インテリアコーディネーター講座の講師ブログ
建築基準法に集合住宅は無いけれども

みなさん、こんにちは。
IC講座担当講師の鈴木です。

勉強は順調に計画通り進んでいますか?そして休養や好きな楽しいことも計画に入れて下さい。先は長いです。

建築基準法には私達が普段マンションやアパートを指す「集合住宅」という用語はありません。住宅は、①一戸建ての住宅、②長屋、③共同住宅の3つに分かれます。
一戸建ての住宅には、事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねる「併用住宅(建物内部で通行可能)」も含まれます。
②と③の違いは、②長屋は、2戸以上の住宅で共有部分が無い、③共同住宅は、2戸以上の住宅で共用の廊下又は階段が必須、すなわち、共用部分の有無=各住戸に直接出入りできるかどうかです。時代劇などの向こう三軒両隣的な長屋の風景を思い浮かべると、確かに出入り口(玄関?)は別々ですね。

建築基準法には無い集合住宅の分類について、過去に出題されたことがあります。
分類の仕方は、大きく4種類あります。
①設計手法による分類;2段階供給方式、スケルトン・インフィル住宅、フロンテージセービング住宅、コーポラティブハウス、コレクティブハウス
②高さによる分類;低層住宅、中層住宅、高層住宅、超高層住宅
③平面形式による分類;階段室型、片廊下型、中廊下型、集中型、ツインコリドール型
④断面形式による分類;フラット型、メゾネット型、テラスハウス型、スキップフロア型

集合住宅の分類型で知らない用語は確認しておいて下さい。

それではこのあたりで、また!