過去問一問一答演習について教えてください

過去問一問一答演習は、以下講座(コース)でご利用いただける問題演習機能となります。

<対象講座>

  • 行政書士講座 バリューセット3
  • 社労士講座 バリューセット3
  • 宅建講座 バリューセット3
  • FP講座 バリューセット2

過去問一問一答演習とは

過去問一つ一つの選択肢を一問一答形式で演習できる機能となります。
※画像は問題演習画面の一例となります。

問題演習後の結果画面では、各問題について以下の順に結果が表示されます。

<表示順>

  • 「分からない」
  • 「時間切れ」
  • 「不正解 自信あり」
  • 「不正解 自身なし」
  • 「正解 自信なし」
  • 「正解 自信あり」

<表示例>
※各問題の「+」ボタンからその問題の解説を確認することもできます。

そのため、苦手な問題や復習すべき問題の優先順位がつけやすくなります。

また、問題演習を繰り返していくことで、正答率の低いものなどが優先的に出題され、苦手分野を集中的に学習することができます。

習熟度について

習熟度は「S」「A」「B」「C」「D」の5段階に分かれております。

各問題について、演習を繰り返して正答率を上げていくことで、少しずつ習熟度が上がっていきますので、Sランクを目指して学習に取り組んでいただきます。
※一例として画像は習熟度「C」の場合の表示となります。

「問題データ無し」について

過去問一問一答演習では、一部「問題データ無し」と表示されている項目がございます。

こちらは問題集(過去問講座)に掲載自体がない、あるいは画像や図表が用いられている問題のみとなり、過去問一問一答演習上で実施できる問題データ自体がないことを意味しています。

オリジナル模試とは

オリジナル模試は、各科目ごとに1つ用意されており、ランダムに組み合わせた多肢択一式の模擬試験となります。

オリジナル模試では、選択肢それぞれにも一問一答形式の解答を行う必要があり、全ての選択肢に解答を行うことで問題の解答欄が選択できるようになります。
※画像は演習画面の一例となります。

結果画面では、問題の正解率、選択肢ごとの正解率が表示されますので、間違った箇所を集中的に復習することもできます。
※画像は結果画面の一例となります。
※「V」アイコンから各問題の解答状況や各選択肢の解説を確認することもできます。

このFAQは役に立ちましたか?