医療事務のスペシャリストによるこっそり裏講義

講師ブログ

01

2017/08

返戻と増減点表

11:00 AM | 講師ブログ |

皆さんこんにちは、学生さんは夏休みに入りましたか?
夏休みに入る前に憂鬱なのは、成績表だったのではないでしょうか?

医療機関にとって、成績表は主に返戻と増減点表になります。
返戻はレセプトが戻って来て、訂正若しくは算定理由を記載しての再提出になります。

増減点表は、増減点の連絡表になります。増減点表に異議がある場合は再審査を依頼する必要があります。
因みに、返戻の閉め切りは月遅れとして、原則翌月の10日までの提出となります。

試験に出ることもありますので、覚えて下さいね

では、今日はここまでで

夏バテに気を付けてください


27

2017/07

被保険者証

10:10 AM | 講師ブログ |

皆さんこんにちは

すでに医療機関にお勤めの方は、
月に1回の被保険者証のチェックは毎回されていますでしょうか?

最近は月1回の被保険者証の提出は患者さんにも浸透し、
「月が変わったので・・・」との一言で提出して頂けるようになり
長年言い続けた甲斐があったなぁと感じています。

ただ、残念ながら返戻の一番の原因は被保険者証の資格喪失が多く、
「出せばいいってもんじゃないよ!!」
という言葉を飲み込みながら受付に立っております。

人によっては、保険加入期間が無いことがあり
この場合は全額自費で支払ってもらい
レセプトは取り下げ手続きをしなければならない為、
かなり面倒なことになってしまいます。

市町村によっては遡っての保険料の支払いをすることによって、
国民保険に加入させてもらえる場合もあるようです。

また、会社に入社した場合、正規の被保険者証が届くのが遅く
医療機関に受診できないということもありますよね。

その際は、健康保険被保険者資格証明書を
会社(又は年金事務所)にお願いして発行してもらうことができますので
覚えておいてくださいね

では、今日はここまでで


26

2017/06

療養担当規則

10:56 AM | 講師ブログ |

皆さんこんにちは

皆さん、MRIはお好きですか?
なんの質問?と思われたかと思いますが、最近MRIを撮って欲しい等ダイレクトに
検査を希望される新患さんが多くてビックリしています。
それだけ、医療知識が一般の方にも浸透してきたのでしょうね。

「は~い、では当日MRIから撮りますね~」と言えれば良いのですが、
実際には先生の診療を受けて先生が必要と認めなければ
検査も画像診断も出来ないため、延々と説明を・・・

診療報酬は点数だけではなく、医師法や療養担当規則等法律も一緒になって考える必要があります。
その中で私たち医療事務にも関わってくるのが療養担当規則です。

「医療機関内で知り得たことを外に漏らしてはいけない」
という代表的なものから「特定の保険薬局への誘導の禁止」
などなど結構な量の法律が記載されています。

その中に「検査や画像診断、投薬等必要があると認められる場合に行う」
という文言がありこれによって、画像診断もやたらに撮ることはできません。

医療機関に勤めると避けて通れないレセプトの減点は、この法律に絡むことも多くあります。
苦手な所だとは思いますが、法律系も是非お勉強してくださいね。

では、今日はここまでで


皆さんこんにちは
6月に入って、気温が安定しない日が続いていますね。
咳や熱が続いている患者さんも、多く来院しています。

その際にインフルエンザウイルス検査、A群β溶連菌迅速試験定性を行うことも多いのですが、
鼻腔・咽頭拭い液採取 5点をついつい忘れがちになります。
H28年より算定可能となりました。

この採取料は、鼻腔・咽頭を綿棒で拭うことにより粘液の採取を行うもので、
採取した粘液に ついてウイルスや細菌の検査を行います。

主な検査には、インフルエンザウイルス検査、アデノ ウイルス検査、A群β溶連菌迅速試験定性、
MRSA細菌検査(細菌培養同定検査)、RSウイルス、 ヒトメタニューモウイルス検査等が挙げられます。
クラミジアや淋菌検査も、咽頭からの採取で あれば、この採取料が算定可能となります。

同日に複数検体で複数検査を行った場合や、 鼻腔、咽頭それぞれから採取を行った場合は、
それぞれを算定することは出来 ず、1日につき1回の算定とされています。

医事コンで自動算定の場合してくれる場合もあるかもしれませんが、覚えておいてくださいね。


13

2017/02

労災保険のポイント

5:47 PM | 講師ブログ |

みなさん、こんにちは。

フォーサイト診療報酬請求事務能力認定合格講座 専任講師の中村です。

今日は、学科試験でも出題とされる、労災保険ついて記載させて頂きます。

医療機関では、保険給付の種類の中で「療養(補償)給付」を行います。

ただし、下記のように労災指定病院かどうかによって、給付が異なりますので注意をしましょう。
それは、
①療養の給付:労災病院又は労災指定医療機関等で被災労働者に無料で療養の給付を行うことです。
この場合、被災労働者は無料で療養を受けられ、療養に要した費用は直接医療機関等に支給されます。

②療養の費用の支給:労災病院又は労災指定医療機関以外の医療機関等で療養した場合、
療養に要した費用全額を被災労働者が支払うことになりますが、その相当額を被災労働者に現金で支給することです。

労災保険はこの部分が良く出てきますので、注意をしましょう。

では、今回はこのへんで!!


