ITパスポート試験とはどんな資格か?

ITパスポート試験とはどんな資格か?

ITパスポートって言うからには旅行の時に何か役立つの?どんな試験なの?と思われている方も多いのではないでしょうか。そこで、ITパスポート試験とは何か・どんな人が持っている資格なのかをまとめてみました。

目次

ITパスポートとは?

ITパスポート試験は、ITを利活用するすべての社会人や学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格です。 現在、ITは私たちの生活の隅々まで浸透しており、どのようなビジネスにおいてもITなくして成立しません。

「ITパスポート試験」では、「パソコン操作ができる」、「表計算ソフトを使ってデータを処理できる」というレベルには留まらず、これからの社会人にとって必要な、ITを正しく理解し、積極的に活用する知識を身につけます。 ITパスポートを学ぶことで、新しい技術や手法、経営全般の知識、ITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野を総合的に身に付け様々なビジネスに活用することができます。

パスポート試験で身につくスキル
  • ITを正しく理解し、積極的に活用し、付加価値を生み出せる。
  • 職場内の課題を把握・分析し、解決するためのIT技術が理解できる。
  • ITの安全利用や企業のコンプライアンス向上に結び付く知識が備わる。

どんな仕事の人が持っている?

ITパスポートは、初級システムアドミニストレータ試験の後継試験とされており、IT企業で働く人の登竜門的立ち位置の試験です。以前の初級システムアドミニストレータ試験は、情報技術者向けが強いものでしたが、ITパスポート試験は幅広い人へ向けたものとなっています。

SE(システムエンジニア)

上記でお伝えしたように、元々は情報技術者もしくは、それを目指す人がまず知識を得るために必要な最低限の内容を持っていると証明するための資格でした。そのため、多くはIT企業に勤める人やIT企業に入るのを目指す学生が持っている資格です。

事務職

ITは、私たちの生活基盤の一つであると同時に、ビジネスの世界の隅々まで浸透しており、ITと直接関わりのない仕事にも大きな影響を与えています。 そのため、現在では通常の事務職の人や営業職の人も多く受験されており、受験者数は年々増加しています。

初級シスアドの試験との違いについて

「ITパスポート」は、技術の進歩に合わせ「初級シスアド検定」を整理統合した資格です。 これまでパソコン系資格の入門で編あり、かつ人気の高い花形資格といえば「初級シスアド」(シスアド=システムアドミニストレータ)でした。

しかしIT技術は日々成長を続けています。日本の情報処理試験の機構も、テクノロジーの進歩に合わせ適切に改革されねばなりません。 そのため初級シスアド試験は、平成21年度春期を最後に廃止され、新試験の「ITパスポート」試験に整理統合されています。

改革の前に比べると情報処理試験の機構全体のフレームワークも拡大・細分化されています。 そのため入門編に位置する「ITパスポート」の試験は、初級シスアド試験むしろより易しくなっているようです。しかし「ITパスポート」で身につく知識は、もちろん最新のIT技術の知識です。

魅力とメリット

ITパスポート試験の学習をすることで、幅広い分野の知識を身に付けることができます。そしてこの学習は、現代社会の一員として知るべき最低限必要な知識を身に付けることができますので、学習した内容はとても実用的です。

コンピュータのこと以外にも多くの知識が手に入る

ITパスポートに合格するにはコンピュータそのものの知識と、コンピュータが使われている環境(企業のことなど)に関する知識が問われます。

企業で使うコンピュータシステムの開発・導入手法といったコンピュータに関連する企業経営の話から、PDCAやマーケティングといった組織運営や経営学そのものといった感じの話まで、コンピュータの知識はもちろんのこと、企業で働くときに知っているととても役立つ知識が手に入ります!

