも、ICの仕事に関わる部分についての知識を把握していれば大丈夫です。
まず基本として、①色相・明度・彩度の色の3原色、②マンセル・PCCS等の表色系 です。
次に応用として、①加法・減法・中間混色の色の混合、②対比と同化、③視認性 です。
そして直接的にI Cの仕事に関わる、①色彩計画(カラースキーム)の手順 です。
結局全部?と思うかもしれませんが、考え方としてまずこの空間をどのような色彩計画にするか、そのために混色や対比をどうするか、そしてどの色を使うかと言うように、基本に向かっていくようにするのがICのカラーコーディネートのやり方です。
上記に付け加えて、慣用色をマンセル値で表示すると言うのが最近試験によく出ています。例えば、慣用色名「あかね色」のマンセル値は「4R 3,5/11」等です。

本当にインテリアコーディネーター資格試験の試験範囲は広いです。端から順番通りに覚えようとするのではなく、全体的に把握してから深くしていく勉強の仕方を少し意識してみて下さい。

それではこのあたりで、また!

みなさん、こんにちは。
IC講座担当講師の鈴木です。

 体調はいかがですか?息抜きを入れながらこの時期は特に体調管理に気をつけて下さい。
前回に引き続き、今回は木の教会についてお話しします。

 写真はフィンランドのヘルシンキの繁華街カンッピ地区の広場にショッピングセンターに囲まれて建っている[カンッピ礼拝堂]です。2012年に完成した比較的新しい教会です。外観からは何の建物が全くわかりません、木(もみの木)のかたまりです(写真左)。内部空間は厚い木の壁(写真中)と、壁際にガラスの入った(写真右)天井から構成されています。そしてこの内部空間は、自分の息の音さえ気になってしまうほどの静寂、洞窟の中にいるような無音空間です。石に比べると軽やかな感じのする木で全く、外の喧騒を遮断する空間を作っています。

 重厚な岩石の建物で造られているのに、リズミカルで軽快な内部空間を持つ[テンペリアウキオ教会]、軽快な木の建物で、相反する内部空間を造った[カンッピ礼拝堂]。どちらも「もの」の持つイメージと全く異なる想像できない内部空間を作り出しています。
このような、意外性や感動はやはり実際に行かないと感じることができません。早くどこか行きたいですね。

それではこのあたりで、また!