簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

未分類

皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
あぁ、夏ももうすぐ終わってしまいます。
はやく次の休みにならないかな。
 
前回の続きです。
 
 羽田空港駐車場の料金について、個人的には、
経済の原則からいうとえぇぇ~~という状況だと思います。
羽田空港の駐車場はいつも1日1,500円、一方、行楽シーズンには周辺の駐車場は1日3,000円です。

空港に直結している便利な(しかも屋根付き)駐車場が1日1,500円で、
空港までバスで送迎してもらわなければならない不便な場所にある(しかも屋外)駐車場が1日3,000円。
羽田空港の駐車場は、周辺の駐車場より安くて、かつ、良心的でいいじゃないかと思わないこともありませんが、
個人の利用者ではなく、もっと広い視点から見てみると、ちょっと・・・という感想です。

1つは国民としての立場から見た場合の話です。
羽田空港は国の所有物でその管理・運営を日本空港ビルディングという民間企業が行っています。
日本空港ビルディングは国に施設利用料等を支払っており、駐車場利用料の一部も国に納められるでしょう
(細かいところまで資料を探せませんでしたが)。

現在、羽田空港の容量は限界近くに張り付いており、今後伸びる航空需要を満たせないということを前提とすれば、
できる限り多くの資金を確保することが必要でしょう。国の航空政策という点から見れば、
羽田空港の駐車場の倍の料金を出しても止めたい人(周辺の駐車場を利用する人)がたくさんいるわけですから、
わざわざ便利な駐車場を安く使わせる必要はないのではと思うわけです。

2つめは株主(資本主義)の立場から見た場合です。
日本空港ビルディングは東証一部に上場している企業で利益を追求して活動している企業です。
周辺の駐車場が1日3,000円稼いでいるのに、1,500円しか稼がない企業は、株主の目にどう映るでしょう? 
もちろん、すぐに満車になってしまうのは一時期だけでしょうが、
そんなときだけでも値上げして少しでも多くの利益を稼ぐことが必要でしょう。

だって、JALやANAも休みの時期の航空運賃は閑散期の倍くらいしますよね。
それでもみんな、高い料金を払って旅行に行くんですから、駐車場代だって払うでしょう。
そうやって、価格を調整することで資源を最適な状態に配分するのは市場の役割です。
そんな調整がなされるから、旅行代金が高い時期は家でじっとしていて、
安い時期に休みをとって旅行に行く個人が出てきて、繁忙がある程度均質化されるわけですよね。

なんてことを感じてしまった夏でした。



皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
夏休みも終盤です。リフレッシュできましたか?

今回は羽田空港駐車場の話です。夏の行楽シーズンに、空港に最も近い駐車場が最も安いという、
経済の原則とはずいぶん違う現象が起きているようで、とても不思議です。

夏は行楽シーズンには飛行機でどこかに出かける方も多いでしょう。
皆さんは空港までどうやっていきますか? 
うちは2人の小さい子を抱えている(その分の荷物もかなりの量になる)ので車で行きたいところです。
親子4人で電車などを使っていっても結構な値段になり、
羽田空港の駐車場の値段+空港までのガソリン代とそれほど変わらないくらいの金額になってしまうということもあり
、車で行きたくなってしまいます。特に実家への帰省の時には、
かなりの荷物(お土産含む)となってしまうので、車で行きたいなぁと思ってしまいます。

しかししかし! 数年前の駐車場代値下げ後、行楽シーズンには事前の予約を取ることがかなり難しくなり、
かつ、当日も満車の可能性がかなり高い状況となってしまいました。
予約開始時間にPCの前に座って操作しても、予約を入れる前に満車になってしまいます・・・(汗)。

また、当日、予約枠以外の駐車スペースを狙って行っても、ほぼ間違いなく満車です。
駐車場代が値下げされた直後、値下げされたことを知らずに行き、
駐車場待ちの列が全く進まなかったという苦い経験もあります。
そのときは近くのコインパーキングに止めて、35,000円くらい払った苦い記憶が・・・。

この夏の帰省時も予約枠はすでに満車・・・。仕方がないので周辺の駐車場を検索してみてもどこも満車・・・。
もうしょうがないのであきらめます。電車で行くことにしましょう。
ただ、通勤時間帯にそれなりの荷物を抱えて、制御がかなり難しい男児2人をつれて電車に乗るなんて、考えただけでも地獄!

