簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

未分類

皆さん、こんにちは。

最近は、個人商店がめっきり少なくなってきました。
近所の小売店はほとんどコンビニかスーパーですし、
レストランもファミレスなどのチェーン店ですよね。

昔みたいに、肉屋さん、八百屋さん、魚屋さん、駄菓子屋さんなど、
商品ごとに異なるお店に行くこともめっきりなくなってしまいました。
 
そんな中、うちの近所に、「なぜ生き残れているの?」と
おもわず思ってしまう謎の洋品屋さんがあるんです。

お店の広さはおそらくワンルームのアパートくらいでしょう。
店頭には年配の婦人向け衣料がディスプレイしてあります。

私が住んでいるのは昭和50年代に開発された住宅地で、
周りのほとんどの住民は60~70歳台です
(その当時、住宅購入層である30~40歳だった方々でしょう)。

彼らを相手に細々とやっているんだろうなとも思いますが、
彼ら住民もその店でだけ衣料品を買うわけではないでしょうから、
ほんとに「どうやって経営しているのか?」って謎でした
(以前もやたらと安い近所のお肉屋さんの話をしましたが、結構、謎の多い住宅地です)。 

でも、先日、長男が小学校に入学するにあたり、
その洋品店が存在し続けている謎が解けました!

その洋品店は小学校の指定店だったんです! 
体操服、上履き、小学校指定の文具などを扱っていて、
生徒はそこで売っているものを買わなければならないというわけです。

昔はこのパターンがとても多かったように思います。
私も体操服、上履き、指定の文具などを学校の近くにある
個人商店で買った記憶があります。

そのお店でしか買えないものが多くありましたよね。
未だにこのシステムがあるとはちょっと意外でした。
いろいろと大人の事情があるのでしょうが、
学校の先生を含む公務員の方々は利益誘導的なことを一切避けるご時世ですから。

一昔前ならば、このパターンの場合、
品質は悪く値段は高いというのが当然でしたが、
今回はそれほどぼられている感がありません
(普通の靴屋で売っている上履きより若干高いくらいかなという程度)。

だから、特に文句をいう人もいないのかな? 
いろんなところに生きる道があるんですね。



皆さん、こんにちは。

よくあるご質問の中で、「貸倒引当金」や「減価償却累計額」は、
仕訳では負債と考えて処理する(貸方に記入する)のに、
貸借対照表では資産の下(借方に)記入するのがよく分からない、
というものがあります。

そもそも「貸倒引当金」は「売掛金」「受取手形」のうち、
回収不能と予想される金額です。

たとえば、「売掛金」1,300、「貸倒引当金」100の場合、
もらえるはずの商品代金(売掛金)1,300のうち、
100が回収できなさそう(貸倒引当金)と予想されているわけです。

したがって、実質的もらえる金額である「売掛金」は差額の1,200となります。

要するに、「一応1,300の「売掛金」があるんだけれども、
そのうち100が回収不能と予想されるので
実質的な「売掛金」は1,200と考えるわけですね。

ただし、実際に相手が倒産したわけではないので、
「「売掛金」は1,300のままにしておいて、
回収不能と予想される分を「貸倒引当金」として
別個に記載しておきますよ」ということです。

ですから、「貸倒引当金」を「売掛金」から差し引く形で記載します。
そのため、「売掛金」という資産の下に「貸倒引当金」を並べて、
引き算をする形で表示するんですね。

「減価償却累計額」も同様です。「減価償却累計額」は、
備品などの固定資産のうち、すでに使った金額を表します。

たとえば、「備品」900、「減価償却累計額」400の場合、
900で購入した「備品」のうち400が使用済みということです。
つまり、「900で購入した「備品」のうち400が使用済みなので、
実質的に残っている「備品」は500分です。」ということですね。

ですから、「減価償却累計額」を「備品」から控除する形で記載します。

このように、会計では“総額法”によって記録することを原則としています。
このような表示を行う理由の一つは企業の規模を明らかにするためです。

「400億円の備品」と表示された場合と、
「900億円で購入した備品のうち500億円分使用済み」と表示されるのでは、
受ける印象が全く異なります。

企業規模が大きくなるほど必要とされる備品も多くなるでしょうから、
企業規模を表すためには後者の表し方が親切な表し方なんですね。



10

2015/04

久しぶりのスキー!

