危険物取扱者乙種4類講座の講師ブログ
1-ブタノール(n-ブタノール)とは

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「キシレン」についてご紹介しましたので、今回は、第2石油類のうち「1-ブタノール(n-ブタノール)」について見ていきたいと思います。

1-ブタノールは、炭素数が4個あるため、消防法上のアルコール類には分類されません。様々な有機物をよく溶解するため、溶媒として広く利用されており、以下のような特徴があります。

なお、アルコール類については、後日ご紹介したいと思います。

▪無色透明の液体
▪比重は0.8である
▪引火点は約35~38℃である
▪発火点は約343~401℃である

▪燃焼範囲は1.4~11.2vol%である
▪燃焼により刺激性または有毒なガスを発生させるおそれがある
▪特徴的な臭気がある
▪非水溶性に区分されるが、水にわずかに溶ける(水に可溶である)
▪有機溶剤によく溶ける
▪酸化すると、ブチルアルデヒド及び酪酸になる
▪皮膚や目を刺激し、薬傷を起こす

試験対策としては、引火点と発火点について軽油と比較する問題がありますので、その点を注意しておいて下さい。

今回は、第2石油類のうち「1-ブタノール(n-ブタノール)」についてご紹介しましたので、次回は、第2石油類のうち「スチレン(スチロール)」についてご紹介していきたいと思います。

キシレンとは

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「クロロベンゼン」についてご紹介しましたので、今回は、第2石油類のうち「キシレン」について見ていきたいと思います。

キシレンは、石油中に含まれ、薬剤等の原料として用いられています。一口にキシレンと言っても、オルトキシレン(o-キシレン)、メタキシレン(m-キシレン)パラキシレン(p-キシレン)の3つの異性体があり、それぞれ、引火点は30℃前後とわずかに異なっており、以下のような特徴があります。
 
▪ベンゼン核を有する無色透明の液体
▪オルト、メタ、パラの3種類の異性体がある
▪引火点は、33℃(オルト)、28℃(メタ)、27℃(パラ)である
▪霧状にすると、常温でも引火の危険性がある
▪流動したときに静電気を発生しやすい
▪芳香を有している
蒸気比重は空気より重い(蒸気比重は3.7)
▪水より軽い(液比重が1より小さい)
▪水に溶けず(非水溶性)、ジエチルエーテルに溶ける

なお、異性体とは、同じ数、同じ種類の原子を持っているが、違う構造をしている物質のことです。

また、試験対策としては、「蒸気比重は空気より重い」という点を押さえておいて下さい。

今回は、第2石油類のうち「キシレン」についてご紹介しましたので、次回は、第2石油類のうち「1-ブタノール(n-ブタノール)」についてご紹介していきたいと思います。

クロロベンゼンとは

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「軽油」についてご紹介しましたので、今回は、第2石油類のうち「クロロベンゼン」について見ていきたいと思います。

クロロベンゼンは、殺虫剤DDTの原料として用いられてきましたが、現在では、染料や除草剤などの合成中間体の原料の他、溶媒としても利用されており、以下のような特徴があります。

▪無色の液体

▪引火点は28℃である

▪燃焼範囲は1.3~10vol%である

▪霧状にすると、常温でも引火の危険性がある

▪流動したときに静電気を発生しやすい

▪特異な臭いを有する

▪蒸気は空気より重い(蒸気比重は3.9)

▪麻酔性がある

▪水より重い(液比重が1より大きい)

水に溶けない(非水溶性)がアルコールやエーテルに溶ける

クロロベンゼンは、同じ第2石油類の非水溶性の灯油や軽油と比べて出題頻度が低いですが、いわゆる個数問題としてその正誤を判断する必要があることがあります。

過去の本試験では、クロロベンゼンの性状として「有機溶剤や水によく溶ける」という誤った選択肢が出題されたことがあります。

クロロベンゼンは有機溶剤にはよく溶けますが、水には溶けません

すでに何回もご紹介しているとおり、第4類の危険物は、「水に溶けるか溶けないか」という点が本当によく問われますので、優先的に押さえておく必要があります。

今回は、第2石油類のうち「クロロベンゼン」についてご紹介しましたので、次回は、第2石油類のうち「キシレン」についてご紹介していきたいと思います。

軽油とは

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「灯油」についてご紹介しましたので、今回は、第2石油類のうち「軽油」について見ていきたいと思います。