予約が取れない私が悪いし、多くの方が飛行機を利用している=レジャーが盛ん
ということは経済全体にとっていいということはよく分かります。
ただ、1つだけ解せないことがあります。それは料金です。

なぜ、一番近い便利な駐車場が一番安いのでしょう? 
それって経済の原則に反していませんかね?



17

2016/08

デシリットルと鯉のエサ

7:32:30 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
お盆休みでやる気を継続させることが難しいかもしれませんが、
今日もがんばっていきましょう!

最近、ちょっと分からないことが2つ出てきました。
どうでもいいことなのですが・・・。

1つは「dl」を小学校で教え続けるのはなぜか?
息子の小学校の宿題を見ていると、普段は全くといっていいほど使わないデシリットルの問題が出ています。
1リットルの1/10のということは覚えていますが、普段の生活や仕事の中で使うことはほぼありません。
なぜ、こんなことを教え続けているのかなぁと思いつつも、宿題を進めました。

すると、数日後に職場に到着した健康診断の結果表の中で「dl」の文字が! 
おぉ~! こんなところで使うのか! いろいろと調べてみると、化学や医学の分野ではかなり使うのだということが分かり、
ただ私の仕事の分野では使わないだけということが分かりました。視野の狭さを実感させられ、反省です。

もう1つの疑問は「なぜ、鯉はエサを識別できるのだろう?」ということです。
旅行先で鯉にエサをあげることがありました。息子達は面白そうにエサをあげていますが、私はそれどころではありません。
だって、見た目がまるでエサと同じになるように草を丸めて(色もほとんど同じ)投げてみても、
彼ら(鯉)は全く見向きもせず、息子達が投げる本物のエサだけに群がるのです。

私が立てた仮説は2つ。1つはにおいに反応しているのではないかということ。
もう1つは私が嫌われているのではないかということ(笑)。
いろいろ調べてみましたが、なかなか納得できる答えを探し出すことができません。
もしかしたら、私は鯉に嫌われているのかも?と思いつつ、悩んでいます。どうすれば好かれるでしょう? 
いつの間にか疑問が変わってしまいました。
 
旧疑問:鯉はなぜエサを識別できるのか?
新疑問:私はなぜ鯉に嫌われているのか?

どうでもいい話ですみません。暑くなるとどうも思考回路が壊れてしまうようで・・・。



10

2016/08

よくあるご質問

7:30:02 | 未分類 |

皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
いやぁ、毎日暑いですね! バテないように体調管理にはご注意を!

今月は退職給付会計に関するご質問を取り上げます。
ご質問の内容は1級に関するものですが、理解を含めるために取り上げたいと思います。

ご質問)
(1)退職給付引当金が給料の後払いと考えて見積もり計上するということは
理解できました。企業は、新しく社員を雇う度に退職給付引当金を計上している
という理解で良いでしょうか? 
(例えば今年度50人の新入社員を雇ったとしたらその社員分の
退職給付引当金を今年度から毎年毎年、退職するまで計上していくということですか?)

(2)もし退職金として支払うお金が不足する事態が生じたとすれば、
それは退職給付引当金の計上を少なく見積もっていたか、
または計上していなかった部分があったからということになるのでしょうか?

回答)
(1)年度末に、社員が当期に働いた結果支払うことになるであろう
退職金(退職年金)部分についてテキストにある仕訳を行います。

(2)これには2つの解答があります。
1つはご指摘のとおりです。あくまでも従業員に支払うであろう退職金(退職年金)を
見積もり計上するので、その見積もりがずれるということはあり得るでしょう。
毎年年度末に見積もりを行うわけですから、ずれが生じた部分については、
見積もりのずれがわかった時点でそれぞれ修正します。

もう1つの解答は従業員の退職時に、退職金として支払うお金(現金など)が
企業内にあるかどうかです。退職給付引当金の仕訳では

(借)退職給付費用 ××  (貸)退職給付引当金 ××

という仕訳をするだけです。当期の給料に該当する費用が発生したことを、
未払給料に該当する負債があるということを示すだけですね。
その未払給料(退職給付引当金)を支払うための何らかの資産を
積み立てる仕訳をしているわけではありません。
よって、上記の仕訳を続けたからといって、
従業員の退職時にそれ相当の現金等が積み立てられるわけではありません。
そこで、外部の金融機関で退職給付引当金に相当する積立を行うこともあります
(この取引・処理は1級の範囲なので2級では出てきません)。
その積立を行っていれば、従業員の退職時に、退職金・退職年金を支払うためのお金を確保できます。



26

2016/07

プールの監視員の話

16:33:55 | 未分類 |

皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
気持ちがもう休みモードに入ってらっしゃる方! まだ休みじゃありませんよ。
もう少しがんばりましょう!
 
