通関士スペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

2013年の農林水産物や食品の輸出額が
前年比22.4%増の5506億円となり、
統計を取り始めた1955年以降で最高となったそうです。

同年12月に「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されたこともあり、
日本の重要な「輸出品」になるのか注目が集まってことが要因のようです。

日本の農林水産物や食品の輸出は、東日本大震災の原発事故に伴う風評被害で
一時落ち込みましたが、2013年は世界的な和食ブームや円安を追い風に伸びました。

輸出の品目別でみると、農産物が前年比17%増の3137億円。
和食の人気を受けて、日本酒やビールなどのアルコール飲料や、
しょうゆなど調味料が好調でした。

緑茶は前年に比べて1.3倍増えて66億円。
リンゴの輸出額も72億円と前年比2倍以上増えました。
主食米は4割増の10億円。水産物は30.5%増の2217億円です。

政府は、2020年まで輸出額を1兆円にする目標を立てています。
日本の食文化の普及や輸出環境の整備することで伸ばしていく考えのようです。

ただ、現在交渉が進められている環太平洋経済連携協定(TPP)がまとまれば、
外国産の安い農林水産物がますます大量に入ってくる可能性もあり、
今後の動向がきになるところですね。



神田明

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。