簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。

最近、資本主義ってすばらしいと感じる場面に二度遭遇しました。

1つは名前シールです。4月から上の子が小学校に入学するため、
持ち物すべてに名前を書かなければなりません。

最もやっかいなのが算数セットという教材です。
小学校の先生は、おはじきやら、さいころやら、
いろんな形の教材すべてに名前を書けというのです・・・。
あぁ、苦行・・・。

算数セットは無理としても、その他の教材は比較的広い
平面がありますので、PCでシールを作成して貼っちゃえばいいと思い、
ヨドバシカメラの名前シールコーナーにいきました。

するとどうでしょう! 算数セット用シールがあるではないですか! 
HISAGOという会社が算数セット用のシールを販売しているではないですか! 
おはじきの形をしたシールがちゃんと同封されているのです。

しかも、シールを編集するための専用ソフトはHISAGOの
HPから無料ダウンロードできるというサービスぶりです
(その後、自宅で検索してみると、いろんな会社から販売されていました)。

そう。無理難題は資本主義が解決してくれます。
需要があれば必ず供給があるのです。

もう1つはバーミヤンです。学生のころにいったバーミヤンは、
とにかく安かろうまずかろうの典型でした。

それ以来行ってなかったのです。
確かに破格の安さでした。
でも、おなかをふくらますだけの食事しかできない
という記憶がありました。
 
最近、頻繁にバーミヤンのチラシが入るので、
「ドリンクバーもあるし1回行ってみるか。子供が喜べばいいし。」
ということになりました。するとどうでしょう! 

とてもおいしいではないですか! 
私自身、ここ10年でたばこもやめたため、
いろんな食材の味がわかるようになってきています。

それでも「おいしい~~!」と感じました。
でも価格は昔のままです。家族4人で行き、
私はビールまで飲んで、3,500円くらいで
おなかいっぱいになってしまいます。

そう。資本主義は企業の競争を通じて
材・サービスのレベルをあげてくれるのです。

思い起こせば弊社の教材も、
15年前とは比べものにならないほどグレードアップしました
(手前味噌ですみません)。

15年前は教室講義を録画したDVD(編集なし)とワードで
編集した白黒印刷のテキストを教材として提供していました。

今や専属カメラマンと動画編集者がハイビジョンの動画を作成し、
専属デザイナーがフルカラーのテキストを作成して、
皆様に提供しています。

競争はきついけど、とても大事だなと感じたお話でした。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。