このブログでは何度も取り上げた「生産性を上げなきゃ!」という話ですが、
「これじゃ、生産性も上がらんわ」と思う出来事がありましたので紹介したいと思います。

それは学校のプールの授業での監視のお役目です。
この話を聞いたとき「なんだそれ? 夏休み中のプールの監督か?」と思いました。

私が小学生の時、小学校のプールは開放されていて、居住地区ごとに時間が割り当てられ、自由に使うことが出来ました。
生徒の居住地区が8つくらいに分けられて、朝9時から居住地区ごとに2時間ずつくらい使えました。
だから2日に1回は学校のプールで遊べたんです。
そのときは、父兄が監視員として入っていました。だから、てっきりそのことかと思ったんです。

でも違いました。プールの授業の時間に父兄が監視員としてお手伝いするというのです。
「??? 何だそれ?」という感じです。

今は、小学校のプールの時間は、担任の先生だけではなく、1~2人の先生がプールサイドで補助役として入ります。
加えて、保護者が持ち回りで監視員の仕事をします。
都合、生徒27名のクラスのプールの授業で、担任の先生を含めて5名くらいの大人が指導にあたっているということです。

あり得ない・・・。

妻曰く、「最近は、なんかあったらとてもうるさいから何でもやり過ぎくらいにやるんだよ。」
ただでさえ教育現場は疲弊しているというのにさらに疲弊させるような出来事にびっくりしてしまいました。

また、補助監督に入っている先生は、その時間拘束されてしまい、他にやるべきもっと大切な仕事が出来なくなってしまいます。
父兄も、仕事をしている父兄の場合、その時間どうするのでしょうか? 
みんなでよってたかって、先生や仕事をしている父兄の生産性をわざわざ低くしているようなものです。

そうやって職場でいじめられると、お客の立場になったときには、サービス提供側に無理難題を言って、・・・、
それが繰り返されて、結局、自分が言った無理難題が自分に戻ってきて、職場はブラックと化していく・・・。

これからは出来る限り注文は出さないことにしようと心に誓った出来事でした。



皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
いやぁ、毎日暑いですね!
バテないように体調管理にはご注意を!

1ヶ月ほど前になりますが、試験範囲変更後、初めての検定試験が実施されました。
試験範囲が変更されてもしばらくは新しい内容は出題されないというのが、
過去の傾向だったのですが、今回は変更内容が多いだけにとても気になるところです。
 
結局、2級の第2問の一部でソフトウェアの処理をさせる問題が、
第3問の貸倒引当金の対象としてクレジット売掛金が含められる問題が出題されました。
今回の2級の試験範囲変更は多岐にわたっていましたから、
さすがに新しい部分から出題されましたが、内容も簡単なもので、かつ、量も少なくて安心しました。

出題されたことについては少し驚きもしたのですが、数も少なく合否に大きな影響を与えるほどではないと思います。
このような形で少しずつ出題実績を積み重ねていくのでしょう。

出題形式は、過去の試験を踏襲したものでしたね。
3級については、第3問の試算表の出題形式がちょっと見慣れないものだったかもしれませんが、
よく見てみると、試算表集計前の勘定が一部作成してある問題であり、
これまでの取引文がずらっと並んだ問題よりも、むしろ解きやすかったのではないかと思います。
その他の問題はこれまでの出題形式と全く同じでしたね。

2級については、ここ数年、第2問の出題形式のバリエーションが豊かになっていますが、今回もそうでした。

ただ、弊社がウェブ上で公表している【補足資料】の中で、
「固定資産・有価証券に関する一連の処理が有力な出題候補になる」ということで、
該当する過去問題を指摘させていただいたいましたから、
比較的対応しやすかった方、実際に対応できた方も多かったのではないかと思います。

今回の試験で、今後もそれほど突飛な問題が出題されることはなく、
形式もこれまでのものを踏襲したものになるであろう(変化があったとしても少しずつ)ということがわかりました。
その点は大きな安心材料です。

今後も特に勉強方法を変化させることなく、今までどおりの勉強を続けて下さい。



12

2016/07

アカウンタビリティの話

16:31:10 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。
簿記講座担当の小野です。
暑さも本番になってきました。
いろんなことがあって大変だと思いますが、今日もがんばっていきましょう!