原油は高温で蒸留することにより、一定の割合でガソリン、灯油、軽油などの石油製品の留分が生産されるという点は、前回ご紹介したとおりです。

軽油は、沸点170~370℃の原油留分のことで、以下のような特徴があります。

無色または精製会社により淡黄色または薄緑色などに着色されている

▪引火点は45℃以上である

▪発火点は約220℃である

▪液温が引火点以上になると、引火の危険性はガソリンとほぼ同じになる

▪霧状にすると、常温でも引火の危険性がある

▪ガソリンと混合すると引火しやすくなる

▪電気の不導体で、流動により静電気が発生しやすい

▪臭気がある

▪水より軽い(液比重が1より小さい)

▪水に溶けない(非水溶性)

▪灯油より硫黄の含有量が多い

▪ディーゼル機関の燃料に用いられる

前回、灯油をご紹介した際に、出題のポイントをお伝えしたとおり、灯油と軽油の2つの危険物については、その共通点・相違点が問われます。

過去の本試験では、灯油と軽油の性状として「ともに精製したものは無色であるが、軽油はオレンジ色に着色されている」という誤った選択肢が出題されたことがあります。

灯油は無色または淡黄色で、軽油は無色または精製会社によって着色されていることがありますが、オレンジ色に着色されているのは、自動車ガソリンです。

今回は、第2石油類のうち「軽油」についてご紹介しましたので、次回は、第2石油類のうち「クロロベンゼン」についてご紹介していきたいと思います。

灯油とは

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は「第2石油類」の全体像についてご紹介しましたので、今回からは、第2石油類のうち「灯油」について見ていきたいと思います。

原油は高温で蒸留することにより、一定の割合でガソリン、灯油、軽油などの石油製品の留分が生産されます。

灯油は、沸点145~270℃の原油留分のことであり、以下のような特徴があります。

▪精製したものは無色

▪引火点は40℃以上である

▪液温が引火点以上になると、引火の危険性はガソリンとほぼ同じになる

▪霧状にすると、常温でも引火の危険性がある

▪ガソリンと混合すると引火しやすくなる

電気の不導体で、流動により静電気が発生しやすい

▪石油臭がある

▪水より軽い(液比重が1より小さい)

▪水に溶けない(非水溶性)

▪蒸気は空気より重い(蒸気比重は4.5)

▪石油ストーブの燃料に使用される

▪布に染み込んだものは、火がつきやすい

▪第1類や第6類の危険物と混触すると、発火する危険がある

前回、第2石油類の全体像をご紹介した際に、出題のポイントをお伝えしたと思います。

それは、灯油と軽油の共通点・相違点を問うというものでした。

過去の本試験では、灯油と軽油の共通点として、「ともに電気の不導体で、流動により静電気が発生しやすい」という点が正解の選択肢になったことがありますので、この点は、是非押さえておいて下さい。

今回は、第2石油類のうち「灯油」についてご紹介しましたので、次回は、第2石油類のうち「軽油」についてご紹介していきたいと思います。

第2石油類とは

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は第1石油類の過去問のうち「横断的な過去問」についてご紹介しましたので、今回からは、「第2石油類」について見ていきたいと思います。

第2石油類とは、1気圧において引火点が21℃以上70℃未満の引火性液体を指します。引火点が常温(20℃)より高いため、常温では引火しません。

すでにご紹介したとおり、第4類の危険物は、アルコール類を除いて、主として引火点によって区分されますので、まずは、第2石油類の引火点が21℃以上70℃未満という点は、必ず押さえておきましょう。

第2石油類において、非水溶性のものは灯油、軽油といった比較的耳目にする危険物の他、クロロベンゼン、キシレン、1-ブタノール 、スチレン、テレピン油といったものがあります。これに対して、水溶性のものは酢酸、プロピオン酸、アクリル酸などがあります。

第2石油類も第1石油類と同様に非水溶性と水溶性の区分があります。

非水溶性のものとしては、灯油軽油、水溶性のものとしては、酢酸の出題頻度が高いので、この3つの危険物については、優先的に学習するようにして下さい。

また、過去の本試験では、灯油と軽油の共通点・相違点を問う問題が出題されていますので、この点を意識してインプットすると良いでしょう。

今回は、「第2石油類」についてご紹介しましたので、次回は、第2石油類のうち「灯油」についてご紹介していきたいと思います。