0:00:15 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。

3月の末に15年ぶりくらいにスキーに行ってきました。
いやぁ、おじさんになって体も動かなくなっているにもかかわらず、
15年ぶりにスキーなんかに行って大丈夫かなと思いつつ、
子どもにせがまれてしょうがないので、
奥さん抜きで、私と子どもだけで行ってみました。

行ってみると、いやぁ、これまた楽しくて仕方ありませんでした。
6才の子どもと一緒に滑るので、初級コースの中でも一番緩やかなコースを滑るだけです。

15年ぶりとはいえ、何とか体が滑り方を覚えてくれていたようで、
初級コースならなんなく滑ることができました
(中級・上級コースは子連れではいけないので、
今回は挑戦できませんでした。子どもたちが滑れるようになってきたら、
チャレンジしたいと思います)。

ただし、体力がもったのは夕方まで。
17時のスキー場クローズギリギリまで滑り、
ゲレンデ併設のホテルに戻るともうヘトヘトです。

ホテルからスキー場まで遠い(バスなどで移動する)のはキツいなと思い、
ゲレンデ併設のホテルにしたのですが、
子どもがいなくてもスキー場からホテルまでの移動は
たぶんキツかったでしょう。

疲れてくると、スキーブーツを履いたまま
足を動かすのが苦痛・・・というか、動かせない・・・。
併設のホテルにして大正解でした。

学生の頃はとにかく安いの優先でしたから、
宿とスキー場が多少離れていても安い方を選びましたが、
今回は多少高くつきましたけれども(といっても2,000円くらいの差ですが・・・)、
宿とスキー場が併設していて助かりました。

部屋に戻ったらすぐに風呂に入りにいき、レストランで食事をとると、
もう眠くて仕方ありません。

子どもと一緒に20:00には就寝という体たらくです。
学生の頃は、1日滑ったあと遅くまで飲んでいましたけど、
今回は夕食時のビール1本でノックアウトでした。

そんな情けない感じでしたが、なんだか久々に楽しく遊ぶことができ、
ストレスも発散されました。

また、夏休みの旅行を楽しみに
(というかそれだけを糧にして)、
仕事をがんばります!



皆さん、こんにちは。

4月1日に日本商工会議所より、
簿記検定試験出題区分表の改訂が公表されました。

簿記2級・3級について、平成27年度中の変更はありません。
その一方、「検定試験がより実際の企業活動や
会計実務に即した実践的なものとなるよう」、
平成28年度からは簿記2級・1級の内容が
大きく変更されることとなりました(3級の変更はほとんどないようです)。

新たな区分表では、簿記1級と簿記2級の間で
出題内容が交換されるような形になっています。

たとえば、現在は、1級のみで出題されている連結会計ですが、
今後は、連結会計の基本的な内容について
簿記2級でも出題されるとのことです。

現代では、グループ経営が当たり前の時代になっています。
中小企業でも、機能(製造・販売など)ごとに子会社を作って
グループ経営を行うことも多くなっています。

そのときに、株式会社会計を試験範囲としている2級で
連結について全く触れていないのは、
現実を無視していると判断されてのでしょうか。

多くの企業で行われている会計処理を
比較的低い級で扱うというのは、
「検定試験がより実際の企業活動や会計実務に即した
実践的なものとなるよう」という目的に沿ったものであると思われます。

他にも、1級から2級へ変更となった項目として、
資本提携や子会社支配のために使われている
有価証券、リース会計、外貨建て会計、税効果会計など、
現実的には中小企業を含む多くの企業でも
多用されている取引の処理が挙げられます。

一方、2級から1級へ変更された項目として、
特殊仕訳帳、特殊商品売買、社債、繰延資産など、
現実的には使われていない項目あるいは
大企業に限られるような項目が挙げられます。

ただし、これらの変更は
平成28年から平成30年までにかけて段階的になされます。

毎年、試験範囲の5%くらいが変更されるイメージでしょうか。
しかも、変更された年に変更された項目が出題されたという
実績はあまりありませんので、実質的には、
平成29年~平成31年にかけて徐々に出題傾向が変わってくるということになるのでしょう。