舛添さんが叩かれまくった結果、辞職に追い込まれました。
何が悪かったのでしょう?
ご本人がおっしゃる通り、法的には問題ないことばかりだったはずです。
法治国家である日本で法律を犯していないのに、なぜ辞職に追い込まれなければならなかったのでしょう?
もちろん、「対応が悪かった」というのはありますが、「対応が悪かった」くらいでやめなければならないなら、
クレーマーに目をつけられた企業の社員はみんな辞職させられることになってしまいます。
少し深く考えて、その理由を知っておくべきかもしれません。
 
いろいろな見方があるかと思いますが、今回の辞職に対して、会計が明快な回答を出してくれます。
会計は英語でaccountingといい、accountabilityからきています。accountabilityは説明責任のことです。
そもそも会計は企業に資金を出している人々に対して、企業の状況を教えるために行われます。

例えば、株主は企業にお金を出資していますが、出資したお金がどうなったのか、その結果儲かったのか、
どのくらい配当できるのかについて、企業が株主に教えるために行われるのが会計です。

ですから会計はルールがなくてもきちんと行われるはずです。
出資したお金について説明しない企業があったとすれば、そんな企業に出資する株主はいませんから。
出資してもらえなければ企業はそもそも成り立ちませんので、
出資を集めるために企業は自らの活動について自発的に説明するはずなんです
(ただ、複数の企業を比較するときに同じような計算結果を比べるほうが比べやすいので、計算方法のルールなどがあるにすぎないのです)。

ここでのポイントは、他人のお金で事業を行っている主体は、
そのお金の使い方について出資者に説明しなければならないということです。

では、政治家はどうでしょう? 政治家は税金という国民が出資したお金で公共サービスの提供という事業を行っています。
しかも、憲法で納税の義務を課せられている国民は、出資先が信用できないからお金を出さない(税金を払わない)という選択肢はとりえません。

企業が信用できないならば出資なければいいだけの話ですが、
政治家が信用できないからといって納税からは逃れられないのです。
ですから、税金を使って事業を行う主体は、企業以上に出資者に対する説明すべきなのです。
税金というお金の出資者である国民はこの点に怒ったわけです。

まさに法律以前の話で、お金の受け手が必ず負うべき説明責任が果たされていなかったということなんですね。



皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
暑いだけで疲れてしまいますが、いろいろな解消策で吹き飛ばしてしまいましょう!

今月ご紹介したいご質問は返品調整引当金に関するご質問です。
とても的を射たご質問なので、そのまま記載させていただきたいと思います。

(ご質問)
「前期に掛売りした商品に対して、今期返品があった場合、貸方が売掛金となるのはなぜですか? 
借方が、返品調整引当金と仕入となるのは、わかります。でも、売掛金は、前期で締めきられているのに、
どうして売掛金でいいのでしょうか? 
今期掛売りした商品が、今期返品された場合と同じように、貸方が売掛金となるのはなぜでしょうか?」

(回答)
「売掛金」勘定は前期で一度締め切られて「次期繰越」とされ、
当期の初めに「前期繰越」ということで繰り越されてきます。
ですから、前期発生の「売掛金」が当期に回収できなくなった場合、「売掛金」を減少させます。

一方、「売上」は前期末に「損益」勘定にてその他の費用と差し引き計算され、
その差額(利益)が「繰越利益剰余金」勘定に集計されています。
ですから、前期の「売上」だけを当期に減少させることはできません。

このように、資産・負債は決済されるまで
あるいは資産・負債の実態がなくなるまで、繰り越します。
建物や備品も減価償却が終わるまであるいは売却されるまでずっと繰り越されます。

一方、収益・費用は年度末に利益計算に含められてしまい、
翌期に繰り越されることはありません。
「損益」勘定で他の収益・費用とごちゃ混ぜにされてしまい、
結果だけが「利益」あるいは「損失」として「繰越利益剰余金」勘定に就役されますね。
翌期になると当期の収益あるいは費用だけを抜き出すことすらできなくなってしまいます。

したがって、返品調整引当金が設定されている返品がなされた場合には、
負債である「返品調整引当金」が取り崩されると同時に、資産である「売掛金」がなくなります。



皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
たまには運の悪い日、うまくいかない日が続き、
気が滅入ってしまうこともありますが、人間ですからそんなものさ、と開き直りましょう!

