社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

今年は残暑が厳しく、まだまだ暑い日が続いています。

フォーサイト専任講師の加藤です。

 

令和2年度の試験が終わり、受験された方、

少しのんびりと過ごされているのでしょうか?

結果が思わしくなく、すでに来年に向けて勉強をスタートされている方もいるでしょう。

 

そこで、この時期、よくある質問で、

「今年の試験勉強に使った教材をそのまま使っても大丈夫でしょうか?」

というのがあります。

できれば、そのまま使いたいという気持ちはわかります。

で、使ったらいけないということはなく、使ったら合格できないかといえば、

「合格することができない」とは言い切れません。

 

ただ、ご存知のとおり、社会保険労務士試験の試験科目となっている法令は、

頻繁に改正があります。

来年度の試験に向けても、やはり、多くの法令で改正が行われています。

 

例えば、労災保険法には、「複数業務要因災害」という全く新しい概念ができています。

古い教材を使っていると、

このようなことを知らずに勉強を続けることになってしまいます。

知らないと、結果として、試験の合格に大きな影響を及ぼすことになります。

改正点は、とにかく試験によく出ます。

令和2年度の試験でも、いくつも出題されています。

当然、来年度の試験でも、出題されるでしょう。

 

ご自身で改正の情報をしっかりとつかめるなら、古い教材を使い続けてもよいのですが、

その自信がないのであれば、令和3年度試験で必ず合格するため、

令和3年度試験向けの新しい教材を使いましょう。



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。