全ての変更点を見ると「結構変わるな」というイメージですが、
よくよく見てみると、変更スケジュールなど
受験者にかなり配慮された“優しい”変更であることが分かります。

あまり心配せずに勉強を続けてよさそうです。



27

2015/03

景気が良さそうな話

11:35:58 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。

ニュース・新聞の報道によると、
大企業は多くが過去最高益を記録しているそうです。
景気がよいらしいですね。

外国人観光客が増えているというのもありますが、
有名どころの観光地は多くの人で賑わっていますし、
高速道路もかなり込んでいるような気がしますしね。
もしかしたら、本当に景気がよくなり始めているのかもしれませんね。
 
それをもっと確かなものにするため、
従業員の給料をあげる企業が増えているそうです。

例年行う定期昇給だけでなく、
ベースアップも過去最高水準で実施するそうです。
多くの企業は1990年代前半からベアをやめています。

バブル崩壊後、従業員の所得水準はかなり下がってきました。
様々な要因がありますが、2000年頃560万円ほどだった平均年収は、
2013年頃には500万円くらいになっています。

ベースアップどころか、ベースダウンだったわけですね。
給料ダウン→デフレだったのか、
デフレ→給料ダウンだったのかは不明ですが、
いずれにしても、この15~20年ほどはベースアップどころか、
ベースダウンの時代で、多くの人々は消費に消極的になってしまったわけです。
 
2005年頃も一時期景気がよい時代があったそうですが、
企業の利益が増えただけで、従業員の給料アップまで回ってきませんでした。

それが今回は従業員の給料アップまできたのですね。
政府の後押しがあったのも事実ですが、いいことなんでしょう。

手取りが増えるとうれしくなって、思わず使ってしまいそうですしね。
お金を使えば、それが企業の売上になり、
またまた企業のもうけが増えるという好循環になればいいなぁと思います。

ただ、1つだけ心配があります。
それは団塊ジュニア以下の世代は、給料が増えるという経験がないので、
ベースアップされた分を消費に回すまで結構な時間がかかるのではないということです。

団塊ジュニア以下の世代はバブル崩壊後に働き出していて、
給料は上がらないという世界を当然のように受け入れてきました。

お金を使わずに幸せになる方法を一生懸命探してきたわけですね。
お金の使うことにためらいを感じるレベルまでいっているかもしれません。
その人たちの給料が増えたときに、増えた分だけ消費に回してもらえるかどうかが、
給料アップ→景気回復をより確かにするために必要なことでしょう。

皆さん、お金を使いましょう!



皆さん、こんにちは。

皆さんからいただくご質問で多いもののうち、
毎年取引している場合の見越・繰延の仕訳があります。

例えば、「毎年3月1日に向こう1年分の保険料を支払っている。
当期の保険料勘定の残高は21,000円であり、当社の決算日は12月31日である。」
というような問題です。

したがって、決算日には2ヵ月分が前払状態となっています。
昨年(平成26年)から「保険料」を支払い始めたと考え、
その処理の流れを考えてみましょう。
なお、1ヵ月分が不明なので月数を使って仕訳をしてみます。

H26.3/1 (借)保険料 12ヵ月分 (貸)現金 12ヵ月分
H26.12/31 (借)前払保険料 2ヵ月分 (貸)保険料 2ヵ月分

このような処理を行うことで平成26年の「保険料」は10ヵ月分となりましたし、
2ヵ月分が前払いであることも明らかにできました。

では、平成27年になったらどうでしょう? 
平成27年になると「前払保険料」ではなくなります。
そして、2ヵ月分は平成27年の費用です。よって、次のような再振替仕訳を行います。

H27.1/1  (借)保険料 2ヵ月分 (貸)前払保険料 2ヵ月分

厳密に言えば、「前払保険料」が1ヵ月分なくなるのは1/31、2/28です。
したがって、それぞれの日に1ヵ月分ずつ「前払保険料」を減少させ、
「保険料」という費用を増加させるという仕訳が必要ですが、
実務上はこのように2ヵ月分をまとめて年初に処理してしまします。