最近はビッグデータの時代で、
様々な社会的な出来事・問題をデータから説明しよう
という試みが増えてきました。

ある本を読んでいたら、「知能(学力)は遺伝する」という話が出ていました。
この手の話はもうずいぶんメジャーになってきて、
例えば「東大生の親も高学歴」といった話はもう語り尽くされていますよね。

それを聞くと「おいおい、それじゃ、もう私には希望がないじゃない! 
私の子どもも夢を見れないじゃない!」と突っ込みたくなります。
知能(学力)が遺伝で決まってしまうと、普通(できれば低いとは思いたくない。
でも現実は低いのかも知れない・・・。)の知能(学力)しかない私と
私の家庭には夢も希望もないことになってしまいます。

でも、次のような考え方を取ると、ちょっとだけ希望がわいてきました。

その本では「知能(学力)は遺伝する。知能(学力)が高い人の子孫は知能(学力)が高くなり、
低い人との差は一定あるいは拡大する。」といっています。
でも、考えてみると、そもそもなぜ高い人と低い人がいるのでしょう? 

人は進化してここまで発達した(神様が作ったのではない)とすると、
最初の生物は海の中にいた単細胞生物であり、
それらの生物に知能の差があるとは考えにくいので、
進化の過程のどこかで知能を伸ばした個体と伸ばさなかった個体がいるはずです。

その知能が猿、人と進化する過程で遺伝子の中に蓄積されたというのは納得できますが、
そもそも最初の段階では知能の差なんてなかったのではないかと思うのです。

そうであれば、単細胞生物あるいはもう少し後の多細胞生物のうちのある個体が、
何らかの行動で知能を伸ばした可能性があるのであり、
私たち個体も何らかの行動で知能を伸ばせるかもしれないということです。

もちろん遺伝もあるかも知れませんが、遺伝以外にも知能を伸ばせる可能性が残されているのです。
あぁ、よかった。
こう信じて、息子達に「大丈夫。がんばれば報われる。ミジンコXも知能を伸ばしたんだから!」
と言えそうです。



22

2016/06

消費増税中止!

11:01:26 | 未分類 |

皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
毎日いろんなことがあって大変だと思いますが、
今日もがんばっていきましょう!

いやいや、消費税の増税が中止されました。
現在の教材は8%の税率を前提にしていますので、
10%にアップしたら教材を一部修正しなければなりません。
しかし、教材の修正も2年ほど延期してよいということになり、
あぁ、これで少し仕事が減った! 

なんてことを言ってる場合ではありません! 
我々現役世代は、先送りによって、より大きなダメージを受けるだけだからです。

政府は、増税すれば消費が減るといいます。
それによって、景気が悪くなり、若年世代は給料を下げられたり、職場がなくなったり
、就職活動が厳しくなったりと、すぐに悪い影響に直面するといいます。
だから、しばらく増税を延期して、経済がよくなるのを待ちましょうと。

でも、その分だけ財政再建が遅れます。ということは、
危機が来る可能性が高まります。

今は日銀が国債を買いまくっていますから、
日本国政府は利率をあまり高くしなくても国債発行(借金)が可能ですが、
日銀には購入限度があり、それを超えてしまうとどうなるでしょう? 
国が倒産して別の国に乗っ取られるなんてことはないにしても、
相当な混乱が生じること必至だと思います。
消費税がアップすることで生じる悪影響(景気が悪くなる)とは
比べものにならない混乱が生じるでしょう。

平成27年3月31日現在、日本国政府(独立行政法人等を含む連結)は439兆円の債務超過です。
1,3000兆円を超える借金がありますが、
900兆円くらいの資産がありますから、
現在は439兆円の債務超過となっています。

これをどうするんでしょうね? 
消費税が債務超過を解消するための取組(社会保障など)に投入されるはずだったのに、
それがなくなってしまいました。

市場金利の上昇などでこの債務超過部分が大きな悪影響
(この部分の利息を支払えなくなるなど)を及ぼし始めるのは5年後でしょうか、
10年後でしょうか。

結局、若い世代(あと30年以上、現役をしなければならない世代)にとってみれば、
今すぐ景気が後退するか、5年後か10年後に(あるいはもっと後?)
メチャメチャ混乱するかの選択です。もうどっちでもいいか!?



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。