危険物取扱者乙種4類講座の講師ブログ
第3石油類に関する過去問③

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第3石油類の過去問のうち「灯油」についてご紹介しましたので、今回は第3石油類に関する過去問のうち「ニトロベンゼン」について見ていきたいと思います。

ニトロベンゼンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。

1.無色または淡黄色の液体である。
2.水よりも重い。
3.空気中で自然発火する。
4.特有の芳香を有している。
5.引火点は、常温(20℃)より高い。

それでは、選択肢のいくつかを見ていきます。

ニトロベンゼンの液比重は1.2で水より重いため、選択肢2は正しいです。

また、空気中で自然発火する性質を有するのは第3類の危険物です。ニトロベンゼンは、第4類の危険物で、自然発火性はないため、選択肢3が誤りです。

なお、ニトロベンゼンの引火点は88℃で、常温(20℃)より高いため、選択肢5は正しいです。

今回第3石油類の過去問のうち「ニトロベンゼン」についてご紹介しましたので、次回は第3石油類に関する過去問のうち「クレオソート油」についてご紹介していきたいと思います。