簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

未分類

皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
寒い日が続きますね。絶対に体調は崩さないように!

さて、 前回に引き続き、文科省公表の「子供の学習費調査」のうち中学校についてみてみましょう。

boki1

私立中学は授業料、学校納付金、通学費、制服など、学校にかかる費用がとても高いことがわかります。
私立小学校の場合と同じくこれは予想されることです。
しかし、修学旅行や制服などにこんなに差があるなんて・・・。
私立中学校に行くと、あらゆる部分でお金がかかるんですね。

一方、学校外教育費では、公立と私立の金額がほぼ同じになります。
その中でも特徴的なのは、学習塾費が公立>私立となることですね。
小学校の時の学習塾費は公立<私立だったのですが、
中学校になると、公立に通う生徒も勉強が大変になってきて、通塾が始まるのでしょう。
その他の活動に関する費用は、小学校の時よりも公立と私立の差が縮まります。

学校外活動に関していうと、中学生になると、公立の生徒さんが通塾に力を入れ始め、
私立の生徒さんは芸術活動などを重視しているというところでしょうか。
私立中学校に通う生徒さんは、中学入試までにバッチリ勉強しているし、
エスカレーター式で高校受験、大学受験をあまり意識しなくていいケースが多くなってくるので、
学校外では勉強の比率が少しずつ下がってくるということなんでしょうかね。
もちろん、東大を目指す私立中・私立高もありますから、すべての私立中学校で、学校外での勉強の比率が下がる訳ではないでしょうが、
平均としては学校外での勉強の割合がさがるということなのでしょう。

このように中学校になると、公立と私立で、学校外活動の差がほとんどありませんので、
生徒の能力は「学校でどんなことをやるか?」によって大きく異なってくるのでしょう。我が家ではとても私立中学校への進学は考えられないので
(様々な理由で・・・(^_^;))、息子が公立中学校に上がったら、
中学校での活動内容をよく聞いて、過不足をうまいこと調整してあげる必要がありそうですね。



皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
第148回検定試験まであと約1ヶ月。準備は順調に進んでいますか?

前回に引き続き、小学校を見てみましょう。

boki3

小学校にあがると圧倒的な差が出てきます。

授業料・学校納付金・通学費・制服について私立が圧倒的に高額です。
公立では授業料はかかりませんし、通学も徒歩ですし、制服もありませんからね。
学校教育費の部分については当然の差ですから驚きはないのですが、
学校外活動費も圧倒的な差がついており、とても驚きです。

塾の費用、芸術文化活動、教養・その他の費用が公立と私立で大きく異なります。
誤解を恐れずに言えば、公立に通っても私立に通っても、学校外でのスポーツ等の活動に同じくらい取り組むのですが、
芸術活動・教養活動などについては、私立の小学生の参加率が圧倒的に高いということです。
私立に通う小学生は、まさに文武両道の実践者ですね。スポーツもやって勉強・教養活動もやってと・・・。
 
学校外活動費については、平成28年度では年間40万円くらいの差があります。
月額3.5万円くらいの差ですね。私立小学校に通う小学生は、
公立小学校に通う小学生よりも月額3.5万円分だけ多く
学校外活動に取り組んでいるということです。

恐ろしい・・・。こうやって、差がついていって、格差社会につながっていくのか・・・。

親が子どもの教育のために年間40万円を捻出するためには年収を50~60万円アップさせなければなりません
(税や社会保険料が差し引かれるため)。
小学生の子供をもつであろう30~40代のサラリーマンの年収はほぼ400~500万円ですから、
年収を50~60万円(10~15%)アップさせるにはかなりの荒技が必要です。
まさに子ども能力は親の経済力にかかっているという、
最近の論調を裏付ける調査結果です。残酷ですが、現実です。

さて、どうやって対応していけばいいのでしょう。
ちょっと真剣に考えなければならないですね。



皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
寒い日が続いていますが、カゼなどをひかないように、
体調管理に気を付けていきましょう!

昨年末に文科省より「子供の学習費調査」が公表されました。
幼稚園から高校まで公立と私立に分けて、様々な学習費がいくらかかっているかを調査したもので、
2年おきに公表されています。
教育無償化が議論されている最中ですし、
2人の子どもをもつ親としてはとても気になる調査です。
ということで、ザッとみてみましょう。以下の表では、

学習費総額(オレンジ)=学校教育費(青)+学校給食費(青)+学校外活動費(青)
学校教育費=授業料+その他の学校納付金(+その他)

という関係になっており、内訳(無色・緑)については金額の大きなものだけをピックアップしています
(原データは 「政府統計の窓口」よりダウンロードできます)。

まずは、幼稚園から見ていってみましょう。

boki2-1

総額では私立のほうが倍くらいの金額となっています。
ただ、多くの自治体では、私立幼稚園に通う園児をもつ家庭に助成金を給付しており、
私立に通っていても、実質的にはほぼ公立なみの授業料になります。

