危険物取扱者乙種4類講座の講師ブログ
第2石油類に関する過去問①

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「アクリル酸」についてご紹介したことにより、第2石油類は、一通り見たことになりますので、今回からは、「第2石油類の過去問」のうち、「共通する性状」について見ていきたいと思います。

第2石油類の性状について、次のうち誤っているものはどれか。

1.引火点が20℃以下のものはない。
2.比重が1より大きく、水の下層に沈むものがある。
3.水に溶けるものがある。
4.蒸気比重は1より大きい。
5.発火点はすべて第1石油類より高く、第3石油類より低い。

それでは、以下の通り、各選択肢を解説していきたいと思います。

1.第2石油類は、1気圧において引火点が21℃以上70℃未満のものをいいます。
2.第2石油類で比重が水より重いものは、クロロベンゼン約1.1、酢酸1.05、アクリル酸1.06があります。
3.酢酸、アクリル酸、プロピオン酸は第2石油類の水溶性です。
4.蒸気比重はすべて1より大きいです。
5.発火点は、品名には関係がなく、高低は物質によって異なります。

よって、正解は、選択肢の「5」になります。
引火点と発火点を混同しないように注意してください。

今回は、第2石油類の過去問のうち「共通する性状」についてご紹介しましたので、次回は、「第2石油類の過去問」のうち「灯油」についてご紹介していきたいと思います。

アクリル酸とは

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「プロピオン酸」についてご紹介しましたので、今回は、第2石油類のうち「アクリル酸」について見ていきたいと思います。

アクリル酸は、アクリル樹脂の原料として使用されています。また紙おむつなどの高吸水性樹脂の原料やレーザープリンタ用トナーなどとして用いられており、以下のような特徴があります。
 
▪酢酸のような刺激臭のある無色の液体
▪引火点は51℃である
▪蒸気を吸入すると粘膜がおかされ、気管支炎、肺炎などを起こし、液体に触れると炎症を起こす
▪重合しやすいため、市販されているものには重合防止剤が含まれている
▪重合熱は大きく、発火・爆発のおそれがある
▪コンクリートを腐食させる程の強い腐食性を有する
水やエーテルに溶ける
▪有機溶剤によく溶ける

すでにご紹介した、「酢酸」、「プロピオン酸」、「アクリル酸」というように第2石油類のうち物品の名称の最後に「酸」がつくものは、「水溶性」であるという特徴は、押さえておくと良いと思います。

今回は、第2石油類のうち「アクリル酸」についてご紹介したことにより、第2石油類は、一通り見たことになりますので、次回からは、「第2石油類の過去問」についてご紹介していきたいと思います。

プロピオン酸とは

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「酢酸」についてご紹介しましたので、今回は、第2石油類のうち「プロピオン酸」について見ていきたいと思います。

プロピオン酸は、エステル化剤として有機合成に用いられるほか、カルシウム塩、ナトリウム塩はカビ防止剤として用いられており、以下のような特徴があります。

▪引火点は52℃である
▪刺激臭がある
コンクリートを腐食させる程の強い腐食性を有する
▪水によく溶ける(水溶性)
▪有機溶剤によく溶ける

前回見た通り、酢酸は、水溶性の第2石油類として最も代表的な物品であることから、本試験においても第2石油類のなかでは、出題頻度が高いのに対して、プロピオン酸は出題頻度が低く、学習の優先順位は低くなります。

なお、「コンクリートを腐食させる程の強い腐食性を有する」という特徴から火災予防の方法として、「床はアスファルトにする」という点を押さえておいてください。

今回は、第2石油類のうち「プロピオン酸」についてご紹介しましたので、次回は、第2石油類のうち「アクリル酸」についてご紹介していきたいと思います。

酢酸とは

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「テレピン油」についてご紹介しましたので、今回は、第2石油類のうち「酢酸」について見ていきたいと思います。

酢酸は、水溶性の第2石油類として最も代表的な物品で、アセトアルデヒドの酸化によって得られます。食酢には3〜5%の酢酸が含まれており、以下のような特徴があります。
 
▪無色で刺激臭のある液体
▪蒸気は空気より重い
▪引火点は39~41℃である
▪純度96% 以上のものを氷酢酸といい、17℃で凝固する
▪強い腐食性がある有機酸である
▪水より重い(液比重が1より大きい)
▪水によく溶け(水溶性)、アルコールやエーテルにも溶ける

前回までは、第2石油類のうち、非水溶性のものをご紹介してきましたが、今回からは、第2石油類のうち「水溶性」のものをご紹介していきます。

上記で見た通り、酢酸は、水溶性の第2石油類として最も代表的な物品であることから、本試験においても第2石油類のなかでは、出題頻度が高く、重点的に暗記してほしい物品になります。

また、酢酸は、アセトアルデヒドの酸化によって得られるという点は、基礎的な物理学及び基礎的な化学の試験科目においても問われるため、この点を押さえておいてください。

今回は、第2石油類のうち「酢酸」についてご紹介しましたので、次回は、第2石油類のうち「プロピオン酸」についてご紹介していきたいと思います。

テレピン油とは

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「スチレン(スチロール)」についてご紹介しましたので、今回は、第2石油類のうち「テレピン油」について見ていきたいと思います。

テレピン油は、塗料やワニスなどの溶剤として利用される他、美術の分野では油絵具の薄め液や画用液などに用いられており、以下のような特徴があります。

▪淡黄色である
▪引火点は35℃である
▪油脂や樹脂をよく溶かす
▪水に溶けない(非水溶性)
▪水より軽い(液比重が1より小さい)
▪アルコールに溶ける
▪蒸気比重が第4類危険物の中で最も大きい(蒸気比重は4.7)

テレピン油は前回ご紹介したスチレン(スチロール)と同じように出題頻度が低いため、他の第2石油類の危険物の暗記がまだ十分でなければ、後回しで良いと思います。

今回は、第2石油類のうち「テレピン油」についてご紹介しましたので、次回は、第2石油類のうち「酢酸」についてご紹介していきたいと思います。

スチレン(スチロール)とは

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「1-ブタノール(n-ブタノール)」についてご紹介しましたので、今回は、第2石油類のうち「スチレン(スチロール)」について見ていきたいと思います。

スチレンは、合成樹脂や合成ゴムの製造原料として用いられており、以下のような特徴があります。
 
▪無色で芳香を有する可燃性液体
▪引火点は31℃である
▪加熱や光により重合し、発熱する
▪水にはほとんど溶けない(非水溶性)
▪水より軽く、蒸気は空気より重い
▪有機溶剤に溶ける

スチレン(スチロール)は、本試験においては、以前はたまに出題されていましたが、最近は出題がほとんどないため、他の第2石油類の危険物の暗記がまだ十分でなければ、後回しで良いと思います。

今回は、第2石油類のうち「スチレン(スチロール)」についてご紹介しましたので、次回は、第2石油類のうち「テレピン油」についてご紹介していきたいと思います。