なお、昨年末に行った仕訳の逆仕訳になっていますね。
そのうえで、平成27年3月1日に12ヵ月分の保険料を支払うわけです。

H27.3/1 (借)保険料 12ヵ月分 (貸)現金 12ヵ月分

この段階で、平成27年の「保険料」が14ヵ月分となっていることがわかります。
その金額が、問題文に書かれているとおり21,000円であるということです。

もちろん、平成27年12/31の決算日においても2ヵ月分が前払状態
になっているのですから繰り延べなければなりません。

前払分=21,000×2ヵ月÷14ヵ月=3,000円

問題文に「毎年・・・」という言葉があるかどうかがポイントですね。



皆さん、こんにちは。

この時期の経理関係者の最大のイベントは確定申告です。
私も、確定申告を無事済ませてきました。

といっても、1年分の仕事で得た収入等をまとめ、
国税庁のサイトで確定申告書を作成して提出するだけなので、
とても簡単です。

そんな税金に関連する最大のイベントが行われている時期に、
例の献金問題が起こりました。

一部の政治家(政治団体)が、国からの補助金を受け取っている
企業(団体)から政治献金を受けていたという事件です。

国からの補助金を受け取っている企業(団体)は1年間、
政治献金をしてはならないという決まりがあるそうです。
にも関わらず、献金を受け取ってしまったのが問題だというわけです。

それに関連して与党と野党が議論をしていましたが、
これがまた、いつものパターンの流れになっていて、ちょっと残念です。

与党(首相)は
「その企業が補助金を受けているかどうか知らずに受け取ったのであり、
すでに返金しているから問題ない」といいます。

じゃ、脱税で捕まったとき、「いやぁ、税率を間違えて少し少なく払っていただけだよ。
払い直すから問題ないよといったら、許してもらえる
(加算税などのペナルティをなしにしてくれる)のでしょうか」
と突っ込みたくなります。

野党は「補助金を受け取っている企業から献金を受け取るなど、
倫理的に許される問題ではない」といいます。

権力を持てばお金が集まるし、人はお金に弱いのですから、
現在の政治・経済システムを採用する以上、
この類の問題は絶対になくならないでしょう。

我々庶民を含めて、完全に清廉潔白で居続けるのはとても難しいからです。

そうすると、ルールを破ったときの罰則がないのが問題なのであり、
「倫理的にやってはいけない問題」という視点で議論したって、
何も解決しない虚しい議論だなぁと思ってしまいます。

そうこうしているうちに野党議員も献金を受けていたとかいないとか。
要するに、与党も野党もこれを悪いことと思っているのではなく、
単なるアピールだけしていたということでしょうね。

税務署の職員の方は納税者とのいろんなやりとりがやりづらいでしょうね。
私の書類を受け取った職員の方も、心なしか申し訳なさそうな表情をされていたのが、
印象的でした。



01

2015/03

試験お疲れ様でした!

0:00:29 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。

さる2月22日(日)に第139回簿記検定試験が実施されました。
受験された皆様、大変お疲れ様でした。

3級の問題はとてもオーソドックスな試算表(第3問)と
精算表(第5問)が組み込まれた問題であり、
弊社問題集で同様の問題を何度も繰り返し学習された皆様にとってみれば、
比較的解きやすい問題だったのではないでしょうか。

第1問・第2問・第4問もかなりオーソドックス
(過去の出題実績がある形式での問題)でしたから、
問題をご覧になったとき、かなり安心されたのではないかと思います。

一方、2級の問題には少し傾向の変化が見てとれます。
第1問(仕訳の問題)の3.はこれまで出題実績のない形式の問題ですし、
2.も一般的な繰延と反対の処理させる問題でした。
ちょっと面食らってしまった方がいらっしゃったかもしれません。

第2問はここ数回帳簿組織が出題されておらず、
今回も出題されませんでした。

もしかすると、第2問については完全に傾向が変わってしまったのかもしれません。
とはいっても、今回出題された問題も弊社テキストではきちんと扱っている部分
ではありますので、落ち着いて問題を読めば、大丈夫だとは思うのですが。

でも、試験会場でこれまでにない傾向の問題をみると
ちょっと焦ってしまいますよね。

第3問(決算)は貸借対照表を作成させる問題で、
弊社問題集で十分な数の演習を行えている問題ですし、
第4問・第5問もかなりオーソドックスな問題で安心されたのではないかと思います。

何はともあれ、大変お疲れ様でした!



