簿記講座の講師ブログ

 皆さん、こんにちは!

 簿記講座担当の小野です。

 行楽の秋。遊びに行きまくりたいですね! でもダメか・・・。勉強しなきゃ。

 日々の活動をできる限りうまく進めるためのツールとして有名なものにPDCAがあります。PLAN-DO-CHECK-ACTIONの略で、「計画を立てて、実行し、チェックして、うまく行かなった部分について次のサイクルで改善する」サイクルを示す言葉です。

 PDCAをうまく利用することができれば、少しずつでも改善が進み、少しずつ日々の活動がうまくいき始めるはずです。多くの企業では大なり小なりこのサイクルを実践していることでしょう。

 このサイクル実践の最大のポイントはCHECKにあると思います。PLANは想像の世界ですから、どんなに厳密に考えて計画を立てても、予想外の事態がいろいろ生じてしまうでしょう。その予想外の事態をCHECKの段階でどれだけ見つけて、次のサイクルに生かすかどうかが重要だからです。

 でも、この作業は計画立案・実行の責任者にとってきつい作業です。日々の活動があまりうまくいっていない場合のCHECK作業は、計画立案・実行の責任者の責任を追及する作業になりかねないからです。

 そのためでしょうか、肝心なところでこのCHECK作業の結果があまり開示されないように感じます。

 例えば、緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業要請はどのくらいうまくいったのでしょうか? 東京では、2021年、3月末から4月末の1か月を除いてずっと緊急事態宣言中です。飲食店は時短営業+酒類提供禁止です。3月末から4月末に緊急事態を解除したため5月に感染者が多くなったといわれていますが、7月末からの感染者激増は緊急事態宣言中でした。逆に、夏休み・9月の連休中の営業をしなければ生き残れないと酒類を提供する飲食店が少しずつ増える中で、8月末以降に感染者が激減しています。

 このような状態をみると、時短営業がどのくらいうまくいったのか厳密にCHECKして、うまくいった部分、うまくいかなかった部分を検証し、次に生かさなければならないのですが、そういった作業が行われているか、国民の目からはなかなか見えません(私に見えていないだけだったらすみません…)。

 また、先日、「基金が乱立し、お金が2.6兆円も余っている」ということが報道されました。国や役所は単年度主義(1年ごとに予算を明らかにして、議会で承認したうえで、1年ごとに執行していく)なので、1年を超える取り組みを行う場合には、「基金」と呼ばれる仕組みを使います。

 「基金」は1年を超える取り組みを行う場合のプロジェクト組織みたいなイメージです。そのプロジェクト組織に複数年分のお金を渡して、渡された金額内で予定された活動を複数年にわたって行う仕組みです。

 この仕組みは国や役所の単年度主義という原則からそれるやり方ですから、あくまでも例外的なやり方です。議会はいつ解散されるかわからないので、1年以上の予算を決める権限を持たせてしまうと、危険なわけです。

 しかし、この「基金」が国の分だけで200件も存在していて、そこに投入されたお金が2.6兆円も使われずに余っていることが分かりました。

 例えば、リーマンショックに端を発した長期失業者の就労支援基金には379億円のお金が投入されていますが、そのうち使われたのは3.5%分だけです。ニート支援(就職氷河期世代への対応)基金には148億円が投入されていますが、そのうち使われたのは9.3%です。

 ただ、使われずに残っているだけマシかもしれません。使わなければ報道されてたたかれるとなれば、無駄な使い方がなされるかもしれないからです。

 国レベルの規模の大きな組織体は実に多くの人がかかわっているでしょうから、CHECKを行って、それを次のサイクルの改善に生かすことが難しいかもしれません。

 でも、人口減少社会だし、現役世代の収入が減っているし、うまく行かなった点を洗い出してできる限り改善していかなければ、なかなか難しい時代を迎えることにつながってしまうかもしれません。

 何とか、国レベルの大きな取り組みであっても、CHECKが有効に機能するようなシステムが作れないものでしょうか…。

 私程度の人間がそう思うのですから、政府など優秀な方々が集まっている部署ではすでにいろんな対応方法を考えてこられたと思いますが。なんだかもどかしいです。

 皆さん、こんにちは!

 簿記講座担当の小野です。

 “食欲の秋”が近づいてきましたが、このまま食欲があがるとマズイ今日この頃です。

 千葉といえば千葉ロッテマリーンズ!
 千葉在住の私は、息子ともども千葉ロッテマリーンズファンです。
 ファンクラブにも入り、応援しています。

 頻繁に試合を見に行きたいところですが、昨年から、けっこうな入場制限が行われていて、なかなかチケットを買うことができず、昨年は3試合、今年は1試合しか見に行くことができていません(悲)。

 この原稿を執筆時点では、絶好調のマリーンズ!
 9回に益田選手が出てくれば勝ったも同然!