ただ、この助成金は家庭の年収によって異なりますから、調査の中では授業料から差し引かれていません。
よって、表中の私立の授業料は定価であり、実際に各家庭が支払う授業料は助成金分だけ差し引かれた金額となります。
この点に注意が必要です。また、自治体によっては公立幼稚園がありません
(私の住んでいる地域では私立幼稚園のみ+助成金方式)。

したがって、私立に通わせているから裕福な家庭とは限らないのですが、
それでも私立幼稚園に通わせている家庭では芸術文化活動やスポーツ・レクリエーションにかける費用が
公立に通わせる家庭よりも大きくなっています(表中の緑の網掛け)。
塾にかける費用は公立・私立でほとんど違いはありませんでした。
よって、幼児教育は教養教育が中心的ということなのでしょう。

他にも学校納付金や教養・その他の部分で比較的大きな違いがありますが、
授業料・学校納付金を除くと、ほぼ、芸術文化活動・スポーツ・レクリエーション活動費の違いが
大きな違いとして認識できますね

なお、文科省調査なので、厚労省管轄の保育園に関する金額がないところがいたいところです・・・。
縦割りの弊害かと。



皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
私はまだ休み気分が抜けませんが、
皆さんはもう通常モードに戻りましたか?

今回は、値引・返品の問題に関するご質問を取り上げます。
値引・返品は売上・仕入のキャンセルですから、処理はとても簡単です。
ただ、時々、ちょっと混乱させるような状況を設定して、値引・返品の処理をさせる問題が出題されています。
以下の問題は、3級の第114回-第1問で出題された問題です。仕訳できますか?

問題)かねて福岡商店より掛けで仕入れ、神奈川商店に対して掛けで販売していた商品55ケース
(取得原価@ ¥9,500、売価@ ¥ 12,000)のうち、5ケースに汚損があったため、
1ケースあたり¥1,200の値引を承諾し、8ケースについては品違いのため返品されてきた。

解答)
(借)売 上 102,000 (貸)売掛金 102,000

解説)
商品を売り上げたとき次のような仕訳が行われています。
(借)売 掛 金 660,000 (貸)売   上 660,000
※ 660,000=55ケース×@\12,000

このように販売時に処理された商品について、一部値引きを行い、一部返品されてきました。
値引きであれ、返品であれ、売上のキャンセル(減少)であることにかわりはありませんから、
売上を減少させる仕訳を行います。講義でお話ししたとおり、販売したときの逆仕訳を行うのです。
先に55ケース販売していましたが、本問ではそのうち5ケースについて値引を行い、
8ケースについて返品されました。

boki1-1

よって、値引・返品について仕訳します。

(借)売  上 102,000 (貸)売 掛 金 102,000
※ 値引分 5ケース×1,200=6,000
  返品分 8ケース×12,000=96,000
  合計=6,000+96,000=102,000

皆さんは正しく処理できましたか?



15

2018/01

年始のご挨拶

14:38:16 | 未分類 |

皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。

新年、おめでとうございます。
今年も皆さんの資格取得のお役にたてるよう精一杯頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたしまs

一年の計は元旦にあり

皆さんは2017年にどんな計画・目標を立て、それをどのくらい達成できましたか?
私の昨年の目標は

・計画や目標を達成しやすくするための環境を整える

ことでした(2017年1月5日のブログ)。

残念ながら、日々のルーティンをこなすことが精一杯で、
計画・目標を達成しやすくするための環境を整えることはできませんでした。
企業の人事システムみたいに、システマティックに自らを評価するようなシステムを考えたかったのですが、
そもそも自分一人のためにそんなものを考えたって機能しないことがわかりました。だって、面倒なんです・・・。

そこで、戦略変更です。
オーソドックスに、年始の目標設定は、大まかな目標を立てるだけにします(笑)。
今年の目標は
  
・受講者アンケートの内容がよりよくなるようにすること
・与えられた仕事を絶対に断らず、一生懸命がんばること

にしました。
そんなの当たり前じゃんというレベルの目標になってしまいましたが(笑)、
これくらいがちょうどいいかなと思った今年の年始でした。



皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
2017年も終わりとなりました。
今年もフォーサイトおよび簿記講座を受講いただきありがとうございました。
 
受講生の皆様からいただいたご意見、ご要望にお応えし、
講座をさらにブラッシュアップすることができ、その結果、
さらに多くの受講生の方に選んでいただけるという好循環となりました。
本当にありがとうございます。

