通関士スペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

日本を含む11カ国が参加する環太平洋連携協定(TPP)が12月30日発効しました。
この発効により、世界の国内総生産(GDP)の13%を占め、域内人口が
5億人を超える新たな経済圏が誕生しました。

米中がお互いの通商政策を批判して追加関税の応酬を繰り広げるなど
保護主義が拡大する中、対抗軸となる自由貿易圏を目指します。
将来的に域内の農産物や工業品の95%超の品目で関税が撤廃されます。
来年2月には欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)も発効し、
日本の通商戦略は新たな局面を迎えることとなります。

TPP発効は日本にとって工業品輸出に追い風となり、食品の値下がりも
期待できます。
一方で、安い農産物の流入は国内農業に試練となります。

新制度によるメリット・デメリットは、今後どのように推移するのか
目が離せませんね。



神田明

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。