 多くの試合で投げて大変だろうなぁと思いますが、私の職業病か、9回1イニングを投げるだけで年俸2億円なら、1球いくらなんだろう? などと考えてしまいます。

 昨年(2020年)は52回の登板で851球。年俸2億円ですから、1球235,017円!

 うぉ~! すげぇ~~!

 でも、2億円ももらえば、半分は税金で持っていかれるでしょう。

 所得4,000万円以上の部分の税率は55%。
 (累進税率なので、4,000万円未満の部分は50%以下の税率です)

 ということは、所得が4,000万円を超える時期(6月ごろでしょうか)からは、1球につき、235,017円がロッテから益田選手に支払われ、そのうち129,259円は国と地方自治体に入ります。1球投げるごとに税金を129,259円支払っているなんて、プロ野球選手ってすごい社会貢献しているんですね!

 プロ野球選手は、年俸2億円、3億円などと、私たちに夢を見せてくれます。
 その上、私たちよりの何十倍も税金を払ってくれています。

 高額年俸のプロ選手がミスしたりしても、もう決してブーイングをしないと心に決めました。

 皆さん、こんにちは。

 簿記講座担当の小野です。

 徐々に涼しい時期になってきました。体調管理には気をつけていきましょう!

 DX(デジタルトランスフォーメーション)。様々な活動をデジタルに置き換えていこうとする取り組みを差します。代表的なものがテレワークですね。目指すべき形はいろんなものがあるのでしょうが、目指すべき形・理想型の1つとして、従業員が会社の近くに住むのではなく、日本各地に住んでいる従業員がオンラインで出社する形があるでしょう。そうすれば東京一極集中の問題も解決しますし、必然的に地方創生にもつながりますよね。

 では、コロナ禍でこの取り組みがどのようになったのか? 「クラウドワークス」というオンライン業務仲介最大手の会社が、先日、面白いデータを発表していました。そのデータでは、オンライン業務の発注者が住んでいる県と、オンライン業務の受注者が住んでいる県をランキング形式で発表していました。DXの理想型となっていれば、発注者は都会の会社で、受注者が地方に住んでいる方、ということになると思いますが、さて、どうなったと思いますか?

 結果は、発注者が地方、受注者が都市在住者となりました。

 発注者は1位鳥取県、2位高知県、3位島根県、4位福井県、5位徳島県です。

 受注者は1位東京都、2位神奈川県、3位大阪府、4位千葉県、5位京都府です。

 つまり、地方の企業が、都市のスキル保有者を頼っているという構図ですね。

 ということは、地方から都市にお金が流れる、ちょっと言い方を変えると、都市が地方からお金を吸い上げてしまうことになります。都市がますます豊かになって、地方がますます苦しくなる方向にいきかねません。

 日本は都市への人口集中という問題を抱え、それが少子化の原因の1つとなっています。一方で、地方を活性化させるための地方創生という政策を実行中です。とすれば、DXはこれらの問題を解決し、これらの政策を実施するツールとなるはずです。

 デジタル庁もできたのですから、今猛烈に進化しているDXのためのツールを使って、日本の問題が解決できる方向に進むといいですね。

 皆さん、こんにちは!

 簿記講座担当の小野です。

 今日もがんばっていきましょう!

 アメリカがアフガニンスタンから撤退しました。民主主義の敗北、アメリカの力が弱くなった、ますます中国・ロシアの脅威が高まってきたなどと心配されています。本当に、そうなのでしょうか? 単なる楽観主義はよくありませんが、経済の側面から見ると、アメリカが地力をさらにつけるための一時的な戦略のようにも見えます。

 というのはアメリカがエネルギー(原油)の心配をしなくてよくなったからです。
 これまでアメリカは世界一エネルギーを使う国で、膨大な量な原油を輸入していました。いろんな面で中東の国々と付き合ってエネルギー価格ができる限りやすくなるように外交を行っていたわけです。

 ところが、シェール革命を経て、アメリカは自国で使う分のエネルギーを自国で生産できるようになりました。今や、アメリカは世界第4位の原油輸出国です(1位サウジアラビア、2位ロシア、3位UAE)。また、食料輸出は相変わらずの第1位です。

 つまり、ここにきて、アメリカはエネルギーと食料という、私たちが生きていくために必要な物資を他国に頼らなくてよい状態になったばかりでなく、軍事力だけではなく、食料・エネルギーで他国に影響を与えられるようになりました。しかも、世界の基軸通貨はドルで、世界の国々の貿易にも影響を与えることができます。

 例えば、米国にとって気にくわない国が出てきた場合、食料・エネルギーの輸出をちょっと絞って、その国の貿易をちょっと邪魔する(ドル決済をさせない)ことがいくらだってできるわけです。

 それが可能であれば200兆円もかけて、イラクやアフガニンスタンに駐留して、民主主義を広めなくったっていいやと思ってしまったのかもしれません。

 多くの戦争の原因は経済です。独仏戦争も石炭の取り合いが原因でした(それがEU創立にまでつながっていますよね)。経済的なネックがなければ戦争の原因が1つなくなります。今回のアメリカの撤退も、中東に起因する経済的ネック(原油の問題)がなくなったから戦争をやめたといえるのかもしれません。そして、そこに費やしていたリソースを中国・ロシアに向けるのでしょうね。

 皆さん、こんにちは!