24

2015/02

人手不足と情報

0:00:17 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。

人口減少社会に入り、いろいろなところで
人手不足のニュースを聞くようになりました。

特にファーストフードやファミレスでは大変のようで、
すき家では24時間営業ができなくなる事態も生じました。
完全失業率(12月)は3.4%で、働きたいと思えば
96.6%の確率で仕事にありつけるということになります。

私はバブル崩壊後に大学に入学し、
山一証券が倒産した年に就職活動を行った世代であり、
就職活動中は「景気が悪い」「厳しい」といったネガティブな
言葉しか聞いた記憶がありません。

アルバイトの面接ですら、落とされる光景をよくみてきました。
そんな世代からすると、アルバイトが集まらないというのはもう驚愕の世界です。

ですから、そのようなニュースを聞いても
「ウソだろう? 一時的なことなんじゃないの?」という感じで、
あまり実感を持ってとらえることができませんでした。

しかし、現実を見てしまいました。
お正月休み中(1/4)の話ですが、
近所の大手牛丼チェーンのお店が昼間からお休みだったのです
(今は営業しています)。

どんな理由で休みだったのかは不明ですが、
私の見間違いだったのでしょうかね? 
あぁ、とうとう千葉でも人手不足発生かと思った次第でした。
 
ただ、人手不足が話題となる中で、正社員の就職については
あまり明るい話は聞きません。

例えば、新卒学生の就職率についても94.4%と推計・公表されていますが、
これは国立大学21校、公立大学3校、私立大学38校についてまとめたもので、
大学全体の1割くらいしか調査対象になっていません。

大学名は公表されておらず(有名大学に限定されているといわれています)、
日本全体の状況を表していないといわれています。

いったい何が本当の情報なのでしょうね。
どの情報をどのように使えば、現実を知ることができるのでしょうか。
不思議に思った話でした。



皆さん、こんにちは。

最近、資本主義ってすばらしいと感じる場面に二度遭遇しました。

1つは名前シールです。4月から上の子が小学校に入学するため、
持ち物すべてに名前を書かなければなりません。

最もやっかいなのが算数セットという教材です。
小学校の先生は、おはじきやら、さいころやら、
いろんな形の教材すべてに名前を書けというのです・・・。
あぁ、苦行・・・。

算数セットは無理としても、その他の教材は比較的広い
平面がありますので、PCでシールを作成して貼っちゃえばいいと思い、
ヨドバシカメラの名前シールコーナーにいきました。

するとどうでしょう! 算数セット用シールがあるではないですか! 
HISAGOという会社が算数セット用のシールを販売しているではないですか! 
おはじきの形をしたシールがちゃんと同封されているのです。

しかも、シールを編集するための専用ソフトはHISAGOの
HPから無料ダウンロードできるというサービスぶりです
(その後、自宅で検索してみると、いろんな会社から販売されていました)。

そう。無理難題は資本主義が解決してくれます。
需要があれば必ず供給があるのです。

もう1つはバーミヤンです。学生のころにいったバーミヤンは、
とにかく安かろうまずかろうの典型でした。

それ以来行ってなかったのです。
確かに破格の安さでした。
でも、おなかをふくらますだけの食事しかできない
という記憶がありました。
 
最近、頻繁にバーミヤンのチラシが入るので、
「ドリンクバーもあるし1回行ってみるか。子供が喜べばいいし。」
ということになりました。するとどうでしょう! 

とてもおいしいではないですか! 
私自身、ここ10年でたばこもやめたため、
いろんな食材の味がわかるようになってきています。

それでも「おいしい~~!」と感じました。
でも価格は昔のままです。家族4人で行き、
私はビールまで飲んで、3,500円くらいで
おなかいっぱいになってしまいます。

そう。資本主義は企業の競争を通じて
材・サービスのレベルをあげてくれるのです。

思い起こせば弊社の教材も、
15年前とは比べものにならないほどグレードアップしました
(手前味噌ですみません)。

15年前は教室講義を録画したDVD(編集なし)とワードで
編集した白黒印刷のテキストを教材として提供していました。

今や専属カメラマンと動画編集者がハイビジョンの動画を作成し、
専属デザイナーがフルカラーのテキストを作成して、
皆様に提供しています。

競争はきついけど、とても大事だなと感じたお話でした。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。