社会保険労務士講座の講師ブログ
どう解く?選択式

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

勉強の進み具合は、いかがですか?
そう言われると、「ちょっと・・・」となってしまう方が
いるかもしれませんね。

さて、今回は「選択式対策」についてです。

選択式の対策は、択一式対策の延長線上にあるものです。
択一対策がしっかりとできていれば、多くの選択式の問題に対応することができます。
ただ、実際に、選択式の形式の問題を解いておくってことも必要です。

この時期だと、選択式の問題を数多く解いている方もいると思います。
では、どのように解いていますか?

❶ 問題文を読む前に選択肢を見る
❷ まず問題文を読み、選択肢を見てから問題を解く
❸ 選択肢を見て、選択肢を5つの空欄に対応するものとして、4つずつに区分する
など、人それぞれでしょう。
❸の解き方ですと、区分するために時間を使ってしまいます。
それに、選択肢、必ずしも1つの空欄の候補に絞れるとは限りません。
複数の空欄の候補になるということあります。
どの方法にしても先に選択肢を見てしまうと、
見なくてよい選択肢を見ることで、迷いが生じるってこともあります。
最初から自分自身で考えた言葉を選択肢から探し、その選択肢を選べば、
迷うことはありません、
ただ、思い浮かばなければ、選択肢をみるしかありませんが。
そのため、個人的には、「まず、選択肢を見る」とか「区分する」とか
このような解き方はお勧めしません。
最初は選択肢を見ずに、自分自身で適当な語句を考えるのがよいでしょう。

とはいえ、問題の解き方、解く順番など、ルールはありませんから、
自分自身に一番あった方法で解いていくのがよいでしょう。
そうできるよう、試験までには、自分自身にあった解き方、確立させましょう。

ちなみに、自分には、これがあっていると思っている方法、
意外とあっていないなんてこともあり得ますから、
試験までに、いろいろと試してみるのもよいのではないでしょうか?