 簿記講座担当の小野です。

 エアコンで体調が崩れやすくなる時期ですが、うまいこと調整しましょうね。 

 ちょっと前(6月末)の話になりますが、MicrosoftからWindows11のリリースが発表されました。2021年後半にリリースされるそうです。Windows10がリリースされたときには、「これ(Windows10)が最後のOSリリース。今後は、アップデートで対応する。」ということでしたが、それはあっさり忘れ去られ、新しいOSの発売となりそうです(Windows11を使っているなら、無料バージョンアップしてくれるそうです)。

 それはともあれ、キーボードとマウスが使えるPCでのWindows環境が必要な私としては、個人的に2つの機能に注目です!

 1つはteamsがWindowsに統合されることです。これまでteamsを使おうとすると、別途、Microsoftとの契約が必要でしたが、Windows11では無料になるようです。Teamsでのファイル共有などの機能まで無料になるかどうかは微妙ですが、もし、そのクラウド機能まで一部だけでも無料になると、相手がWindowsユーザであれば、相手の環境を気にすることなく、ファイルのやり取り・共同作業を進めることができます。

 今後は様々なところで在宅勤務が増えていくでしょうし、コンピュータ環境はインフラになりつつありますから、teamsのOSへの組み込みはタイムリーですね。

 ただし、IEをWindows標準のブラウザとしたことに対して、ブラウザ各社から文句が出たといった過去もありますから、ZoomやMeet陣営がどう出るか気になるところです。

 もう1つはWindowsでAndroidアプリが使えるようになることです。仕事の都合でどうしてもWindows環境が必要なので、Android環境も同時に使いたい場合には、PC+タブレット、PC+スマホを持ち歩く必要がありました。スマホだとどうしても作業効率が下がるので、外出時間が長引きそうなときは、作業の効率性を保つために、ヘタするとPC+タブレット+スマホを持ち歩くハメになっていました。

 でも、WindowsでAndroidアプリを使えるようになれば、もうタブレットは不要になります! タブレットも400~500gくらいありますので、荷物が少しでも軽くなるのはうれしいですね。

 アップデートのたびにいろんな文句が出るWindowsですが、昔に比べると圧倒的に便利になっているのは事実。その便利さの向上を楽しみたいと思います。

 皆さん、こんにちは!

 簿記講座担当の小野です。

 今日もがんばっていきましょう!

 皆さんに説明する仕事をしているからでしょうか。

 私は、他人の説明を聞くときには、その言葉遣いが結構気になります。

 最近(というか結構長い間)、気になっている言葉遣いがあります。

 「スピード感を持って…」という言葉遣いです。

 特に政治家・テレビのコメンテータの方がよくお使いになっている気がします。

 ・新型コロナへの経済対策にスピード感を持って対応します!
 ・ワクチン接種環境整備にスピード感を持って対応します!

 でもでも、この使い方、とても気になりませんか?

 私はとても気になってしまいます(*_*;。

 というのは、「スピード感を持って対応する」といわれると、「速く対応するようにするけど、実際に速く対応できるか(周りから見て速いといえるか)どうかは保証できないから、そのつもりで」的なニュアンスに聞こえてしまうからです…。

形容詞って、使っている人の主観が入ります。そして、聞いているほうには「スピード感」がいろんな意味で伝わります。2~3日中に何とかなるとも捉える人もいるでしょうし、1~2か月かかると捉える人もいるでしょう。「一生懸命頑張る」っていっても、1日1時間勉強することを「頑張る」という人もいれば、1日5時間くらい勉強して「今日は頑張ったな」と感じる人もいるでしょう。

 本当に速く対応するつもりがあるのであれば、「スピーディーに対応する」など、実際に速く実現するということが伝わるように伝えればいいのになぁ、と思ってしまうのは私だけでしょうか(あくまで思うだけで、誰にも文句は言いいません)。

 まぁ、そんな小さいこと気にするなよ、と言われるとその通りなのですが…。

 ちなみに、レストランで給仕の方が料理をもってきて、「こちらがハンバーグになります」って、注文した料理を置いていくのもとても気になっちゃいます。

すでに「ハンバーグになっているじゃないか!」まぁ、気にするなよ。そんな声が聞こえてきそうです。