みなさん、こんにちは。

フォーサイト診療報酬請求事務能力認定合格講座 専任講師の中村です。

今日は、学科試験でも出題とされる、事故(第三者行為)による傷病届等について
記載させて頂きます。

基本的に相手のいる交通事故に関しては双方の保険会社で治療費負担を行うのが一般的ですが、
しかし、業務上や通勤災害によるものでなければ、保険証を使って治療を受けることができます。

ただし、いくつかの届出が必要となります。
それは、
①人身事故として警察に届け出る
②第三者行為による被害(傷病)届の提出
③交通事故証明書、事故発生状況報告書の提出
④示談が成立していれば示談書のコピー
⑤その他念書などの書類
自身が加入している保険によって書類が異なる事がありますが、①②は共通のものですので
覚えておきましょう。

以前学科試験に②について出題されたことがあります。

では、今回はこのへんで!!


みなさん、こんにちは。

フォーサイト診療報酬請求事務能力認定合格講座 専任講師の中村です。

郵送による12月の試験申し込みが10月3日から始まりましたね。

今回は、7月に行われた第44回診療報酬請求事務能力認定試験の結果について
お話させて頂きます。

医科の受験者数は4,581名 合格者数 1,339名 合格率 29.2%
合格ラインは 学科試験:55点以上(95点満点) 実技試験75点以上(100点満点)

今回は学科試験に誤植があったため、採点外があり95点満点となっています。

合格率はいつもと同じくらいですね。

学科試験及び実技試験の合格ラインのいずれにも満たす者を合格とすることになっています。
診療報酬請求事務能力認定試験対策としては、時間配分が重要となってきます。

問題集の2回目になりましたら、時間を計ってくださいね。

では、今回はこのへんで!!


06

2016/10

前回の答え

6:02 PM | 講師ブログ |

みなさん、こんにちは。

フォーサイト診療報酬請求事務能力認定合格講座 専任講師の中村です。

点数表は日々読んで頂いているでしょうか?

今回は、前回の問題について説明させて頂きます。

前回の問題
①院内併設プールで行われるマタニティスイミング
②電気アンカの使用料
①と②は実費徴収できるでしょうか?

答えは下記の通りです。
①実費徴収できる
院内併設プールで行われるマタニティスイミングは明らかに、療養の給付(保険診療)
と直接関係ないサービス等です。
②実費徴収できない
電気アンカの使用料は、入院基本料等の点数の中で評価されている(厚生省HPより)
と考えられ実費徴収はできません。

頭の隅に入れておいてくださいね。

では、今回はこのへんで!!


みなさん、こんにちは。

フォーサイト診療報酬請求事務能力認定合格講座 専任講師の中村です。

みなさん学習は進んでいますか?
隙間時間を使って、効率よく学習をしてくださいね。

今回は、学科試験に毎回出題をされている問題で医療機関に勤める方でも疑問の多い
保険外負担(実費徴収)についてお話させて頂きます。

医療機関が実費徴収できるのは、療養の給付(保険診療)と直接関係ないサービス等となっています。

例えば、【日常生活上のサービスの費用】である、テレビ代や理髪代、おむつ代などや
【公的保険給付以外】の生命保険の証明書、診療録の開示手数料。
【診療報酬点数に記載されている】在宅医療に係る交通費や薬剤の容器代。
【医療行為ではあるが治療中の傷病に対するもの以外】のインフルエンザ等の予防接種などが
これにあたります。

では、ここで2つ問題です。
①院内併設プールで行われるマタニティスイミング
②電気アンカの使用料
①と②は実費徴収できるでしょうか?

答えは次回に説明します。

では、今回はこのへんで!!


25

2016/09

睡眠と記憶の定着

2:26 PM | 講師ブログ |

みなさん、こんにちは。

フォーサイト診療報酬請求事務能力認定合格講座 専任講師の中村です。

みなさん学習は進んでいますか?
そして眠れていますか?

今回は、学習と睡眠についてお話をさせて頂きます。

睡眠にはレム睡眠(急速眼球運動を伴う眠り)とノンレム睡眠(レム睡眠でない眠り)が
ありますね。(実際にはノンレム睡眠は眠りの深さによって4段階に分かれてます。)
そして、成人の場合一晩に8時間眠る人は睡眠単位を5回、6時間ならば4回繰り返しています。

では、記憶の定着はどちらの睡眠で行われるかわかりますか?

実は両方大切なんです!!
レム睡眠には、続いてやってくるノンレム睡眠の時に脳内の記憶定着を促す役割があることを
筑波大と理化学研究所などのチームがマウスの実験で確かめました。

睡眠時間を削っての学習は、記憶の定着が出来ないという事ですね。
是非、睡眠は6時間を目安に取ってください。

では、今回はこのへんで!!


2 / 3123

中村 厚子

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。