公務員試験対策(一般知能)スペシャリストによるこっそり裏講義

☆はじめに☆
行政職(県庁・市役所)を受験するにあたって、有利になる資格はあるのでしょうか?そんな視点で募集要項を見ながら、求められる人物像、およびアピールできそうな経験について探っていきます。

■語学
やはり、語学による加点が圧倒的に多い印象です。
なかでも、英語、韓国語、中国語あたりが加点の対象となっている自治体がメインです。
長野県職員採用選考を参考に見てみましょう。

上記は40点加算されるスコアです。この試験種の場合、スコアによって加点がことなり、例えば、TOEIC600以上の場合は20点加算です。
スコアによって加算される点数が異なるというのはよく見られますが、TOEICでいうと加点対象の「最低ラインは600かな」という印象です。
是非ここは730点を目標としたいところです。
行政職を受験する層で英文にハンデを抱えるのは怖いですし、教養科目受験対策の意味でも、やっておいて損はなさそうです。

では、他の言語についても見ていきましょう。各20点の加算です。

数は少ないですが、別の自治体では、その他の言語で加点が行われる場合もありました。スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、フランス語での加点なども自治体によってはあるようです。
自治体によって、人数の多い外国人は異なります。
資格のあるなしにかかわらず、必要とされる言語に興味があるのであれば、それはアピール材料にもなりえます。

■スポーツ・文化・芸術
埼玉県日高市はスポーツ・文化芸術において、優秀な成績を収めた人へ5点加点する制度で試験を実施しています。
具体的には、下記に当てはまる方が対象です。

・スポーツは、日本体育協会に加盟している中央競技団体の競技種目
全国高等学校総合体育大会、国民体育大会など、県代表等として全国大会へ出場(団体競技種目の場合は、登録メンバーであること)

・文化芸術は、全国高等学校文化連盟に設置されている専門部の部門
全国高等学校総合文化祭、国民文化祭などの全国大会へ出場(団体部門の場合は、登録メンバーであること)

・両者とも、優秀な成績を収めた時期は、中学校以前のものは含まない

(出典:埼玉県日高市ホームページ 令和2年4月1日付職員採用試験(9月実施))

確かに、行政職の採用においてこのような加点は全国的にもまれな例ではあります。
自治体の採用の方向性としてこのような要素を持つ人を好ましく判断するとも言えます。
もし、あてはまる、あるいはそれに類する実績を持っているのであれば、面接のPR材料にもなるとは言えないでしょうか?

☆まとめ☆
加点のあるなしにかかわらず、自治体の求める人物像というのも、少し見えてきませんか?
「加点」とは明言しなくても、受験願書に下記のような記載でプラス評価をほのめかす(?)こともあります。松本市は次のようなアプローチをしています。

⑵ 次に該当するような方は是非積極的にご応募ください。

・地域づくり活動やスポーツ・文化・芸術サークル活動等において中心的・指導的立場で活躍した実績がある方

・外国語(特に中国語・英語・ポルトガル語)に堪能な方

・学芸員(美術・民俗学・考古学・自然系)、司書、陸上特殊無線技士の資格を有する方

・主任ケアマネジャー、認定心理士等の資格を有する方

(出典:松本市採用ページより)

公務員を志望する方であれば、こういった情報も大学の過ごし方の参考になるかもしれませんね。

(参考サイト)

日高市採用ページ

https://www.city.hidaka.lg.jp/information/77/shiken/14292.html

長野県職員採用ページ

https://www.pref.nagano.lg.jp/jinjii/kensei/soshiki/soshiki/boshu/saiyo/nitte/documents/2020gyoubgaiyou.pdf

松本市職員採用ページ

http://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/saiyo/siken/2020_06_saiyousiken.files/2020_06_01youkou.pdf

 

 

 



岩崎郁人

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。