社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

15

2019/11

時効

学習について

暦の上では、すでに冬ですが、
実際には、まだ冬という感じではありませんね。
これから少しずつ寒さが増していくでしょうが。

フォーサイト専任講師の加藤です。

さて、今回は「時効」についてです。
多くの法律には時効の規定があります。
この時効に関して、「時効の中断」という言葉があります。
この「時効の中断」とは、
法定の中断事由があったときに、それまでに経過した時効期間がリセットされ、
改めてゼロから起算されることで、その事由が終了した時から新たな時効期間
が進行するというものです。
つまり、この「中断」の効果としては「完成の猶予」と「新たな時効の進行
(時効期間のリセット)」の2つがあります。
そのため、わかりにくいという面があったことから、わかりやすくするための
改正が行われています。

具体的には、従来、「時効の中断」とあったのを、「時効の完成猶予及び更新」と
するというものです。

では、「完成猶予」や「更新」というのはどのようなものなのかといえば、
「時効の完成猶予」とは、一定の事由(完成猶予事由)が発生した場合に、所定の
期間が経過するまで時効の完成を猶予する制度をいいます(時効の完成猶予は、
時効の完成をしばらく先延ばしにする効果しかありません)。

これに対して「時効の更新」とは、一定の事由(更新事由)が発生した場合に、
それまで経過していた時効期間がまったく無意味になり、新たな時効期間の進行
が開始する制度をいいます。

これらの語句は、今後、選択式で空欄にされるということもあるので、
正確に覚えておきましょう。



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。