特に、道場破りにいただくご質問により、「そういうお悩みもあるのか!」「そのように誤解される可能性もあるのか!」
と、弊社の講座をよりよくするために改めて考えていかなければならないヒントをたくさんいただきました。
このようなご意見が、多くの方にとってより使いやすい教材の開発につながります。
そうなれば弊社を選んで下さるお客様が増えることになり、大変ありがたいことです。

しかし、私個人的にはそのようなレベルでとどまりたくありません。
教材がわかりやすくなる=多くの方がより多くの知識を獲得しやすくなる=日本全体の知識の総和を増加させる。
弊社1社の受講生の増加にとどまらず、もっと大きな貢献をしていきたいと考えています。
ちょっと大きなことを申し上げてしまいましたが、
身の程知らずのおじさんが勝手に意気込んでいるだけなので、どうぞ皆様大目に見てやって下さい。

また、多くの受講生の方より合格のご連絡をいただいたことも何より励みとなりました。
平成29年も弊社の受講生の皆様方は全国平均を大きく上回る成果を上げられました。
例えば、全国平均が13%程度であった難しい2級試験でも、40%近くの方が合格されました。
そういった皆様のがんばりが私たち講師の励みともなります。本当にありがとうございます。

来年も引き続きよりよい教材開発、よりよい授業を展開していきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



皆さん、こんにちは。 
簿記講座担当の小野です。
おいしいものをたくさん食べられる時期で楽しいんだけど、
ちょっとおなかが・・・ボタンが・・・マズイ・・・。
 
最近、貯蓄率が高まっているというデータを見かけました。
多くの国民が実感できていない(たぶん)とはいっても、
経済的なデータを見る限りは、景気はかなりよくなって、賃金もそれなりに上昇していますが、
消費は増えず、貯蓄に回っているそうなのです。
そのデータの分析記事の中では、多くの国民は将来不安を感じて、
増えた賃金を消費に回せないのだろうと書かれていました。
まぁ、そうだろうなぁ。
 
しかし私が驚いたのはそちらではなくもう1つの分析でした。
貯蓄率が高まるということは私達がより多くのお金を銀行に預金するということです。
銀行は預かったお金を現金のまま持ち続けていてもまったく意味がありませんから、
何らかの手段で運用しなければなりません。

つまり、金融市場にお金を供給する(誰かに貸すか、株を買うかなど)ことになります。
市場経済では需要と供給で様々なモノ・サービスの値段が決まります。
金融機関が市場に供給するお金が増えると、そのお金が生み出すサービスの価値が下がります。
要するにお金を貸したい人(銀行)が増えると、貸付サービスの価値(金利)が下がるわけです。
貯蓄率が高まると金利が下がる・・・。
そして、一般に(理論上)、金利が下がると株や国債・社債(債券)の価格が上がります。

ちょっと極論になるかもしれませんが、次のような関連を生むかもしれません。
  
・預金している人は将来不安を感じている庶民であり、金利の低下によって、
 受け取ることができる預金利息が減る。
・株を所有している人はすでに余裕のある富裕層であり、庶民がせっせと預金
 してくれることで所有する株の価値を高めてくれて、より儲かる。

あぁ、自由経済の残酷さ・・・。
富める者はさらに富み、貧しい者は豊かになれないわけですね・・・。
悲しいかな。どうか、経済学の理論がウソであってくれ!!!
初詣で幸せになることを祈ってくるしかありませんね(悲)。



皆さん、こんにちは。 
簿記講座担当の小野です。
めっきり寒くなりました。体調管理に気をつけましょう!

3級合格後しばらく時間が経ってしまったが、
2級にチャレンジする際にどのように勉強するのが効率的なのか? 
弊社の2級講座を受講されている方の中にも、こんな悩みを持つ方がいらっしゃり、ご質問をお受けします。
今回はこんなご質問に対してお答えしてみたいと思います。

まずは、3級の過去問を1回分だけ解いてみましょう。
3級過去問で60点程度とれるようであれば3級の基本的な知識をお持ちということだと思いますので、
2級商業簿記の勉強を始めてよろしいかと思います。
2級商業簿記でも3級の内容が含まれますので、わからない3級の内容が出てきたとしても、
その都度3級の教材で復習をしていただければ十分挽回可能でしょう。
 
一方、3級の本試験形式の問題を解いて、50点にも満たない得点だとすれば、
少し3級の復習をなさってから2級に進まれた方がよろしいかと思います。
お手持ちの3級問題集の各章で2~3問程度の問題演習を行っていただき(3級問題集の問題をすべて解く必要はありません)、
ある程度基礎固めをされたうえで、2級に進まれたほうがよろしいかと思います。
2級では3級の内容が当たり前のように出てくるので、その部分でつまづいてしまったら2級の学習どころではなくなるからです。
 
3級で学ぶ仕訳・勘定記入のやり方さえ頭に入っていれば、
2級工業簿記については、3級の内容とは関係ありませんから、
すぐに始めていただいてもまったく問題ありません。

3級受験後しばらくブランがある方のご参考になれば幸いです。



皆さん、こんにちは。 
簿記講座担当の小野です。
今日もがんばっていきましょう!