幅広い分野の知識を得ることができる

ITパスポート試験を合格することで、幅広い分野の知識を得ることができます。 業務に必要なITの知識だけでなく、情報セキュリティやモラル、企業のコンプライアンス、その他にも経営戦略など社会で働くために必要な知識を身につけることができます。

企業の体制強化

試験で身につけた知識が一人だけでなく、会社全体で身についていることで、ビジネスが円滑に行え、体制の強化もできます。 昨今、コンプライアンスが行き届いていないことで、企業価値を大きく下げたニュースをよく聞きます。社員一人ひとりが、しっかりとした知識を身に付けることで問題を起こすリスクを減らすことが大切です。

論理的な思考方法も習得できる

分野の知識に加えて、論理的な思考ができる能力も手に入ります。個人の経験や個人的な考えに基づいた意思決定ではなく、客観的なデータに基づいた論理的な思考の展開が可能になるんです。

多くの人々にモノやサービスを提供する場合、営業担当者個人の経験や考えに頼るだけでは、企業全体として効率的に活動することが難しくなります。ITパスポートで問われる知識を知っていれば、客観的・論理的・効率的な仕事をできる人材に近づけます!

就職活動や進学で役に立つ

企業もITに関する知識を持つ人材を必要としており、大手企業も資格保有者の採用を優遇しています。また、企業だけでなく、大学や高校などでは入試の優遇を行っています。

仕事以外にもかなり使えます

最近は無料WiFiスポットも増えてきました。「無料っていいな」と手持ちのスマホをすぐに接続してはいけません!セキュリティ対策が何もなされていないこともあるからです。

ITパスポートの知識があれば、生活の中でITサービスを利用する前に確認しなければならないことは何かが分かるようになります。無料だからすぐに接続したら、スマホの中からごっそり情報を抜かれてしまったなんてことになったらしゃれになりません!

資格の活かし方

ITパスポートは国家試験ですので、合格すればITの基礎知識を持っていると証明されたことになります。よって、大学や高校では、カリキュラムを試験と合わせた授業を行っているところもあり、学習内容を網羅するだけでなく合格により単位を取得ができる学校も出てきています。

社会人には必ず役立つスキルですので、学生が在学している間に取得を奨励する学校法人が多いのです。

また地方自治体や大手企業でも、職員・社員のIT能力を高める目的で、 「ITパスポート」の受験を積極的に薦める組織がふえています。以前の「初級シスアド」と同じように役立つ資格と認知され、評価を受けることはまちがいないでしょう。

将来性

政府は、平成30年6月15日に未来投資戦略2018を閣議決定しました。 その中には、『全ての社会人が持つべき「IT リテラシー」についての基準を策定するとともに、「IT リテラシー」を認定するためにiパスを拡充し、企業の採用選考や従業員の処遇においてAI・IT 等に関する能力の反映を促す』ことが示されています。

ここからもわかるようにITパスポート試験はこれからの日本に必要な知識であり、今後さらに期待されている試験と言えます。

またITパスポート試験が始まって以来6年間で61万人が受験しています。(ITパスポートの前身である初級システムアドミニストレータ試験の受験者を除く)これだけの人達が受験しているということは、その知識が社会で評価されているからであり、社会から必要とされていることの証拠です。

資格によるステップアップ

「ITパスポート」で学ぶ知識は、社会人なら誰でも身につけておきたいレベルのIT知識です。ですからこの資格を持っているというだけでは、基本給など給与がアップすることはまずないでしょう。しかし「それでは取得する意味がない」と考えるのは正しくありません。たしかにこの試験に合格していることは自慢にはなりません。しかし、ITパスポート試験の受験勉強をし、合格することで、ITの基礎部分をしっかりと体系的に理解することができます。

  • パソコンとOSの関連を技術的にイメージできる。
  • 社内の情報システム部門と、データ処理の悩みを共有できる。
  • お客様との会話で、客先のシステムの問題点がイメージできる

そのようなレベルにある会社員が、クオリティーの高い仕事のできる人であることは容易に想像できます。「ITパスポート」で身につけた基礎の知識は、必ずや次のステップアップの役に立つのです。

いかがでしたしょうか。 ITパスポート試験の拡充を政府が推奨していることからもわかるように、受けるべき試験と言えるのではないでしょうか。