先日、第147回簿記検定試験が実施されました。
受験した皆さん、出来はどうでしたか?
詳しい講評等は別途アップしていますが、
ここでは第147回検定試験について、簡単に振り返っておきましょう。

3級はとてもオーソドックスな設問でしたね。
過去問中心に勉強してきた方にとってはとても取り組みやすい問題だったのではないでしょうか。
直近の試験と同様に、50%近い合格率の試験となると思います。

特にポイントとなる第3問の試算表と第5問の財務諸表の問題に突飛な問題がなく、
過去問中心に勉強していれば、
「あっ、いつもと同じだ」と感じることができる問題だったと思います。
第1問・第2問もかなりワンパターンな出題で解きやすかったと思います。
勘定の締切の第4問がちょっと戸惑った部分だったでしょうか。
勘定の締切を苦手とする方は多いようで、ご質問も多々いただきます。
なんとクリアされていればいいのですが。

入門レベルの処理はどんな企業でもほとんど同じような取引の処理ばかりです。
ですから、同じような処理を正確にはやくできるほうがはるかに価値があると思います。
今回のようなワンパターンな出題は実務から見ても望ましいなぁと思います。

2級は前回よりちょっと難化したでしょうか。
といっても、前回・前々回が易しすぎたきらいがあり、
今回のレベルが標準的なレベルといえるかもしません。

第2問で、新試験範囲の中でも難しい連結が出題されましたが、
一方で第3問の決算の問題はかなり易しいレベルの問題でしたから、
全体的なレベルはそれほど高くない(標準的なレベル)と思います。
工業簿記も出題実績のある典型的といってよい問題でしたから得点しやすかったのではないでしょうか。

なんといっても第2問で連結が出題され、それに引きづられて、
第3~5問の比較的易しい問題にかける時間を減らしてしまったかどうかが
合否の分かれ目になるのかなぁと感じています。

全体を冷静に見ると標準的なレベルであるため30%を超えるくらいの合格率になるかと思いますが、
連結に引きづられた方が多い場合には20%台の合格率になるでしょうか。

いずれにしても、お疲れ様でした!



皆さん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
もう12月なのか…。年のせいか、1日が8時間くらいしかないような感じで、
とても時間が速く過ぎていってしまいます(悲)。

いや、マジまずいです…。
11/2付の新聞に昇給率に関する記事が掲載されていました。
その記事によると、平均で、1976年時点では、勤続30年の従業員は新入社員のときと比較して
給料が2.3倍に、1995年では2.2倍になっていました。

新入社員の初任給が年収約300万円だとして、1995年くらいまでは30年勤続者の年収は660~690万円くらいになっていたわけです。
バブル崩壊があったとはいえ給料の上がり方は変わらない状況が続いていました。  

しかし、2016年時点では、勤続30年の従業員は新入社員のときと比較して給料が1.6倍にしかならない状況だそうです。
30年勤続の人の年収が480万円くらいにしかならない計算です。
20年前と比べて、3割近く下がってしまっていますね。

一方で、税や社会保険料は上がり続けているので、手取りは4割くらい下がっているでしょう。
手取りが4割下がると、20年前の人と同じ生活スタイルをおくるのは不可能でしょう。
子どもをもって教育を受けさせ、住宅を購入し、車を購入し、…なんて、今までは当たり前だったような
生活スタイルを続けるのは不可能でしょうね。

現在の少子化の一因は、経済的理由で子供を持てないことにあるということはよく言われることであり、
ガッツリ下がってしまった手取りが大きな影響を与えているのは間違いないでしょう。

そして、この世代が支えられる側に回ったときもっと恐ろしいことが起きるのではないかととても心配になってしまいます。
平均的に働いている人でさえ、現役世代の給料が4割下がっており、かつ、
現在の40歳~50歳代が年金受給をするときの所得代替率は50%程度になると推定されています。
ただでさえ手取りが4割下がっているのに、年金受給するときにはその半分しか受け取れません
(ちなみに今の年金受給層の所得代替率は65%くらいです)。
しかも、バブル崩壊後の就職氷河期に就職できず非正規で就業を続けている人が数百万人単位で存在します。

現役時代にはガッツリ手取りを減らされて、かつ、それを基礎にした年金受給額になってしまうと、
今の40~50代が高齢者になったときにまともな生活ができない人が続出して、
その人たちを保護するためにさらにひどいことになってしまう…。

そんな恐ろしい世界にならないように何とかしなければならないのですが、
私は何をすればいいのでしょう?



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。